connecting...
Google translation for articles :
2 NEMBER donated to you!!

銅像都市伝説シリーズ② 皇居を守護する銅像・その2

nem1.70xem (2) 273 2 0
銅像探偵ヒロ 2019-05-17 00:07:11

 

皇居周辺にある銅像の都市伝説シリーズの 第二回目です。
今回は、西北(乾)の方角にある銅像を紹介します。

 

(2)西北(乾)の銅像

 

皇居北桔橋門 から 北の丸公園に向かう方角が 西北(乾)方向です。

この方角に 一番銅像の配置が集中しております。

北の丸公園内 国立近代美術工芸館に近い林の中にあるのが

北白川宮能久親王像です

明治36年建立 

新海竹太郎作


幕末の動乱期には彰義隊により担がれ「輪王寺宮」として幕府側の盟主となり一時は朝敵の汚名を受けて東北各地で戦った。

明治維新後は、台湾出征師団長として台湾平定の旗頭となるが、台湾の地で病死。

波乱万丈の半生と異国の地で不運の死が「日本武尊」に例えられ英雄視されました。
実はこの銅像の作者:新海竹太郎は、日本陸軍騎兵科出身で当時の上官が北白川宮親王だったことがあるそうです。

武道館の手間にある広場の木陰に吉田茂像(昭和56年建立)がありますので見逃さないように(w)
※興味ないと見逃す人も多いと思います。

北の丸田安門から 靖国通りに出ると 道沿いの九段下広場に2体の銅像がそびえています。

 

品川弥次郎子爵像 

明治40年建立 高村光雲・本山白雲作

長州出身で、高杉晋作らと共に攘夷活動に奔走。

信用組合や産業組合の設立にも貢献した文武ともに明治維新に貢献した人物。

師の吉田松陰は、彼をこのように評している
「温厚正直で人情に厚く、うわべを飾らない。抜きん出た能力はないが、心が広く奥深いのが優れている」

 

 

大山巌元帥騎馬像

大正5年建立 新海竹次郎作

西郷隆盛の従弟。

維新後も日清・日露戦争の勝利に貢献し、薩摩出身で同郷の東郷平八郎と並んで「陸の大山、海の東郷」と呼ばれた明治軍人の鑑。

GHQのマッカーサー元帥は、大山元帥の武勇に憧れていたという話は有名で
マッカーサー元帥がアメリカに帰る時に持って帰ろうとも思っていたという噂もあります。

 

この2体の前にある靖国通り歩道橋を渡ったところにあるのが、靖国神社です。

 

大鳥居の先に かすかに見えるのが明治の天才軍略家 

大村益次郎像です。

明治26年建立  

大熊氏廣作


ちなみに 靖国神社の鳥居の向きは東向き。 

通常の神社では南向きが基本なので何か意味するものがあるのかもしれません。                 

だんだんと大村益次郎像に近づきテンション上がります。

かなり高い塔の上に立っています。

よく銅像の頭に ハトが止まるのでシャッターチャンスは逃さないように!

 

長州出身で新政府総指揮官として 上野戦争、戊辰戦争で勝利を挙げた明治随一の天才軍略家。

また近代日本軍政の礎を築いた人物で、まさに靖国神社から日本を守護しているようです。


この銅像は、日本で最初の西洋式技法で制作された銅像であり、東京3大銅像とも呼ばれております。

でかい眉毛は特徴的、左手に双眼鏡を持ち遠くを睨んでいます。

※一説では 上野山方面を睨んでいるとか?

 

この方角の銅像は層々たるメンバーが連ねておりました。

 

仮説:

西北(乾)に配置されている銅像の意図:

西北(乾)は 貯蔵・財産など日本の豊かさを守護するために軍事・文政に秀でた人物像を中心に配置した。


廃棄を免れた理由:

GHQとしても軍神として建てられた銅像でもないため、立て壊すほどではないと判断したのかもしれません。



気になる情報が1つあります。

品川弥太郎、大山巌像の 東方向(地下鉄 九段下駅の裏側)に平田東助像が配置されていたそうです。


平田東助像     

場所:東京都町田市 JA全国教育センター

大正8年建立 

新海竹太郎作

奥羽列藩の米沢出身ながら明治政権時には、山縣有朋の側近として元老に次ぐ実力者となった。

その他の功績として産業組合制度の先駆者として名を残しています。

 

この像は1996年に戦没者追悼平和祈念館建設のため皇居周辺から東京都多摩地域に移動していたことが判明しました。

 

1996年頃というと不良債権問題や株価低迷によって大手金融機関が次々と破綻に追い込まれ実質的には
「バブル崩壊」が起こっていたにも関わらず楽観視や、持ち直すだろうと淡い期待をしていた人々の目が覚めた時期。

また経済政策が失敗し景気が極端に悪化しリストラ、就職氷河期が激しくなってきた時期と重なります。

 

これは 銅像の配置バランスを崩した影響ではないでしょうか?

 

その後「バブル崩壊」をした後の日本がハイパーインフレにならなかったのは、

配置バランスが一部崩れたとはいえ、強力な銅像の守護力が残っている証明でもあります。

 

その3へ続く

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
銅像探偵ヒロ
2019-05-18 00:11:08ID:117900

>>7zoesan::さん
ありがとうございます。
銅像から知った人物ってかなり多いです! 銅像で勉強にもなります

7zoesan
2019-05-17 07:55:04ID:117664

銅像都市伝説面白いです。
結構しらない歴史人物も多いですね。

NEMber who posted this article

偉人の銅像を巡るマニアです。
日本全国の偉人顕彰銅像のデータベースサイト「日本の銅像探偵団」を開設しております。
23667
0

Why don't you read following articles?

銅像探偵ヒロ's articles