connecting...
Google translation for articles :
1 NEMBER donated to you!!

【読書】日本語の繊細さ、美しさを知る。銀色夏生『このわがままな僕たちを』

nem0.05xem (1) 194 0 0

母が若い頃好きで集めていた銀色夏生さんの詩集たち。
私は小学生の時にそれらを見つけて読み耽っていたのですが、今でもふと、あの硝子のような言葉たちに触れたくなる時があります。

銀色夏生さんといえば、かなり昔の日清カップヌードルのCMで流れていた「そして僕は途方に暮れる」を作詞したことで有名ですね。
この歌もそうなのですが、銀色夏生さんの詩に触れると日本語の美しさというものに気づかされます。
日本語には英語では決して表現出来ない繊細さ、心地よさというものを表現できる力があると思いますが、銀色夏生さんの詩ではその日本語の特徴を活かしてとても繊細な、掴みにくい人の心の動きを美しく表現していると思います。

この詩集の中でも特に言葉の美しさ、日本語の美しさを感じた詩を以下に三つほどご紹介します。

 

このわがままな僕たちを
許してくれてありがとう
なにかしら僕たちにも
いいところはあるはず

 

僕は君を、よろこばしたい。
君は僕を、よろこばしてくれる。

 

 

口づけを下さい
この胸の もえる所へ

 

指先でたどって
やさしさを下さい

 

悲しみにたどりついたら
笑わないで下さい
あなたを

 

愛しているんです

 

口づけを下さい
どうぞ
この恋の
もろい所へ

 

 


床にぺたんとしゃがみこんで
ドアに頭をくっつけて
本を読みながら
泣いていた
涙がこぼれて
しょうがなかった
この本の中の
清らかな心が
うらやましかった
僕とあの人が
だぶった


如何でしょうか。
どれもとても言葉に軽みを感じさせ、胸にそっと染み込むような感じがしませんか?


銀色夏生さんの詩には軽く、繊細で美しく、そっと心に優しい痛みが走るような感覚にさせてくれます。
銀色夏生さんは現在もご活躍されていますが、やはりまだお若い頃の詩はどれも瑞々しい優しさが表現されているので、是非一度手にとっていただけたらと思います。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register

NEMber who posted this article

ネムログ気になったのでライブドアブログからいくつか移行します。

趣味は読書(特に太宰治)、アニメ鑑賞(特に幾原作品)、京都観光。
京都には足繁く通っているので色んな情報を提供できたらと思います。

また、教育実習、学校教員(少しですが)を経験して思ったことも少し書けたら良いと思います。

現在はwebデザインを勉強中。
22237
0

Why don't you read following articles?