Wait a moment...

天才トロピカルおしゃれおじさん細野晴臣を聴こう!【広げよう!音楽の輪!】

nem15.10xem (7)
1348
9
2019-02-02 12:52:37
天才トロピカルおしゃれおじさん細野晴臣を聴こう!【広げよう!音楽の輪!】

ある時ははっぴいえんど、ある時はYMO、ある時はトロピカル、最近はおしゃれおじさん。

YMOやはっぴいえんどは有名だけど、本当はソロを聴いてほしいんです。

 

いろんなところに顔を出してるけど、その才能の割には目立っていない天才音楽家、細野晴臣について紹介します。

 

はっぴいえんど

妙にユルい世界観が独特な、伝説のロックバンド・はっぴいえんどは1969年にデビューしました。

メンバーは細野晴臣、大滝詠一、松本隆、鈴木茂の4人。

細野氏が作曲の「風をあつめて」は永遠に色褪せない名曲ですね。

 

キャラメル・ママ

はっぴいえんど解散後は鈴木茂、林立夫、松任谷正隆とともにキャラメル・ママ(後にティン・パン・アレーと改称)を結成します。

バンドとしてのオリジナルアルバムも出しているのですが、プロデュースやバックバンドとしても実力を発揮したユニットでした。

 

特にユーミンのデビューアルバム「ひこうき雲」は名盤。 うしろで鳴ってる細野氏のベースにも注意して聴いてみてください。シビレます。

 

HOSONO HOUSE

メンバーの多忙によりキャラメル・ママが自然消滅後は、しばらくソロ活動をします。

1973年には埼玉県狭山市のアメリカ村にある自宅で録音したソロデビュー作「HOSONO HOUSE」を発表。 はっぴいえんど的な脱力感はそのままに、よりローカルで昭和な雰囲気が漂うアルバムです。

 

トロピカル三部作

次に「トロピカル三部作」と呼ばれる作品群をリリースします。

この記事でいちばん紹介したかったのはこの3枚です。

 

琉球に咲くハイビスカス、ネオン光る中華街に横浜の港、スマトラの虎、天竺の菩提樹、カリブの熱風。

訳のわからない熱帯の膨大なエネルギーを、実に日本的なポップセンスでまとめ上げた怪作群です。

 

他に似ている音楽というのが見当たりません。 度肝抜かれる驚きと感動があるので、ぜひとも聴いてみてください。

トロピカル・ダンディー

3部作の1枚目。

後の2枚と比較すると、まだ軸足が日本にあるような雰囲気の作品。 大陸風味と狭山のシティ感がいい具合にミックスしてます。

 

熱帯の嵐を静かに描いた「ハリケーン・ドロシー」、孫悟空の「絹街道」、狭山臭さの残る「三時の子守唄」など、聴きやすい佳曲も多数。

 

泰安洋行

次いで2枚目。

東アジアを離れて、遠くアメリカ大陸へ向けて太平洋を進むような、開放感と浮揚感に溢れた作品。 私は三部作のなかでいちばん好きです。

 

こちらは1曲1曲は個性がやや薄いですが、アルバム単位で世界観を楽しみたいタイプの作品ですね。

俺はチャウチャウドッグ 般若波羅蜜〜 となえ〜れば ニルヴァーナよ♪

という、妙に仏様との距離感が近いところもウケル。

はらいそ

そして3作目。 ついには現世を離れてシャンバラ・天竺・月・はらいそ といった異界へと旅立っていこうとしている作品。完全にイっちゃってます。

 

桟橋から あの異国の船に 飛び乗って アディオス farewell・・・

と言ってアルバムが終わるのかと思ったら、戻ってきて 「この次はモア・ベターよ!」というセリフが。

よく見るとこのアルバムの名義は細野晴臣&ザ・イエロー・マジック・バンドになってるし、この時点である程度次の構想があったみたいです。

 

Yellow Magic Orchestra

そして1978年、坂本龍一、高橋幸宏とともに、社会現象を巻き起こすテクノポップバンド、YMOを結成します。

このYMOで細野氏は「誰が演奏しても同じになる音楽を作ってみたい」「裏方に徹したい」という思いがあったようで、若干影は薄め。

YMOの代表曲である「ライディーン」は高橋氏、「東風」は坂本氏の曲です。

 

