connecting...
Google translation for articles :
10 NEMBER donated to you!!

デザインを考えさせられた過去の話

nem42.56xem (10) 235 13 6

今日は、ちょっと私の過去話をさせていただこうかと思います。

 

まだ私が専門学校を出たばかりの頃の話。

デザイン事務所に入りたくて、自分の制作物をファイルにまとめ

色々と面接に必死に走り回っていた時、とある面接の際言われたことが

その当時は衝撃的で今でも残っています。(まぁ今思えば当たり前なんですけど)

 

自分を売り込みたい方はポートフォリオって作って持参していると思うんです。

その当時私も作った作品をあるだけまとめて持って面接に回っていたのです。

 

面接の際に、私のポートフォリオを見て面接されたA氏が

「これじゃ意味ないよ。デザインを見たいんだよね」

と言われました。

 

当時の私は「へ?・・・デザイン?だから作品を今見せてるのに?下手だからかな?」

と思っていたのですが、

そのあと、A氏が

「ちょっと待ってて」

と持ってきたのは綴られたA4サイズの用紙の資料。

「これ見て。これがデザイン。」

そう言って見せてくれたものは、

 

  • コンセプトカラーは何色にするか?
  • 対象年齢は?
  • 全体のイメージは?
  • それを取り巻く環境は?
  • どういった動線でどこに辿り着かせるのか?
  • 背景は?

 

といった様な題目と、それらを考察する回答などが全部書かれていました。

 

そして、そのあとのページにはそれに基づいたデザイン案が、3案

 

それぞれの理由が書かれており、最後に最終デザイン案がありました。

 

「これがデザイン。あなたの持ってきたものはデザインではなく、結果だけ。

その結果にたどり着くまでを含めてデザインなのだから、あなたが持ってきたものはデザインのポートフォリオじゃないから意味ないよね。」

 

・・・まぁ、結果は見事に落ちましたが得たものは大きかった。

 

デザインするということ、よく解っていなかったんだなと。

デザインを相手に見せるってそういうことだなと。

相手に見せる上で最低限備えるものが、一般的に言われるデザインのルール。

 

見やすく綺麗にするための色々です。

 

文字の頭を揃えるとか、空間を均等にとるとか。

一般的なデザイン本に書いている事。

それらを踏まえてコンセプトカラーや全体のコンセプト、そもそもの背景や環境などを踏まえ、

いくつかのデザイン案を出す。勿論捨て案も必要。そして相手に見せたい最終デザインまで持っていく。

 

その面接を受けてから、変わりましたね。

 

いわゆるプレゼンの部分になるんですけど、若かった頃は解っていなかったな。

頭の中だけで最終デザインだけ持って行っていた。

そりゃダメだわwww

 

なので、仕事でデザインを考えるときには下調べもガッツリします。

しかし、デザインをわからない方に言わせると、

なんでもいいよ。とか、チャチャッとできるでしょ。とか

テキストあるからそれ流し込むだけでいいよ。とか

事前準備をなかなか理解してもらえないところも事実です。

 

まだまだ、自分も引き出しを増やしていかないとね。

新しいことも吸収していかないと、古臭いデザインって言われちゃう。

理解しないで、新しいことをするとすごく嘘くさくなるからね。

ソフトもアプリも進化してきているから、誰でもそれらしいものが出来ちゃう。

蓄積したものもちゃんとないと下手したらアイデアだけでは小学生にだって負けることがあるしね。

 

文字ばっかになっちゃったけど そんな昔の話。

 

さてと、なんか新しい面白いことないかなぁ〜

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
kosi-skywalker
2019-03-16 09:58:40ID:81791

なんだか改めて自分の仕事に必要なことが書いてありました。

mash
2019-03-14 16:39:08ID:80408

>>K2::さん
ありがとうございます
今度、作品まとめてブログに書こうと思います

mash
2019-03-14 16:37:57ID:80407

>>カマタ::さん
そうですね
面接していただいた方には今でも感謝です
あそこで言われてなければ何もわからないまま、諦めてデザインに携わっていないかもと思います

カマタ
2019-03-14 16:09:04ID:80396

自作物の作品愛が語れるくらいでないとだめだなぁと思います笑。その事務所のかためっちゃ優しいですね。過去に同じ経験でもしたのかな・・・?

xxx
2019-03-14 13:46:14ID:80383

なるほどー!確かにポートフォリオって言うと完成品ばかり羅列していることが多いかもしれない。
勉強になりました。
あと、関係ない話ですがmashさんのアイコンがカッコイイので他のデザインも見たいです!

mash
2019-03-14 13:37:48ID:80381

>>さつまいモナ::さん
ホント、設計ですね
全てのバランスに意味があり担ってる。そんな積み木のお城みたいなものです(ちょっと違う?笑笑)

mash
2019-03-14 13:31:03ID:80380

>>Kumako::さん
前に言われたことがありまして、人は1つだけだとアラを探す
アラを見つけたことで満足する
2つ以上あると、選んだことで満足する
ただ沢山ありすぎると迷うから捨て案も入れて3案だと、ズムーズに行くのだそうです
特に少しでもかじったことのあるクライアントは知ってる知識を強引にねじ込んでくるって笑笑

さつまいモナ
2019-03-14 13:26:16ID:80378

設計、そのものですね。

私にも最近、デザインとスタイリングは全然別物と知る機会がありまして、なるほどと感心しました。

mash
2019-03-14 13:24:39ID:80376

>>もぴょこ::さん
あるあるですね笑
クライアントのイメージが実際は決まってないんじゃないかと思うくらい。
で、進んでいって初めて決まってくる、、、みたいなねー
完成手前で、全てを覆すこと平気で言いますからね笑
だんだんと先手を打てるようになりました笑笑

Kumako
2019-03-14 12:45:00ID:80339

すごく勉強になりました!
貴重な体験をありがとうございます>_<;
今後の見せ方を考えなければダメだと気づかされました~

NEMber who posted this article

デザイナー MUDプランナー
web グラフィックデザイナーをやっております。
看板のデザインの仕事をしてます。
色々な事考えて、面白いことやりたい。
17197
0