Wait a moment...

「Story Seller」の話

11557
7zoesan
nem13.65xem (5)
370
7
2019-01-21 20:58:12
「Story Seller」の話

本の街だよ、読書して!本日最終日!最後の投稿です。

 

最後は、私の今年の目標の一つである、

月に1冊は普段読まないジャンルの本を読むということで、

普段あまり読まないジャンル、小説を選びました。

 

小説で私が唯一の継続して読んでいる(いた)のは

ダン・ブラウンの「ラングドンシリーズ」、小学生の頃に読んでいた宗田 理の「僕らの〇〇」シリーズぐらいです。

 

小説に関しては自分の好みもよくわからないので、何を選ぼうかと思っていた矢先、

 

本企画の立案者、姉崎あきかさんのブログ(ノーリスク・ハイリターンの投資は読書)を読んでいて、

クリスマス時期にお勧めされていた、短編が載っているこちらの本が気になっていたのですが、

先日たまたま行った古本屋さんに陳列されていたのを見つけました。

 

本日紹介する「Story Seller」(新潮文庫)は伊坂幸太郎や有川 浩など人気作家さんの短編集を集めたオムニバス作品ですが、

色んな作家さんから自分好みの作家さんのを見つけられる目的と普段読まないジャンルを気軽に楽しむ目的に適っており、

こちらの本との、このタイミングでの出会いは必然のような気がして、迷うことなく手に入れました。

 

そして、本書を読み進めて行くうちに、気づいてしまいました。

なぜ私が普段の読書に文学作品を選ばないのかを。

 

まず、私は人の名前を覚えるのが苦手なようです。

そのため慣れるまでいちいち戻ったりと結構読むのに時間がかかりました。

 

そして、一度読み始めたら、途中で終われないということ。

これは漫画も同じですが、一気読み必至です。本当、短編で良かったです。

 

次に・・感情が激しく揺さぶられて、非常に疲れるということ。

読書がリフレッシュの一つになっている私にとっては小説は迂闊に手が出せないジャンルかもしれません。

 

しかしながら、選ばないからといって嫌いということではありません。

こちらに収録されているの7作品、そのどれものが短編の域を超えており、また、作者の個性が出ている作品となっています。

 

中でも私が最も激しく感情が揺さぶられたのは本書のタイトルにもなっている有川 浩さんの「ストーリー・セラー」でした。

こちらの作品、小説家である妻と夫の出会いから二人の最期までを描いた作品ですが、

頭の中(インサイド・ヘッド)の喜び、悲しみ、怒り、ビビリ、ムカムカがかき乱され、最高に疲れます(笑)

でも読後になぜかスッキリと感情が整理されています。これぞ小説の醍醐味なのか。

後は姉崎さんもおすすめしていた「光の箱」こちらも、心地よい伏線回収でほっこりと楽しめます。

 

今回のイベントも陰ながら皆さんの読んだ作品の記事を読ませていただいて、本当に人の数だけ本の読み方があるのだと思いました。

私の読書の方法でも少し触れましたが、意図的に外しを作ることって読書に限らず大切な視点だと思っています。

ですので、自分とは違う視点で紹介された本たちはとても気づきに満ちています。

今回のイベントで皆さんがご紹介した本の中でも要チェックリスト入の本もたくさんあります。

そして、今年中に有川 浩さんの図書館戦争シリーズにも手を出すと思います。

 

これから先、皆さんと繋がった素敵な読書体験が待っていると思うと今からワクワクしています。

 

今回のイベントでは年明けから6作品を読み、ご紹介させていただきました。

あらためて「本の街だよ、読書して!」のイベント開催ありがとうございました。

 

そして大盛況!!でのフィナーレ!!

姉崎あきかさんはじめ、参加された皆様、おつかれさまでした!!

 

紹介図書

「Story Seller」新潮社ストーリーセラー編集部編

 

Comment
姉崎あきか
姉崎あきか
2019-01-31 03:35:48ID:40172

7zoeさん~、コメントがかなり遅れてしまってすみませんでした;;
ラストのこの記事、すごく嬉しかったです(ノД`)

自分がオススメした本が他のひともに伝播していくのって、うれしいですよね。
そう思ってこのイベントでは”循環循環”言っていたのですが、最後にまさか私のオススメ本を7zoeさんが読んでくださっていたなんて!
なんかもう、言葉にならないです><(といいつつ長文を( *´艸`))
ほんとうにありがとうございました;;

そっか、人の名前に抵抗があってフィクションを敬遠しがちなんですね。感情を揺さぶられたくないっていうのも、わかる気がします。私も、小説を読めない気分のときもありますし。たしかに長編なんかは中断したくないから、手軽にひもとけとけない……。

ちょうど短編集をオススメできてよかったですv 「ストーリー・セラー」たしかに疲れるかも(笑)。「光の箱」はミステリ読みにとっては至福の読書タイムでしたv

私もイベントで登場した本をちょっとずつ消化中なうです♪ 本のチョイスも紹介の仕方も皆それぞれでめっちゃ楽しめました
7zoeさん、継続的なご参加、本当にありがとうございました。イベント終了後も読書記事、楽しみにしています。
長文すみませんでした><

7zoesan
7zoesan
2019-01-22 06:25:43ID:31018

>>えっさん&小梅ちゃん@自称nemlogコメンテーター::さん
毎日参加の強者もいますからね、全然ですね。
本日もお勤めご苦労様です。

7zoesan
7zoesan
2019-01-21 22:47:25ID:30667

>>matsuno::さん
いつかからかノンフィクションオンリーになってしまって、
でも小説も好きですよ!

matsuno
matsuno
2019-01-21 22:20:29ID:30619

何でも読むイメージがあったのですが。意外ですね。

7zoesan
7zoesan
2019-01-21 21:54:54ID:30559

ご訪問ありがとうございます!
とても長い道のり頑張ってください!
777のゴール記事狙ってます!

りほ@笑う門には福来る!
りほ@笑う門には福来る!
2019-01-21 21:26:12ID:30493

777ブログへ投げNEM祭り開催中!!(1日目)

記念すべき 5 人番目のブロガーさんおめでとう!!

これからもよろしくお願い致します♡♡

この記事を書いた人
北海道で理学療法士兼スポーツトレーナーとして活動しています。 これまでの臨床経験から得た気づきや学びに関すること、 日々の読書の備忘録など、徒然なるままに健康と幸福と自身の人生観についてアウトプットしていきたいと思います。 NEMはあまり関係ないことが多く、申し訳ありません!! ツイッターもはじめましたので、よかったらフォローお願いいたします。