connecting...
Google translation for articles :
5 NEMBER donated to you!!

教育実習がやばすぎたって話1

nem101xem (5) 249 10 1

去年教育実習に行って中々酷い目にあってきたので整理するためにもここに記しときたいと思います。(言いたいことが山ほどあるのでしばらくシリーズとして続けると思います)

 

この話の結論から申しますと、教員の人手不足の一翼を担っているのは現場における人権侵害だということです。

 

私は去年の6月に教育実習で母校である公立中学校にお世話になりました。
私の母校は地元でも学力がそこそこ高いことが有名で、生徒も穏やかな子が多いと評判の学校でした。右も左もわからずだったので、穏やかな学校で経験を積めるなら良かったと安堵しながら実習に臨む準備をしていましたが、まさか自分が鬱になるなんて思いもしなかったです。

 

○全て否定される指導案
中3生の授業を任された私は、塾講師を長期間続けている経験から、中3生は受験生でもあるので受験でもしっかり役立つような授業をしたいと考えていました。
私は国語を担当していたのですが、塾に来る生徒がいつも口にするのは「定期テストはわかるけど実力テストじゃ点が全く取れない」という言葉。国語という科目は感性が必要とされる科目と勘違いされがちなのですが、本当に必要なのは論理的思考力であります。その文章が意図するところを的確に読み取ることが必要とされる科目であり、それができなければ中々実力テストで点数をとることは難しく、また文章に触れないことなどない世の中を生きるためには、そういった考える力が必要不可欠なのです。昨今問題になっている文章理解力の低下は、国語という科目を論理的思考力から切り離してしまっている学校の授業に問題があるのではないかと個人的には思っていました。実際の授業見学でも、やはり未だに板書を写すだけの授業がなされており、これじゃあ塾に通う生徒は絶えないだろうなという印象でした。
そのような授業は避けたかった私は、できるだけ生徒自身がしっかり思案を巡らすことが出来るような授業を考え指導主事の先生(定年後再任用の男性)に提案しました。


結果は即却下。


理由は、「まず作品を好きにさせなければいけない」ということでした。
しかしここで疑問を覚えるのは「作品を好きにさせる」という傲慢さ。その作品をどう思うかは生徒個人の自由であり教員が決めることではありません。最初に作品に触れたことで好き嫌いは必ず分かれるものです。それを授業を通して様々な角度から作品を見つめることで、改めて作品を捉え直すといったことが「多様性」の求められる現代では必要なことだと思うのですが、全く聞き入れてくれませんでした。仕方なく授業の前日に授業案を作り直し、正直自分でもよくわからないまま授業を行いました。その後の授業でもほとんど指導案は却下され「私が昔やった時は……」というお話を聞きながら、まるで指導主事のご機嫌取りのように授業を作っていました。その時から「私は何をやっているのだろう」という疑問がふつふつと湧いていたのですが、上司のご機嫌取りはどの会社に入ったとしても同じなので逆らうのも面倒くさく、生徒が可哀想だなと思いながら黙々とこなしていました。

 

指導案却下はまあまだ良かったんですがこの小さなストレスに更に重ねて追い討ちをかけたのが生徒による人権侵害でした。

 

○男子生徒による暴言・女性蔑視発言

教育実習の際私は男子生徒たちにかなり舐められ執拗な嫌がらせを受けました。
私は見た目が小柄な方で男の子から見ればすぐに倒せそうな体格をしています。それもあってかはじめからすごく舐めてかかってきたんですね。普通に歩いてる時も暴言や揶揄うような発言は当たり前で、モノを投げたり女性を貶めるような言葉も投げられました。もちろん、全員が全員そういうわけではありません。基本的に女子生徒は私に懐いてくれましたし、男子生徒の中にも普通に接してくれる子はいました。しかし、それ以上にその一部の男子生徒に受ける屈辱が耐え難かった。

私はそういうことを平気でする人間に割く時間が勿体ないという考えで、真面目に授業を聴いている生徒にたっぷり時間をかけようと無視をしていました。贔屓と言われるかもしれませんが、真面目にしている子が優遇されることは当たり前で、どうして人を傷つけるようなことを平気で行える人に私と真面目な子たちが学ぶ時間を割く必要があるのでしょうか。この考えが既に先生に向いていないということは気付いてたんですがここまできたら仕方がないのでとりあえず単位取得のためにどんな嫌なことをされても耐えていました。


そうやって私が無視を決め込んでいると、当然ですが指導主事の先生方からは注意するようにと言われました。なので何度か注意に入りましたが、聞く気配はやはり一向にありません。「無抵抗の人間に暴言を吐くようなことは人としてしてはいけないよ」と丁寧に何度も言いましたが、「無抵抗の意味がわからない」といった調子です。どんなに簡単な言葉に置き換えてもそもそも向こうに聞く気がないので全てふざけて返されるといったことが続きました。怒鳴りたいとも教室から追い出したいとも何度も思いましたが、それをしてしまった時点でどんな理由であれこちらが「悪」となってしまう世の中です。当然そんなことはできずただ人権を踏みにじられる毎日でした。

