connecting...
Google translation for articles :
8 NEMBER donated to you!!

俺が正しい!? ~コミュニケーションエラーに対する考察~

nem8.20xem (8) 202 15 3

上司:「先週頼んでおいた作業終わってるか?!」

 

部下:「え、まだ終わってませんよ。今やってる作業を終えてから終わらせますよ。」

 

上司:「なんで、終わってないんだ!今日までに終わらせろって言っといただろ!」

 

部下:「え?、そんなこと言ってませんでしたよ。」

 

上司:「そんなことは無い、俺は先週作業指示するときに言ったぞ!」

 

皆さん仕事をしている上でしばしば上記の様なコミュニケーションエラーって発生しますよね。

なんでこんな事が良く発生してしまうのか疑問に思ったことは無いですか?

私は何でこんな事が良く起きてしまうのか疑問に思ったので調べてみることにしました。

 

【なぜ、言った言わなかった論争が起きるのか】

 

まず、言った側と、言われた側では以下のことが起きていると思います。

 

第1に同じ物や事象でも、言った側と言われた側では見え方が違う。

 

例えばこの絵を見たとき、あなたはどう捉えますか?

 

 

白い部分に注目して見て下さい。杯が見えませんか?

私は、瞬時に杯を連想してしまいました。

 

では、黒い部分に注目してみてください。

さっきまでは白い杯が見えていたのに、今度は向かい合う人の顔に見えます。

 

これはルビンの壺と呼ばれるトリックアートで捉える視点によっては別のものとして知覚することが出来るものです。

 

そう、捉え方次第で別のものとして見えてしまうことがあるのです。

 

第2に、同じ人が時によって同じもののできごとを違った見方をしている時がある。

 

例えば私は子供の頃、グリーンピースが嫌いでした。あの粒粒がスープの中や、ハンバーグの付け合せに付いてきた時は、器用に食べないよう仕分けたものです。ですが、大人になってからは不思議と違和感無く食べれるようになりました。あれだけ子供の頃に苦手だったにも関わらず、なぜかある時期から食べれる様になっていた。むしろ今ではグリーンピースご飯を美味しいと感じるまで大丈夫になってしまった。

 

 

時間の経過と共に自分自身の見解が無意識のうちに変わっていることがある。

 

第3に、実際の通りに見ていないし、見えている通りに実際があるとは限らない。

 

例えば、マジックにおけるトランプの選んだカードを当てることなど

1番上のカードは見せて貰った数字のカードだったハズなのに実際は違うカードになっている。

 

言った側と言われた側では見えているものがそもそも同じとは限らない。

 

4.知覚には選択の原理が働いているので、実際の事に全部を気づいているわけではない。

脳科学者の茂木先生の脳トレのアハ体験なんてのが良い例かな?徐々に絵が変わっていく奴。

気づいている人は分かるけど、その変化を認知出来ない場合がある。

 


言った側は実際言っているのかもしれないが、言われた側がそれを認知しているとは限らない。

 

上記のいずれかが欠けた状態でコミュニケーションをとり続けると「言った言わない」問題になる可能性が高くなります。

 

<対策>

誤伝達を抑えるには「伝達文書における 4C の原則」というのがありましてこれを活用するのが有効のようです。

会話でも同じだと思います。
「4C」・・・Clear(明確)・Correct(正確)・Complete(完結)・Concise(簡潔)

1、わかりやすい文章で伝える。:相手が理解できる用語。なじみ深い言葉。平易な文章。
2、正確に表現する。:適切な表現。曖昧ではない。明瞭な言葉。
3、完全なメッセージを伝える。:必要な情報をすべて含める。情報過多ではない。
4、要点をまとめる。:短く簡単な文章。簡潔である。不要語を避ける。箇条書きなど。

 

その上で、再度コミュニケーションをとってお互いの理解に相違が無いかを確かめれば良いと思います。

 

仕事の上では、重要な事項については私はメールなど書面で文章として残しています。

部品のコスト、納期、設計における要件、方針、法規に関する解釈etc…

契約書、見積もり、納品書も。

電話での会話などは結局、相手の都合の良いように捉えられてしまうのでめんどくさいですが文章で残しています。

 

<結論>

ツイッターでもよくおきていて炎上する際に良くおこるエラーだと思いますが

瞬発的に反応するのではなく、一歩引いて相手がどう考えて発言している内容なのか理解をすること、進めて行く上で意思合わせの場をもうける事から始めていくとコミュニケーションエラーに対する未然防止が出来るのではないかと思います。

言った側、言われた側のお互いで、「当たり前」「常識」「正論」という前提でコミュニケーションをとると、その前提がそもそもお互いで認識が合っていない場合があるので、とても危険です。

コミュニケーションエラーが起きないよう、常日頃コミュニケーションを上手く取る事を心掛けて会話する機会を多く設けて行きましょう。

そうすれば多少のあいまいさがあっても意思疎通が出来るでしょう。

重要なことは書面で残すことも大事です。

 

※nemlogにおいても相手の考えを理解してコミュニケーションをとる事によって一方的な思い違いを防ぐことが可能だと思います。そしてnemlogをもっとエンジョイして行きましょう。

その上で、記事に対する討論はあってしかるべきだと思います。

但し、相手をdisる行為は止めましょう。見ていてツマラナイです。

ツッコム気すら無くなります。

 

今日のFiFiCは

 

 

今日はゴルフの練習とジムで8km程歩いたり走ったりしました。

疲れた。

明日も継続してやっていこう!

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
マクト
2019-04-18 20:04:48ID:105738

なかなか面白い解釈をしてくれる人もいるんですね。
ニホンゴムツカシイ。

和泉
2019-04-18 08:47:11ID:105548

なかなか難しいですよね。
最近、「ゴミ箱捨てておいて」って言ったら、ゴミ箱ごと捨てられていることがありました。
いやまぁ、そうだよね、そう取れるよね。的な。

マクト
2019-04-16 09:16:17ID:104274

>>7zoesan::さん
同じ考えだと決めつけてしまうと、ごく僅かな違いでコミュニケーションエラーは発生してしまいますからね。

マクト
2019-04-16 09:13:00ID:104271

>>やそ::さん
ある程度期限が過ぎれば捨てるようにしてるけど、これがまたタイミングが難しくて棚のファイルを占有しているのは私です。(笑)

マクト
2019-04-16 09:10:20ID:104267

>>kumaco::さん
同じ視点にもってくるのって結構大変だけどね。
でも、相違が無いようにしていきたい。

マクト
2019-04-16 09:04:39ID:104264

>>えっさん&小梅ちゃん🐾nemlogツアーコンダクター🐾::さん
頑張ったうぇ~い。

7zoesan
2019-04-16 08:55:02ID:104253

自分の見えている世界が正解とは限らない、感覚器においても大まかな類似性だけで同じではない。そこを認めなければコミュニケーションはなりたちませんよね。共感いたします。

やそ
2019-04-16 07:56:03ID:104196

書類に残しすぎるのもまた問題を生んだりするので難しいですよねぇ。。。

kumaco
2019-04-16 05:19:56ID:104126

とてもわかりやすく楽しかったです✨
私も見えているものを言葉にしなきゃいけないので
頭に直接語りかけたいです

NEMber who posted this article

自動車の設計者。電子・電装部品の車両搭載。NEM普及。
ロードバイク、ジェットスキー、スノーボード、アクティブに行動するのが好き。
自分の得意分野について書いていこう。
20735
0