connecting...
Google translation for articles :
5 NEMBER donated to you!!

仮想通貨Liskについて

nem2.65xem (5) 370 17 3

レンジャー!

 

どうもりっすくレンジャーです😎

 

今日は仮想通貨のLiskの宣伝をさせていただきたいと思います笑

 

このブログを見れば初級リスカーくらいにはなれるくらいのことを書きたいと思います😁

 

その前に投資を行うならliskが目的としていることをまず知る必要がありますよね。

でないと投資なんてできないですもんね笑

 

liskが目指していることは以下になります。

 

誰でも簡単にブロックチェーンを使用したアプリ(dapps)を作れるようになること

 

これがliskが目指しているものになります。

 

これはSDK(ソフトウェア開発キットまたはサイドチェーン開発キットともいう)を開発者に配布することによって実現することができます。

 

SDKについては後程説明いたします。

 

 

・liskの特徴

 

①サイドチェーンを採用

サイドチェーンについてですが、これはメインチェーンとは別のサブのチェーンのことです。各アプリはこのサブチェーンを使用します。メインチェーンではなく、サブチェーンに処理を記述することにより処理速度が向上します。処理結果はメインチェーンに記述します。また、サブチェーンに何か問題があってもサブチェーンを切り離すことでメインチェーンには影響を与えません。

 

仮想通貨のスケーラビリティ問題も解決すると言われています。

 

サイドチェーンはすごい機能なのです✨ (ただ、まだ実装されておらず実装されるのに1年以上はかかると思います笑)

 

②javascriptで開発を行うことができる

SDKがリリースされればjavascriptでアプリの開発を行うことができます。イーサリアムだと独自の言語を使う必要があるのでハードルがあがりますがliskはjavascriptなのでjavascriptを知っていればすぐにでも開発を行うことができます。

 

これはデカイ😲

 

他にも色々特徴がありますが以上が特に突出した特徴ですね。

 

 

・liskを買うことによるメリット

 

定期的にliskを貰うことができる

 

まずこのことについてはliskの取引の承認方式について説明する必要がありますね。

 

ビットコインでは取引を承認する場合、POW(プルーフオブワークス)と呼ばれる方法で承認を行っています。

 

これは難しい問題を一番最初に解いた人が承認する方式です。

 

liskではPOWではなくDposと呼ばれる方式で承認を行っております。

 

どういう承認方式かというと、承認する人を投票(vote)により選び、投票獲得数の上位101人が承認を行うやり方です。

 

上位101人が承認を行い、報酬(lisk)を受けとるのですが、自分に投票してくれた方に報酬をお裾分けしてくれるのです。

 

これによりliskを増やすことができるというわけですね。

 

だいたい選ばれる101人は決まっているので一度投票してしまえばあとは放置でも勝手にliskが増えていきます。

時々見直す必要もありますが基本放置で問題ありません。

 

101人に投票するには4lisk必要なのですがすぐに元はとれます。(保有liskの量にもよりますが…)

 

lisk hubと呼ばれるウォレットでliskを管理し、投票(vote)もlisk hubから行います。

 

ウォレットの作り方、voteのやり方についての説明があるURLを最後に貼っておきます!

 

ちなみにliskウォレットは12個の単語(いわゆるパスフレーズ)により管理します。

 

liskはこのパスフレーズが全てです!

これさえあれば問題ありません。

逆にこれを紛失すれば終わりです笑

 

 

話を戻すとvoteによりliskを継続的に増やすことができるわけです。

 

NEMのハーベストのようなものですね。

 

ただし、liskのvote報酬は結構利率が良いのです。

 

1ヶ月でだいたい0.7%くらいだと思います。1年で約8%ですね。

驚異の年利です😲

NEMよりもだいぶ利率が良いのではないでしょうか。

 

価格が爆下がりしててもliskは継続的に増えていくので心に余裕ができるのです笑

 

以上がliskを買うことのメリットになります。

 

・SDKとは

 

SDKとはソフトウェア開発キットまたはサイドチェーン開発キットといい、ブロックチェーンを使用したアプリ、通称dappsを作成するためのツールになります。

 

SDKはソフトウェア開発キットと言われるだけあってアプリを開発するためのツールが盛り込まれています。

 

例えばブロックチェーンを使用したアプリを開発するにあたって、どのアプリでも必ず必要な処理(基盤系の処理)があります。本来ならその処理も自分で作らないといけないわけです。

 

ただSDKには必ず必要な処理がすでに用意されています。なので自分で作らずとも用意された処理を呼ぶだけでいいのです。

 

そのアプリ独自の処理だけを自分で作成すればいいんですね。

 

他にも便利な機能があると思うのですがこれはリリースされてからでないと分かりません。

 

このことから誰でも簡単にはdappsを作ることができると言われるわけです。

 

