connecting...
Google translation for articles :
7 NEMBER donated to you!!

【NEM技術勉強会】4.3.2 マルチシグ署名トランザクション 4.3.3 マルチシグトランザクション【特別編】

nem17.67xem (7) 247 6 3

前回に引き続いて、マルチシグの本体に迫ります。マルチシグ署名トランザクションとマルチシグトランザクションという2つのトランザクションについて説明します。後半では、実際にマルチシグアカウントを作成して、送金をしてみます。


4.3.2 マルチシグ署名トランザクション

 

NEMはマルチシグトランザクションに共同サインをするために、マルチシグ署名トランザクションを使います。

 

マルチシグ署名トランザクションに必要な手数料は0.15XEMです。手数料はマルチシグアカウントから引き落とされ、署名者のアカウントからは引き落とされません。

 

マルチシグ署名トランザクションは、対応するマルチシグトランザクションがブロックチェーン(ネットワーク?)にすでに存在している場合のみ、ブロックチェーンに書き込まれます。

Orphaned(対応するマルチシグトランザクションが存在しない)マルチシグ署名トランザクションは、ブロックチェーンに書き込まれることはありません。

 

4.3.3 マルチシグトランザクション

 

すでに述べたように、マルチシグトランザクションにはいろいろなトランザクションを含めることができます。

 

XEMをマルチシグアカウントから送る場合は、トランスファートランザクションがマルチシグトランザクション化される必要があります。

マルチシグトランザクション化には0.15XEMの手数料がかかります。

この手数料は、通常の送金手数料に上乗せされます。

 

より詳細に説明するために、例を示します:

まず、マルチシグアカウント(M)が、1000XEMの残高を持っていて、3人の連署者(A, B, C)がいるとします。

このマルチシグアカウントMから別のアカウントXに100XEMを送金してみましょう。

 

A, B, Cのどの連署者も、100XEMの送金を発生させることができます。

例えば、Bが送金を発生させ、AとCが連署する場合には、以下のステップがトランザクションがブロックチェーンに書き込まれるために必要になります。

 

(1)Bがsignerとしてマルチシグアカウントを設定した100XEMの送金トランザクションを作る。これは未署名の普通の送金トランザクションで良い。

(2)Bはこの未署名のトランザクションを、マルチシグトランザクション化する(Walletがやってくれます)。

(3)Bは、作ったマルチシグトランザクションにサインをしてから、NEMネットワークに送り出す。

(4)AとCは、自分たちが関係するマルチシグトランザクションが存在する事を知らされる(Walletで通知されます)。

(5)Aは、未署名の送金トランザクションのハッシュにサインをして、マルチシグ署名トランザクションを作り、ネットワークに送り出す。

(6)Cも、同様に未署名の送金トランザクションのハッシュにサインをして、マルチシグ署名トランザクションを送り出す。

(7)全員が未署名の送金トランザクションに署名を終えた時(Bは暗黙的に、A, Cは明示的に)、ようやくこのトランザクションはネットワークに承認されて、MからXに100XEMの送金がなされる。

 

もしも、AあるいはC(またその両方)が、送金トランザクションの有効期限内にマルチシグ署名トランザクションを送り出さなければ、このマルチシグ送金トランザクションはネットワークによって拒絶され、MからXへの送金は行われないでしょう。

 


マルチシグアカウントの作成

 

では、実際にやってみましょう。まずは、マルチシグアカウントを作るところからです。すでに持っているアカウントをマルチシグにすることもできますが、全財産GOXして伝説のネムロガーになるのはいやなので、新たにmultiというアカウントを作りました。秘密鍵を紙にバックアップしてから、手数料用の1XEMをこのアドレスに送ってスタートです。

サービス>マルチシグアカウントへ変換で、nemlogのアカウントと、僕のメインアカウントを連署者のリストとして登録します(連署者が2名だけだと、簡単に乗っ取られてしまうので、実際には3名にすべきです)。また、この時にマルチシグアカウントの秘密鍵が必要です。

すると、次のようなアグリゲート改変トランザクションが、ブロックチェーンに書き込まれます。連署者のアドレスと必要サイン数が登録され、手数料の0.5XEMがマルチシグアカウントから差し引かれます。

この状態になると、マルチシグアカウントからの送金はできなくなります(受け取りは出来ます)。ですからここで連署者のアドレスを間違って登録したら、ほぼGOX確定です。

