connecting...
Google translation for articles :
1 NEMBER donated to you!!

コインハイブ事件の動向はWEB業界全体にかかわる問題だ

nem0.85xem (1) 153 2 0

コインハイブ事件というと、仮想通貨に触れている人なら

ほとんどの方がご存じだろう。

 

この事件は、私も以前から注目していて、

最近の動向は横浜地裁が無罪判決を出したが

検察側がすぐさま控訴したという所までが現在の状況だ。

 

コインハイブの事件は仮想通貨をたしなんでいる者やエンジニアの方など

多くの方が注目している事件で、この状況を受けて

Twitterなどでは裁判費用など軍資金の調達を支援しようという動きがあり

モロ氏がクラウドファウンディングを立ち上げるのを待っている状態だ。

 

事件の経緯などについてはTwitter上でモロ氏がnoteを共有しており

そこにサポート支援を行っている者もいる。

 

ちなみに問題となっているコインハイブはすでに閉鎖となっている。

 

コインハイブ(WEBマイニングスクリプト)自体はウィルスではなく使い方の問題で

法整備や規制が追い付かない中で新しい技術を試した人がこうして検挙されてしまっている。

WEBサイトやWEBサービスを運営を維持するうえで収益性はとても大切で重要な課題だ。

ここのnemlogも同様にWEBサービスの多くは基本的に「無料サービス」という形を取っているが

WEBサイトやWEBサービスを運営するにはサーバー代がかかり必ずランディングコストが発生している。

そして何より無視されがちな部分ではあるが「人件費」の比重はかなり大きい。

 

開発や更新するにはスキルと作業時間が必ず発生する

だが、WEBサービスは無料で提供しているという場合に、どこで収益を出し

運営を維持するかというのはサイト運営者にとっては重要な課題で、大抵のWEBサービスはスポンサー収益か

googleアドセンスなどのアフィリエイト広告(広告料)でまかなっている。

サイト内に課金モデルがある場合や上位プランで有料というようなスタンスを取っている場合もあるが

これはWEBサービスの特性(ビジネスモデル)とキャッシュフローとの相性を見ながら何を選択していくかというのが

よりよいサービスを運営するうえでサイト運営者が日々死ぬほど頭を悩ませながら模索していることだろう。

私はその一つの手段としてWEBマイニングという選択肢があっても良いと思っている。

 

WEBオーナーが良いサービスを維持するうえで収益をいかにし確保するか

その選択肢の一つとしてWEBマイニングをどう使っていくかを先行して模索していた中で起きたこの事件は

今後出てくるであろう新しい技術にチャレンジするエンジニアの足かせとなってしまう。

検挙するよりも注意喚起の通達をだしたり厳重注意でとどめておいたなら世間の反応もまた違っていただろう。

コインハイブ事件はモロ氏が代表して争っているが、この動向が判例になってしまうという事を考えると

今後のWEB業界全体にかかわってくる重大な問題だ。

 

コインハイブ事件はまだまだ目が離せない。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
tom
2019-04-15 23:05:14ID:103945

どこで収入を得るかなやみどころですなぉ

物愚者
2019-04-15 00:30:42ID:103314

客「我々になんのリスクも負担もない、無料で高品質なサービスを提供しろ。金とったり広告載せたら怒るゾ。」

NEMber who posted this article

暗号通貨全般好き。
ここ数年の趣味はDappsとFaucetの攻略とソロマイニング
20834
0