(誰でも簡単にとは言いますが勿論javascriptの知識があること前提ですよ)

 

SDKはα版→β版→RC版→正式版の順番でリリースされます。

 

まだα版すらリリースされていない状況です。

 

 

・liskの情報を取得するにあたって

 

これからliskを購入することを検討される方のためにliskの情報を取得できるサイト等を連携いたします。

 

・ウォレットの作り方及びvoteのやり方

 

http://www.stray-scrapbook.work/entry/2018/03/21/021159

 

 

・discord

 

https://discordapp.com/invite/jWruheS

discordさえやってれば何か疑問があってもリスカーさんが答えてくれるので問題ないです笑(←丸投げ)

 

 

・ロードマップの進捗確認について

 

以下から確認できます。

https://lisk.io/roadmap

α版やβ版をリリースするために必要な項目を確認できます。見てもらったら分かると思いますがα版をリリースするのに8つの項目が必要になります。

すべて終えれば晴れてα版のリリースです。この進捗から判断してだいたいα版のリリースは5月が6月くらいかなと予想できるわけです。α版でもリリースされればdappsの開発はできるため価格は高騰すると思われます。

 

各項目の詳しい進捗については以下から確認できます。

core
https://github.com/LiskHQ/lisk/milestones

 

commander

https://github.com/LiskHQ/lisk-commander/milestones

 

elements

https://github.com/LiskHQ/lisk-elements/milestones

 

SDKはcore,commander,elementsと呼ばれる3つの要素から構成されています。

 

また、現在のバージョン確認は以下でできます。

https://github.com/LiskHQ/lisk/projects

現在1.5.0ですが1.7.0まで完了すればSDK α版がリリースされるとのことです。

 

 

・フォローしておいた方がいい人

 

@LiskHQ   ←liskの公式アカウントです

@LISK_honyaku_jp ←@LiskHQが呟いたことを翻訳してくれるbotです。

 

以下のアカウントがliskに関する有益な情報・分かりやすい情報を流してくれる方々です。

@liskholder

@ebi555

@kplusq

以上の方を最低限フォローしていれば問題ないと思います。

 

・最後に

 

ここまでliskについて書かせていただきましたが、個人的にはSDKがリリースされて世の中にブロックチェーンが普及していくと考えております。

 

開発が遅いとの批判があるliskですが裏を返すと妥協せずに開発をしっかり行っている証拠です。

 

liskはSDKが全てですが、きっとSDKも素晴らしいものであると期待しております😎

 

この記事を見て、liskに興味を持っていただければ幸いです✨

 

追記 2/11

※101人に投票するのに5lisk必要と書きましたが4liskの誤りです

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlogの無料ユーザー登録はこちらから
Register
Comments from NEMber
りっすくレンジャー
2019-02-11 20:52:56ID:51502

>>えっさん&小梅ちゃん@nemlogコメンテーター::さん
私もNEM買いますので😎

りっすくレンジャー
2019-02-11 17:18:47ID:51279

>>えっさん&小梅ちゃん@nemlogコメンテーター::さん
よし、じゃあliskを買うんだ笑

りっすくレンジャー
2019-02-11 17:18:08ID:51276

>>案山子の優午::さん
コメントありがとうございます!
たしかvoteはもらった時点で納税が発生するんでしたっけ?

案山子の優午
2019-02-11 11:15:53ID:50918

VOTEって仕組みは面白いのですが、仮想通貨の価値が右肩下がりになりつづけると
現状の納税制度が非常に苦しくなるので、VOTEしてガチホは厳しい。
昨年年始に3000円のLSKでVOTEしていた人たちが、どれだけVOTE報酬ガチホしてやばかったか。。。
でもこれは、NEMのハーベストも同じことだから、税制が変わることを願うしかないですね。

LSKは、100円切ったら、万枚買いましたい。(願望)

りっすくレンジャー
2019-02-11 01:29:19ID:50725

>>えっさん&小梅ちゃん@nemlogコメンテーター::さん
簡単ですよ!
今気づきましたがvoteの仕方が載ってあるURLが見れないですね…
私だけですかね?

えっさん&小梅ちゃん@nemlogコメンテーター
2019-02-11 01:23:32ID:50716

>>りっすくレンジャー::さん
vote一時期良いなと思ったうぇ〜い(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
でも今はNEM1本\(//∇//)\www
ずっと変わってないけど\(//∇//)\www

voteシステム調べるうぇ〜い(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

りっすくレンジャー
2019-02-11 01:20:59ID:50714

>>りゅーげん::さん
ありがとうございます!
NEMと共に発展していけば嬉しいですね!

NEMber who posted this article

仮想通貨と野球が好きです。
最近あいのりにもハマってます。
また、現在androidアプリ開発の勉強もしています。
他にも色々興味を持ちたいので様々な方をフォローしていくつもりです。
13670
0