connecting...
Google translation for articles :
7 NEMBER donated to you!!

「稲盛和夫の哲学」の話と【NEM COLOR】

nem10.45xem (7) 81 12 0

「稲盛和夫」といえば現京セラの設立者でKDDIの最高顧問、日本航空の名誉顧問など錚々たる経歴を持っており、

現在は経営者育成にも尽力している、言わずとしれた現代の「経営の神様」です。

 

著書も多数出しており、「生き方」や「働き方」などの著書はベストセラーとなって現代でも読み継がれています。

本日ご紹介する「稲盛和夫の哲学 人は何のために生きるのか」は2001年に単行本が出ており、2003年に文庫版が出ました。

私が手にしているのは文庫版の再販で2018年秋に出たものです。

 

まずは冒頭「人は何のために生きるか」については、

宇宙における「エネルギー不変の法則」を持ち出し、

生物も無生物も宇宙に存在するものすべてが存在する必要があって存在している

だからこの世に不必要なものなどないし、すべての存在に意味があると説きます。

 

その中でも万物の霊長といわれる人間は「知恵」と「理性」と「心」を持っており、地球上の生物の中でもっとも進化したのだから、

たんに存在するということを超える大きな価値を内在しており、

それは人間は世のために人のために貢献することができるのではないかと記しています。

 

また、

「科学的に見れば、私はたまたま生を受けた偶然の産物かもしれないが、そこに必然性がなければ万物の霊長である人間の意味はなくなってしまうでしょう。たまたま生まれたということならば、生まれても生まれていなくてもいいということ、必然性をもって生まれた人間はもっと価値あるものと考えるべきなのです」と続きます。

 

ここまで読んだ時、エネルギー不変の法則の科学性を持ち出しておいて、一人の存在に対してはそこに在る必然性を説いて、人間の生物としての価値を高めようという論調に私は少し違和感を持ちました。

 

その後は、

 

人間はその力を使って世の中に貢献できる生物である

→しかし、その力を間違って使ってしまうと恐ろしいことが起こる(戦争、自然破壊)

→人間が人間として価値在る存在になるためには心、考え方、知恵、理性とった精神作用の質が大切

→具体的にどうするべきか

というロジックで話が進んでいきます。

 

結局の所、

例え人間にそれほど価値がないとしてもこうして「必然」としてここに存在しているのだと考えることで、

生きる意義・意欲・使命が出てくるため「考え方」として大切だということが言いたかったようです。

 

「人間に求められるものは、もっとも価値ある存在としての誇りとそれに伴う責任です、現実には人間はその責任を果たさず、他の存在を踏みにじっています。もっとも価値ある存在だということをもっと強調して、その責任に伴う責任を自覚するように、私たちは自分自身に対する見方を変えていかなければいけません。」

P102より引用

 

私自身はそもそも種の違う生物と価値を比べることができないと考えていますし、比べること自体に疑問がありますが、皆さんはいかがでしょうか?

 

それぞれ個々が生きる意味を考え、自分の使命を自覚することは大事ですし、それが生きる意義や意欲につながり「幸せと思える人生」を形作っていくことは理解できます。

最終的なゴールについては同じだと思いますが、その過程で人間がもっとも価値ある存在として自覚することが本当に必要かどうかについては疑問が残ります。

他の生物の進化の過程や生きるための工夫からもヒトは多くを学ぶことができますし、ヒトがここに辿り着くまでに様々な生物と共進化してきた歴史は疑いようのない事実ですので、逆に自然や他の生物に対してもう少し謙虚になることの方が大事なような気がします。

 

また、著者は仏門に入っていますので「心の鍛え方」には六波羅蜜の考え方が紹介されています。

六波羅蜜とは修行の方法ですが

 

1、布施:人に施しをすること、人に尽くすこと

2、持戒:「言行一致」、言っていることと、やっていることを一致させる、約束を守ること

3、忍辱(にんにく):この世の無常を受け入れ、どんな困難も耐え忍ぶこと(著者記載)

4、精進:他の生物同様に生きるために働き続けること、怠けないこと(著者記載)

5、禅定:座禅を組んで心を鎮めること

6、知恵:宇宙の真理に至る・悟りを開くこと

 

いかがでしょうか?

 

本書では特に3と4番が強調して紹介されていましたが、これが日本の経営倫理として多くの経営者や教育者に影響を与えており、

そして働く我々の心にも深く刻まれているのです。

日本におけるうつ病患者数はこの10年で18%も増加し、110万人が罹患しているとの統計データがあります。

こうした経営倫理がすでに現代にフィットしていないという事実から目を背けてはいけないと思います。

 

さらに、成功するためには苦労がつきものであるとの話では、明治維新から昭和初期に活躍した偉人達の若い時代の苦労話が紹介されていますが、

現代のようにある程度システムが出来上がった資本主義の枠組みの中では歯を食いしばって、苦労を重ねても底辺から成功することは難しいでしょう。

 

ちょっと批判的な本の紹介になってしまいましたが、

「競争も共生も、他者を認め、多様性を認めるという前提の上に成り立つものであり、また、共生と競争があって初めて、社会全体が繁栄する」

といった示唆的な文章も多くあります。

これは社会だけではなく、コミュニティや組織にも当てはまることだと思います。

 

本の面白さは読んだときや時期や時勢、その時の気持ちによって様々な解釈ができることです。

もし私がこの本をまた、5年後に読み直したときに、また違った感想になっているかもしれません。

 

本日の紹介図書

稲盛 和夫 著「稲盛和夫の哲学」

 

あれ・・・?

この色・・・

ゴソゴソ、川村元気の「億男」と合体させてみると・・・

 

 

NEM COLOR 

 

ナイスコラボレーション!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
7zoesan
2019-02-10 05:44:35ID:49795

>>サバトラ::さん
そうですね、自分一人で出来ることは少ないですから、助け合うこと、それは人同士でも他の生物とでもそれができたらいいですね!

サバトラ
2019-02-10 05:02:03ID:49788

互いに足らないところを補い合い
助け合い、向上し合えばと思いますが、
難しいですね。

ナイス!カラーo(^o^)o

7zoesan
2019-02-08 13:26:43ID:48259

>>やそ::さん
地道に探してますよ!

やそ
2019-02-08 13:25:32ID:48258

ネムカラーだ!!!

7zoesan
2019-02-08 12:53:22ID:48216

>>matsuno::さん
そのように思います。また経営者は正しい努力に導くことが大切なんだと思います。

>>ZEMZEM🐳nemlog基金理事長::さん
はんえぇーーい!!ねむろぐの繁栄、これは間違いない!

ZEMZEM🐳nemlog基金理事長
2019-02-08 01:27:55ID:48012

・w・おぉ!nemカラーの本!

他者を認め、多様性を認め競争と共生!
nemlog!
・w・はんえええええええええええええええい

matsuno
2019-02-08 01:14:01ID:47994

考えさせられますね。
正しい努力が行われているか、確認しながら進まないといけませんね。

7zoesan
2019-02-07 22:53:13ID:47801

>>えっさん&小梅ちゃん@nemlogコメンテーター::さん
途中退出されたらオチまでたどりつかないのでヒヤヒヤです笑

NEMber who posted this article

北海道で理学療法士兼スポーツトレーナーとして活動しています。
これまでの臨床経験から得た気づきや学びに関すること、
日々の読書の備忘録など、徒然なるままに健康と幸福と自身の人生観についてアウトプットしていきたいと思います。
NEMはあまり関係ないことが多く、申し訳ありません!!

ツイッターもはじめましたので、よかったらフォローお願いいたします。
13059
0