しかしトロピカル・ダンディーさを引き継いだ名カバー「ファイヤークラッカー」はYMOを語る上で外せない佳曲。

 

さらに中心がどこにあるのか分からない、どういう感情を歌っているのか分からない、どうにもとらえどころが無いながらもひたすら格好いい「マッド・ピエロ」は隠れた名曲です。

 

ソロ:アンビエント期

1983年のYMO散開後は、アンビエント音楽に傾倒していきます。(実はYMO中期ぐらいからその兆候はありました)

正直このへんの時期の作品はあんまり聴いていないんですが、89年の「omni Sight Seeing」なんかはけっこう好きです。

 

ソロ:おしゃれおじさん期

「おしゃれおじさん」っていうのは私が勝手に呼んでいるだけですが、2011年の「Hosonova」以降はふたたび普通の歌モノをやるようになります。

 

現在まで活動している往年のロックミュージシャンでも、実態は昔のファンに向けて歌っているだけだったりしますが、、、

しかし細野氏の現在のスタイルは、現代の基準で見て非常にオシャレ。

シンプルで薄味のゆったりとしたポップスで、小粋で小洒落ています。カフェのBGMとかでぜひとも流したい感じ。

 

 

おわりに

というワケで、私が大好きな細野晴臣さんのご紹介でした。 ぜひソロを聴いてみてください。

 

それでは、nemlogにピッタリなこの曲でお別れしましょう。

 

 

Comment
しーさん
しーさん
2019-08-10 21:19:11ID:138671

「福生ストラット(パートII)」ですねw

ねむりや
ねむりや
2019-08-10 20:06:20ID:138662

>>しーさん::さん
ジョンソンタウン行ったことありますw
あそこは新しいカフェとか雑貨屋もあってオシャレですよね。

福生にも一回行ってみたいんです。
福生行きの切符買って。

しーさん
しーさん
2019-08-10 19:43:08ID:138658

「細野晴臣」の住んでいた狭山市の「アメリカ村」はもう無くなってしまいましたが、同じ「ジョンソン基地」跡地で当時の雰囲気が味わえる入間市の「ジョンソンタウン」は今でも残っていますよね!

私も先日「ジョンソンタウン」に行って、当時の雰囲気を味わって来ました!

えっさん
えっさん
2019-02-02 16:38:48ID:42348

>>珈琲ねむりや::さん
宣伝\(//∇//)\www
ステキング\(//∇//)\www

ねむりや
ねむりや
2019-02-02 16:30:54ID:42337

>>りほ丸ちゃん::さん
体に良かろうが悪かろうが好きだから飲む派なので、実はあんまり詳しくないですw

>>えっさん&小梅ちゃん@自称nemlogコメンテーター::さん
コーヒー買うならここがオススメです!
https://store.nem.social/store/14

>>Radio NEMber::さん
マッドピエロはライブでもやらなかったし、ベスト盤にもあんまり入らないんですが、もっと知られるべき名曲だと思います!

>>奇妙 ネム太郎::さん
生で聴いたことあるのウラヤマシス!
現役でいてくれるうちに聴いとかなきゃなりませんね!

奇妙 ネム太郎
奇妙 ネム太郎
2019-02-02 14:45:55ID:42208

福岡のcircleというフェスに毎年細野さんがくるんですが、野外で聞く細野さんマジ最高です!!バンドメンバーも豪華😄

Radio
Radio
2019-02-02 13:37:57ID:42134

3部作、今日みたいな暖かく陽射しの良い昼間にぴったり。気持ちよく聴ける。でもマッドピエロがツボりました!

The house of blue lightsのPVがお茶目w

えっさん
えっさん
2019-02-02 12:57:02ID:42116

土曜の昼下がり(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)
nemlogみながら音楽聴く(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)
最高うぇ〜い(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

コーヒー飲みたい\(//∇//)\www

りほ@笑う門には福来る!
りほ@笑う門には福来る!
2019-02-02 12:55:34ID:42113

音楽っていいですよね!!

コーヒーって健康にいいんですよね??


現在 24時間投げNEMマラソン実施中です。
通算 15 人目のブロガーさん
これからもnemlogを盛り上げていきましょう。

この記事を書いた人
東京都北区王子でカフェやってます。