ある日注意した生徒が逆上してありとあらゆる暴言を私に投げつけました。教育実習最終日の前々日だったと思います。私はそこまでストレスを溜まりにためていたので、真っ正面からその子とやりあいました。もちろん怒鳴ったり殴ったりは一切せず、投げられてくる言葉全てに対して論理で返したのです。しかし途中で指導主事に止められ、授業もそのまま終了となりました。他の生徒には申し訳なかったですが、私も人間です。人権があります。屈辱を堪えるのにも限界があります。中学生という理由で人を傷つけていいということにはなりません。

 

その日の放課後、私は指導主事に呼び出されました。どうやら私が先ほど注意した生徒は学校でもかなり問題の生徒らしく、保護者の方も相当問題あるモンペらしいのです。しかし私はそんな情報は一切聞かされておらず、悪いことをする生徒には注意をするようにと言われたので怒鳴るでも追い出すでも殴るでもなく、声を抑え丁寧に注意をしました。「あなたは実習生なのだから責任が取れないでしょ」と言われましたが、だったら初めからやばい生徒の情報くらい教えとけよって話です。もう一々受け答えをするのも面倒臭く、相槌を打ってやり過ごしていました。

この出来事を思い出すたびに思うのですが、何故中学生という理由で数々の暴言・暴行・女性蔑視が許されるのでしょうか。こういったことにちゃんと対処出来る体制を整える必要があるはずなのですが、「どんなに屈辱を受けようと耐えるのが先生」と言わんばかりの雰囲気でした。以前テレビ番組で「いじめはない。あるのは刑事罰だけ」と言っていたことが話題になりましたが、中学生であってもこういうことは許されないのだと本気でわからせなければ、このような問題は永遠になくならないのだろうなと思いました。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
Yonnsann
2019-04-23 22:55:44ID:108932

>>YUTO::さん
ありがとうございます!まさかこんな愚痴が紹介されるなんて…(汗)
中々難しい問題ですが強烈な改革、現場の意識変化がない限り難しい問題だと思いました。

YUTO
2019-04-23 21:46:27ID:108819

またコメントしてすいません。
nemlog報告隊というイベントでこの記事が紹介されましたので、5XEM投げました!!
https://nemlog.nem.social/blog/21798
実習生という立場では、学校を変えるのは難しいし、このようになったのは仕方ないと感じています。(自分も教育実習を受けているので気持ちはわかります)
)

やそ
2019-04-16 17:52:35ID:104503

nemlogで色々吐き出していってくださいな!
先生にならなかったとしても、将来お子さんでも産まれた際に、そのような子たちと向き合わなければならなくなるときもまた来るかもしれませんし。

Yonnsann
2019-04-16 16:23:11ID:104474

>>tom::さん
昔だったら皆同じ授業で平均的な学力を育てるというのが大事だったのでしょうが、個性が重要視される現代では今の教育体制はあまり合っていないように感じます。だからこそ学校の授業は聞かず塾で勉強する、みたいな子も増えているのだと思いました。
教育界こそ価値観をしっかりアップグレード出来る人が必要なのだと感じます😢

Yonnsann
2019-04-16 16:11:39ID:104471

>>ちきゅう::さん
コメントありがとうございます😌

勿論嫌なことだけではなく嬉しかったこともあったのでその辺も書いていきたいと思います。

tom
2019-04-16 00:05:47ID:104032

人に教えたりする仕事ってほんとにむずかしいですよね、一人一人に合うように授業しないといみないですし…
年も年だしそうゆうお年頃なんですよ、きっと(笑)

ちきゅう
2019-04-15 23:29:03ID:103980

ま、難しいことよくわからんけど、また記事書いてくれよ!教師って憧れの職業指導だからさ!もっと話、聞かせてくれる?

ちきゅう
2019-04-15 23:27:49ID:103976

中指立ててファッキンできる反町GTOみたいな世の中だったらのぉ!

いやぁ、本トおつかれ!

実習生という立場だと面倒は今後のため起こせない?
愚痴ばかりで(それだけ過酷だったのはわかった。)あなたがした行動に対しての記載はないッスけど、自分で納得してる?
舐めプされてたのは、見た目や体格だけが原因?
(中学生と口喧嘩して論理で返したというとこから。)

期間もあるだろーけどさー
中学生だろがじじーだろーが相手の懐に近づくのには理屈だけじゃあねーんだよなあ

Yonnsann
2019-04-15 15:02:47ID:103584

>>YUTO::さん
よろしくお願いします!

YUTO
2019-04-15 14:55:41ID:103581

はじめまして!!
これからもよろしくお願いします。

NEMber who posted this article

ネムログ気になったのでライブドアブログからいくつか移行します。

趣味は読書(特に太宰治)、アニメ鑑賞(特に幾原作品)、京都観光。
京都には足繁く通っているので色んな情報を提供できたらと思います。

また、教育実習、学校教員(少しですが)を経験して思ったことも少し書けたら良いと思います。

現在はwebデザインを勉強中。
20901
0