connecting...
Google translation for articles :
6 NEMBER donated to you!!

【NEM技術勉強会】アポスティーユ(その5)権利の譲渡

nem19.98xem (6) 196 5 1

こんにちは。少し時間があいてしまいましたが、プライベートアポスティーユ最大の特徴と言える「譲渡」について説明します。プライベートアポスティーユ使ってますか?僕は使ってないですし、使っている人も身近にはいません。なぜなんだろうと思っていましたが、自分でやってみて納得しました。とても面倒くさいんです!

 

では、始めましょう。


1. 概要

 

アポスティーユにおける譲渡とは、NEMのマルチシグの仕組みを使って、プライベートアポスティーユのHDアカウントを操作する権限を譲渡することです。

 

これだとよく分かりませんよね。ではとりあえず、NEM解体新書v.0.2の所有権を、目指せ北海道からしずい細胞研究所に譲渡してみましょう。

 

まずは目指せ北海道が、ファイルのアポスティーユをすることから始まります。


2. プライベートアポスティーユの作成

 

はじめに、NEM解体新書のプライベートアポスティーユをしましょう。作成者の目指せ北海道のアカウントで行います。

 

はいできました!先日オープンアポスティーユしたNEM解体新書の改訂版(v.0.2)です!ここでシンク(受信側)になっているのがHDアカウントと呼ばれるものです。これがNEM解体新書とがっちり紐付けられて、切り離すことができない特別なアカウントになります。

 

試しに監査してみると…

確かに、目指せ北海道のアカウント(NDHS…GFOZ)が、オーナーであることが証明できていますね。


3. HDアカウントのマルチシグ化

 

しかし、アポスティーユ直後には、このアカウントにはマルチシグが設定されておらず、このままだとHDアカウントの秘密鍵そのものを譲渡するしかありません。それだと元の所有者と譲渡された方の両方がこのアカウントを操作できる権利を持ってしまいます。つまり、譲渡のたびにどんどん所有者が増えてしまいます。みんなが秘密鍵を持っているのですから、複製や譲渡もやりたい放題です。

 

NISのURLをたたいてみると、、、(http://NISのIPアドレス:7890/account/get?address=NB5NMP74SUH62RTK4WZ36LSXN5R3FHVUXV4EMD2X)

 

なので、まずはこのHDアカウントに署名者として、目指せ北海道のアカウントを登録します。マルチシグトランザクションを発生させるために、あらかじめHDアカウントに手数料分のXEM(このときは5XEM)を送付しておいてから、、、

 

気をつける事は、手数料はHDアカウントのほうから引き落とされるのと、連署者の追加ボタンを押すことくらいですかね。

 

 

アポスティーユさえしておけば、監査によってこのファイルの作成者(=オーナー)が目指せ北海道であることは証明できます(パブリックアポスティーユと同じ)。それに加えて、マルチシグ化をしてはじめて、目指せ北海道がHDアカウント(連名者ひとりですから1 of 1のマルチシグです)を操作して、新しい署名者を付け加えたり取り除いたりする「権限」が生じます。これが、プライベートアポスティーユにおける所有権ってやつです。

 

ここまでやって、ようやくプライベートアポスティーユの完成です。結構ステップが多くて大変なのです。


4. アポスティーユの譲渡

 

では、目指せ北海道からしずい細胞研究所に署名権を譲渡してみましょう。

 

まずは、HDアカウントの署名者にしずい細胞研究所を加えます。

 

 

結構手数料がかかりますね。

 

HDアカウントが目指せ北海道としずい細胞研究所のマルチシグ(2 of 2)になりました。次に、この2つのアカウントを使って、連署名者から、元所有者の目指せ北海道を削除して、しずい細胞研究所だけを残します。

 

また手数料…でも…

 


このように、プライベートアポスティーユはファイルと紐付けられたHDアカウントの譲渡を可能にします。しかし、パブリックアポスティーユとブロックチェーンとの相性が非常に良いのに対して、プライベートアポスティーユの使い勝手はいまひとつよくありません。単に物の移動を記録するだけなら、モザイクとメッセージの組み合わせで充分です(細胞製造・流通管理システムで使います)。

 

プライベートアポスティーユは、NEMブロックチェーンの機能をフル活用した高度なものです。これを支えるには、ブロックチェーンのインフラも、社会の要請も追いついていないと思います。なので、次世代のNEMブロックチェーンであるカタパルトで、アグリゲートトランザクションなどが実装された後に、活用できる場面がだんだん明確になってくるだろうと思います。

 

アポスティーユ(その4)監査

アポスティーユ(その3)ファイルハッシュとタイムスタンプ

アポスティーユ(その2)準備編

アポスティーユ(その1)アポスティーユが生まれた背景

 

以上でアポスティーユに関する勉強会は終了です。お付き合いいただきどうもありがとうございました!

 

目指せ北海道

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
目指せ北海道
2019-05-24 05:54:03ID:119756

>>えっさん(囚われの身)🐾nemlogツアーコンダクター&コメンテーター🐾::さん
譲渡はできるんですが、監査してもオーナーは変化しないし、譲渡した感があんまりないんですよー

目指せ北海道
2019-05-23 21:01:21ID:119658

>>やそ::さん
そこなんですよねー。大いなる可能性を感じるけれど、これじゃなきゃだめっていうアプリケーションが思いつかないんです。ホワイトペーパーにリストされている応用例も、いまひとつ説得力がないというか。これも、国家による法治がしっかりとしている日本だからなのかもしれません。

やそ
2019-05-23 20:46:23ID:119653

契約書とかそういうものであまり公開したくはないものとかに使えるんですかねー?

えっさん@ネモナ×ゼモナ
2019-05-23 19:38:18ID:119630

アポスティーユの譲渡とかできるんだ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
勉強になったうぇ〜い(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

NEMber who posted this article

趣味はバイクでツーリングしながら、ブログを書いたり、動画配信したりすること。暗号通貨はまだまだ初心者。

nemlogに何を書こうかいろいろ考えたのですが、まずはバイクで動画配信をするための工夫や楽しさ、充実感などを伝えられたらと思ってはじめました。ラズパイをバイクに積載して、ボタン一つでYoutubeライブ配信できるシステムを作りました。それを発展させて、XEMの価格を常時監視、取引するボットも作ったりしています。

本業は再生医療系研究者です。歯を内側から再生している「歯髄(しずい)細胞」を世界に広めるために、しずい細胞プロジェクトを推進中。細胞の流通(トレーサビリティー)管理にNEMのモザイクを使いたいと思って、NEMについて勉強してます。管理システムの名称は「ShizuiNet」にしようと思っています。NEM.ioのAlexさん、Jeffさんと名刺交換&握手できたのが心の宝物。
24103
0

Why don't you read following articles?

目指せ北海道's articles