connecting...
Google translation for articles :
7 NEMBER donated to you!!

わたしの色とあなたの色【サイエンス小話】

nem9.90xem (7) 285 9 1

前置き


前の記事で"ナノ"のお話を書かせていただいので、今度は"光は粒子か波か"をめぐる長い長い論争話を軽い感じに書こうかと思ってたのですが…

実はディープに書かれたものが既にあったんですね(こちらYUTO さんの記事です)

いやーお恥ずかしい。

自分このトピックに関してはこれ以上に語れることないです(笑)。

というわけで趣向を変えて光と色に関するのトピックを紹介させて頂きます。

 

そもそも"光"って?


そもそも私たちが見えている"光"とはなんなんでしょうか?

光とは電磁波という波(粒子としての性質もあるという話はこちら)の一種でしかありません。

この電磁波にはガンマ線やX線、マイクロ波や電波なんかも含まれています。

ですが、私たちはこういったものを"光"とは言いませんね?

私たちは見えている電磁波のこと"光"と呼んでいるのです。(場合によっては赤外線や紫外線も"光"ということもあります。)

ということは例えば宇宙人がいたとすれば、彼らにとっての"光"とは私たちの言っている"光"とは全く別物であるということになると思います。

 

私にとっての色とあなたにとっての色の話


さて、突然ですが、タイトルにある色は何種類の色が見えましたでしょうか?

恐らくほとんどの人は"5色"と答えるでしょう。

しかし、私の見ている"色"とあなたの見ている"色"ははたして同じものと言えるでしょうか?

"色"を物理的な数値で出力することは可能です。

しかし、その"色"をあなたがどう認識しているかというのは人によって大きくことなるのです。

さて、先ほど上では"ほとんどの人"と申しましたが、日本人男性の約5%の方には"5色"には見えていないと思います。

(これは血液型AB型の日本人男性と同じくらいの割合です。決して"少ない"とは言えませんね)

その5%の方には  この色と  この色は同じような系統色に見えていると思います。

人によってはこの色系統は見えなくないが他より感じにくいといったこともあるので、まさに人の見え方というのは千差万別なのです。

 

タイトルにあった画像も

或は

このように見えている方もいらっしゃると思います。

(その方にはタイトル画像との違いが分からないと思います。)

 

因みに割合としては極わずかですが、"色彩"という観念がなく、黒と白と灰色としか見えてない方もいらっしゃいます。

さて、色を認識しにくい人にも分かりやすくするためにどうするかというのは色彩検定UC級のHP(こちら)を見て頂ければと思います。

(私は検定の回し者ではございません笑。ただ私は検定を受けましたが、結構面白かったのは事実です。)

これを知ってから、外の標識やいろんなモノを見ると面白いかもしれません。

 

だれにでも起こる色の変化の話


さて、少しずつ話を科学方面にも戻していきます。(でないとネムログサイエンス詐欺になってしまう笑)

上の話を読んで自分には関係ないそう考えた方もいらっしゃるかと思います。

ですが、色認識の変化はほぼ100%人間にとって関係してくる話なのです。

【引用:wikipedia(水晶体)こちら

"光"は上の画像にある"角膜"から入ったのち、視神経で感知するようになっています。

しかしこの"角膜"は年齢によって誰でも黄変します

無色透明(可視光の透過率100%)のものが黄色くなるとどうなると思いますか?

黄色いフィルターを通すと分かりやすいですね。

黄色系の光青色系の光が視神経に届かなくなってしまいます。

 

最後に


ということで、色と光に関して書かせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

(アレ?サイエンスになってるかな笑)

では最後に

私の見えている色とあなたの見えている色は本当に同じ色なんでしょうか?

(YOTOさん勝手に記事のリンクを貼らせて頂きました申し訳ございません。)

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
CHARO
2019-01-19 09:49:53ID:27678

>>7zoesan::さん
仰るとおりだと思います。
観測しようがないですからね

7zoesan
2019-01-19 00:21:30ID:27454

色も匂いも実際は違うのかもしれませんね。
脳の感覚は結構アバウトにできています。

CHARO
2019-01-18 20:29:30ID:27185

>>えっさん&小梅ちゃん🐷自称nemlogコメンテーター::さん
自分の視力は両面とも0.1以外うぇ~い(´;ω;`)
眼鏡外すと何も見えないうぇ~い(´;ω;`)

CHARO
2019-01-18 20:19:34ID:27167

>>えっさん&小梅ちゃん🐷自称nemlogコメンテーター::さん
そういった方もいらっしゃるんですね!!
確かに、視力だって左右で違うんだからあり得ない話でもないですね

CHARO
2019-01-18 16:36:21ID:27024

>>YUTO::さん
ご指摘ありがとうございます。

色の見え方は千差万別なので、自分は見やすいからOKではなく、
こう見える人もいるということを念頭に色デザインを考えるべきという話なんですね。

デザイナーだけでなく、製品を開発する人にも知っておいてほしい分野ではあります。

YUTO
2019-01-18 16:13:48ID:27019

参考にしてくれてありがとう!!
人間に見える色ってみんな同じではなく、若干の違いもあるものなんですね!!
面白いです。
サイエンスかどうかを心配しているけど、サイエンスになっているかと思います。

この記事の掲載カテゴリーは科学ですが、ネムログサイエンス同好会の記事であることをわかりやすいようにするために、自分の記事の掲載カテゴリーは「ネムログサイエンス同好会」にしています。(かつ、検索もしやすくなる)
掲載カテゴリーは自由ですが、ぜひ参考にして欲しいと思います。

NEMber who posted this article

仮想通貨が普及した面白い未来を見たい
ネムログサイエンス同好会の会員
ネムログ写真部も兼部
11164
0