connecting...
Google translation for articles :
2 NEMBER donated to you!!

ビットコイン界の大御所?と労働価値説 〜愚民神学入門〜

nem5.50xem (2) 218 6 0

BTCの価値の源泉はマイニングに要する作業量と電力である」

みたいな話がありますよね?

 

前にこれを聞いてピンときたんです。

 

労働価値説と同じ轍を踏んでんじゃねぇのこれ?、と。

 

無論、ビッグストなんちゃらさんのその主張の背後にマルクスはおそらくいませんけども。

 

経済学の中では、商品の価値の源泉をその生産に要する労働力の総量に求める人がいます。

 

ちょいと広げて、ここでは便宜上労働力と物的資源を纏めて資源としましょうか。

 

さて、彼らは源泉を需要と供給の関係に求める人たちとすこぶる仲が悪いようです。

 

個人的には、労働価値説は「べき理想、道徳論」としての意味は見出せると思いますが、「事実」を説明する理論としては支持できないです。

 

 

 

山奥にこだわりの定食屋を開業したとします。

 

そこでは、無農薬自家栽培した野菜や天然物の魚介類など究極の材料を使い、毎日都心からここまで通っている板前が腕によりを掛けた料理が提供します。

 

物的資源も人的資源も豊富に消費されていますね。

 

おまけに、板前に山奥まで毎日通勤させるという余計な労働をさせている。

 

これはさぞかし高い価値を生むことでしょうな〜...

 

 

 

美味しんぼじゃあるまいし、そんなわけないよね?

 

 

提供時に価格をいくらに設定するかはさておき、ほとんど誰も食いに来なかったならばその定食の「市場価値」は0に近いものになります。

 

逆に、都心の一等地にあるまずい店の適当な材料で雑に作られた定食がバンバン注文されていたとしたら、そのクソみたいな定食の方が価値が高くなってしまいますね。

 

勿論、これは本来は良くないですよ?

 

この価値というのは市場価値の話に限ります。

 

それ故、「後者の方が絶対に価値がある。」などとなんの違和感も抱かずに言い切れる奴は本質的な価値の尊さがわからないとてつもなく可哀想な人だと私は思います。

 

そういう人はそういう人で「善いもの」に触れて審美眼を鍛えなければなりません。

さっさと素晴らしい音楽を聴き、美味しい料理を食い、善い本を読むべきです。

 

オリコンチャートを参考にするのはやめましょう。

食べログレビューを判断材料にするのもよくないです。

くだらない自己啓発本や新書を読んでもいけません。

 

なお、値段やニーズこそ本質的な価値を反映していると見做すような人から

「お前は自分の価値観を独善的に押し付ける権威主義者だ。」

などと言われても痛くも痒くも無いです。

 

三流の自己啓発本と古典を比べたらさすがに後者の方がどう考えても価値がある、と見るのが健全なのであって、問い直すにしてもその価値観を取り入れた後に初めて資格を手にすることができるのでは、と。

 

また、道徳や美的感覚のようなセンチメンタルな観点以外からも違和感は生じますね。

単純に消費された資源の総量と価格というものの釣り合わなさを目撃した時に、ある種のおかしさとか不条理のような感覚を抱かないのもこれまたおかしい気がします。

 

貨幣経済において、天秤が釣り合う点がどうも道理に反しているような、そんな感覚。

 

結局、先ほどの話とも繋がるところがあります。

長時間労働や資源の浪費の末に現れた結果に対して直感の次元で明らかに過小な価値判断を成される場面についても「需要が無いから」で正当化され、それよりも生産コストが低いものでも需要さえあれば価値が高く見積もられるのはやはりどこかおかしい。

 

しかしながら、是正すべきおかしさを内包しているとはいえ、事実はそうである以上、少なくとも市場価値の説明は冷酷に需要と供給で行われた方が妥当であります。

 

商品の市場価値というのは、やはりそれを生み出すまでのプロセスで消費される資源の総量ではなくニーズによって決定する。

 

「手間暇が生み出す付加価値」というのも、手間暇自体から自動的に発生するものではなく、あくまで「その手間暇の内容」や「このような手間暇掛けたものには価値がある」という情報が人々に納得される形で認知されることで、彼らの購買行動に対する動機付けが高まったり、それにより実際に購入する者が現れるからこそ生まれるものです。

 

手間暇そのものから価値が生まれるなら、職人が逆立ちしながら手作業で組み立てたロレックスはいくらになるんでしょうか?

 

 

この構図はビットコインに当てはめても特に問題はないでしょう。

 

BTCが各時点においてある価格を示すのは、その価格で欲しがる人がそれだけいるからであって、マイニングによる資源の消費が価値の源泉として背後に存在しているわけではない。

 

(尤も、大量の資源を浪費して生み出されたBTCがそれに見合わない評価を受けることは、あるべき自然の道理に反するというか、罰当たりというか、まぁ、心苦しい感じはしますが。)

 

強いて言うなら、前述の付加価値の話のように、「マイニングによる電力が価値の源泉である」という神話を信じる者たちとっては各人の認識を介して価値の生成に寄与していると言えなくもないですが、それでも「マイニングという現象自体が価値の源泉」ではないですよね。

 

 

BTCの価値の源泉に関する神話について、神はお主の認識の裡に存在するのじゃ。

 

ラーメン。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
7zoesan
2019-05-04 21:56:27ID:113352

>>物愚者::さん
ウィスキーは悪くないですよ〜
それを生み出したヒトが悪い!?
発酵を発明したヒトは天才だ。
いやヒトじゃないか。たまたま果物くさらして飲んだら気持ちよくなって楽しかったのか??

物愚者
2019-05-04 21:32:59ID:113339

>>7zoesan::さん

読み返したら途中ですっげぇ脱線してますね笑
ウイスキーが悪い!

7zoesan
2019-05-04 20:25:33ID:113308

審美眼は大切だと思います。
多くの経験と失敗も含めて自らの価値で判断できるようになりたいものです。

物愚者
2019-05-04 19:21:34ID:113296

>>yybazaar::さんが挙げられた機能、効用に比べて、彼がいう消費電力というのは信仰と購買行動の原因としてあまりにも幻想的過ぎるにゃ〜。。。

物愚者
2019-05-04 19:18:09ID:113295

>>yybazaar::さん

>価値保存、匿名送金(現状は未実装)、ネットワーク効果などの様々な要素が絡み合って価値がある

結局は各人が主観的にそれに価値があると認めて購入するという過程こそが源泉だと思いますが、しかし外的な要因で説明するのであれば消費された資源よりもそれがもたらす効用によって説明した方が妥当ですよね。

また、内心は観察、操作ができないので科学的に予測するための仮説を設ける場面においては確かに認識そのものに帰属するのは望ましくありませんので、特定の認識(信仰)と購入行為(需要)を引き起こすであろうそれら外的な要因で説明するのが懸命だと思います〜。

ビッグなんちゃらさんに言ったらブロックされそう。

yybazaar
2019-05-04 18:42:36ID:113292

マルクス大先輩の労働価値説は諸説ありますが、僕もBTC価値の源泉は消費電力ではないとは思います。価値保存、匿名送金(現状は未実装)、ネットワーク効果などの様々な要素が絡み合って価値があるのかなと。それを信じる人達の信仰心も大事ですね笑

NEMber who posted this article

二億円なんかいらない。
22712
0

Why don't you read following articles?