Wait a moment...

【江戸時代】粗食でも筋肉質だった理由

nem12.00xem (6)
4006
6
2019-04-23 22:48:17
【江戸時代】粗食でも筋肉質だった理由

フィジーカーやボディビルダーに

体づくりのポイントを聞くと、

『食事8割 運動2割』だと言う。

 

筋肉をつけて体を大きくする場合

脂肪をそぎ落として引き締める場合

栄養管理が最重要である。

これが現代筋トレ学の基本だ。

筋肉の材料であるタンパク質を

たくさん摂らないと筋肉は成長しない。

だからプロテインをガンガン飲む。

 

でも、ちょっと待って✋('ω')

正しい知識があれば、

タンパク質をそこまで神経質に

摂らなくてもイイ体になれるってこと

お・し・え・て・あげる❕

 

 

歴史と栄養のメカニズムから学ぼう

 

 

まず歴史。

プロテインが一般的に出始めたのは

1970年代と言われている。

それ以前はプロテインなんてなかった。

そもそもプロテインという言葉が

定義されたのは1938年である。

 

 

時は江戸時代。

米ばかり食べる粗食で

タンパク質は十分に取れない時代。

それでこのバディ( ゚Д゚)

筋骨隆々のキレキレ✨

 

 

これは1935年。

柔道家のレジェンド『木村政彦』

18歳の写真。

サプリメントなんか一つもなく、

タンパク質が何なのかもわかってない時代

それでもベンチプレスで200㎏超を挙上した。

 

 

現代では体操『内村航平』選手

彼は栄養管理を長年まったくしていなかった。

1日1食しか食べない

それで強靭な筋肉をまとっているのだ。

 

 

彼らが少ないタンパク質で

なぜ筋肉をもりもりになれたのか💡

 

その答えは、

タンパク質の体内循環メカニズム

 

タンパク質は劣化しやすい分子で、

熱や酸化ストレスの影響で簡単に変性してしまうのだ。

だから細胞の中では、時間とともに少しずつ、

変性タンパク質が“生ゴミ”のように蓄積していく。

 

それをお掃除・再利用するのが

『オートファージ』

 

オートファージによって、

タンパク質は分解され、

また再合成される仕組みがあるのだ💡

 

 

 

体内で再利用されるタンパク質の量は

食事で食べるタンパク質の量よりも多い。

 

もちろん、タンパク質を多くとった方が

筋肉を肥大させる効率は高まるが、

極論すると、

タンパク質収支とエネルギー収支が

プラスであれば、筋発達は可能。

タンパク質収支は、多くが再利用されるので

普通に食事をしていれば必ずプラスになる。

適度な運動による筋刺激さえあれば、

それでOKってことなのだ('ω')💡

 

 

 

 

Comment
きなこ
きなこ
2019-04-24 21:58:47ID:109495

娘だったらキレッキレより
ポヨンポヨンでもいいよーな気がするのだ( *´艸`)
(笑)

もぴょこ
もぴょこ
2019-04-24 11:52:40ID:109155

>>きなこ::さん
うちの娘の のび娘の記念写真も、こんな風にキレッキレにとってみたい
✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

きなこ
きなこ
2019-04-24 10:01:26ID:109136

この時代は、右読みだったよね。
右の文字は『大』っていうのはわかる。
問題は左の文字。これが不鮮明💦
おいらの予想は、この子が『大〇君』
って名前で、単純に名前だった説。

もう一つは、
大日本帝国の略で
『大日』あるいは『大帝』ってとこかな('ω')

きなこ
きなこ
2019-04-24 08:43:19ID:109110

>>もぴょこ::さん

お💡
その写真、おいらも興味深い。
多分なんだけど、江戸時代は子供の死亡率が高くて
ちゃんと育って成人する人が今より断然少なかった。
平均寿命が短かったのもそのせい💦
だから、子供が成長していく姿を記念に撮ったんじゃないかな('ω')

もぴょこ
もぴょこ
2019-04-23 22:55:50ID:108933

お話よりも江戸時代の写真を見て爆笑してしまいますた、すみまてん
(*´ェ`*)

この記事を書いた人
海が好き 車が好き nemlogが好き 白米ではなく玄米 たまごを1日8個 チョコレートピーナッツバター味の プロテイン きなこ みそ汁 のり これがおいらの日々の食事