マルチシグアカウントからの送金

 

このアカウントからの送金はできないので、マルチシグで送金するには、連署者のアドレスから送金します。

送金の画面に、マルチシグのタブができてますからそこから送金するだけです。いつもお世話になっているSHUさんに送ってみましょう。

手数料0.15XEMが上乗せされています(手数料はマルチシグアカウントから引かれます)。チャリーンと音がして、マルチシグ送付トランザクションが開始されます(ステップ1〜3)。でも、この状態ではまだブロックチェーンには書き込まれていません。

 

連名での署名

そこで、もう一方の連署アカウント(nemlog用)のウォレットを開いてみると、未承認のトランザクションがあります。

赤字で「このトランザクションはあな(たの署名が必要です)」と書かれています。ここにパスワードを入れて、マルチシグ署名トランザクションを発生させます(ステップ4〜6)。今回は2つしか連署するアカウントがありませんから、これで終了です。

ここでも、追加の手数料0.15XEMが引かれます。そしてチャリーンです。

 

未承認トランザクションが承認になったタイミングで、ブロックチェーンを見てみると、ブロックチェーンにマルチシグ送金トランザクションが書き込まれていました(ステップ7)。Feeは0.05になっており、マルチシグ利用手数料(0.15XEM)は、ブロックチェーンエクスプローラーでは見えないようですが、

ウォレットではがっつり0.3XEM(2アカウント分)、マルチシグアカウントから引かれていました。手数料の合計は0.35XEMになりました。

 

この記事を書くために作ったマルチシグアカウントですが、実用的に使えるように、3番目の連署アカウントを作りました。アグリゲート改変トランザクションを発生させて、新しいアカウントを追加し、2 of 3の連署マルチシグアカウントに昇格させました。


このように、マルチシグアカウントの作成と利用には、通常より多くの手間と手数料がかかります。それだけネットワークへの負荷も増えます。しかし、特別なアプリケーションを作ることなく、マルチシグが実現できることにより、非常に高いレベルの安全性が確保されます。また、連署者の共同名義のアカウントとなりますから、企業などの複数での承認作業が必要な場合に、威力を発揮するでしょう。

 

これで特別編終了です。今回も読んでくださってありがとうございます。

 

目指せ北海道

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
目指せ北海道
2019-04-26 01:21:27ID:110146

>>オーウェン::さん
今回、検証のためにマルチシグアカウント作ってみましたが、思ってた通り面倒くさかったです。でも、アポスティーユにもマルチシグが出てくるから、ここで作ったのは正解だと思っています。アポスティーユを突破できたら、ネムマスターになれるかな。

オーウェン
2019-04-25 23:34:48ID:110079

私も勉強せねばとは思うわけだが、、、

目指せ北海道
2019-04-25 19:29:04ID:109897

>>えっさん(囚われの身)🐾nemlogツアーコンダクター&コメンテーター🐾::さん>>YUTO::さん
こいつがどうやらカタパルトでは更に進化しているらしいのです。だから今のうちに勉強しておこうと思いました。トランザクションがネットワーク内で一時的に保留されるみたいで、そのあたり大丈夫なのかなとか、手数料を大量に発生させるからハーベスト的にはおいしいかなとか、いろいろ疑問が湧いてきます。

YUTO
2019-04-25 14:27:56ID:109821

マルチシングで稟議が早く済んだり、会社のお金の横領が難しくなるとか、便利なことが多そうです。

NEMber who posted this article

趣味はバイクでツーリングしながら、ブログを書いたり、動画配信したりすること。暗号通貨はまだまだ初心者。

nemlogに何を書こうかいろいろ考えたのですが、まずはバイクで動画配信をするための工夫や楽しさ、充実感などを伝えられたらと思ってはじめました。ラズパイをバイクに積載して、ボタン一つでYoutubeライブ配信できるシステムを作りました。それを発展させて、XEMの価格を常時監視するボットも作ったりします。

本業は再生医療系研究者です。歯の神経にいる「歯髄(しずい)細胞」を使って、世界中の人を助けるため、しずい細胞プロジェクトを推進中。細胞の流通(トレーサビリティー)管理にNEMのモザイクを使いたいと思って、NEMについて勉強中です。投資目的の暗号資産には、かなり懐疑的な立場を取っていますが、世界の富の不均衡を是正してくれる可能性には期待を持っています。
21942
0

Why don't you read following articles?

目指せ北海道's articles