Wait a moment...

KYCの強化の末に向かう先

25322
やそ
nem3.90xem (6)
316
3
2019-06-12 07:51:47
KYCの強化の末に向かう先

KYCってKFCだと思ってた。

KYCの規制が強化だなんだ、という話題が最近話題になってますが、

Know Your Customer(あなたの顧客を知りなさい)

ですね。

 

要は、匿名で使われるとマネーロンダリングなどに使われかねないから、ちゃんとアカウントを個人と紐付けなさい。みたいなそんな話です。

 

KFCはケンタッキーフライドチキンですが、全くの別物ですよん。

 

本日の目次

 

マネーロンダリングや脱税は良くない

 

仮想通貨取引所。

少なくとも日本は個人情報提出して本人確認しないと現状でも引き出したりなんだりってできない。。。ようになったんじゃなかったでしたっけ?

 

あんまり詳しく知らない。というか個人情報を業者に提供することにあまり抵抗感のない私はホイホイ免許証のコピーだ何だを早々に渡してしまっているので、今、本人確認ができないとどうなるかがよく分かっておりません。

 

海外の仮想通貨取引所、暗号資産取引所か。

も、匿名やメールアドレスのみで開設できるところから、KYCが厳しいところまで様々だとかいう話も聞きますが、

 

まぁ、世界的にそういうのはしっかり取り締まって、

本人確認を厳格にして、脱税やマネーロンダリングに繋がることは一切許さない!

ってのを推し進めていこう。みたいなのがG20とかそういうので決まったんですか?

あんまりニュースもよく見てないんですけれども、

 

まぁ世界的な流れとして、特に日本はガッチガチのマニュアル、コンプライアンス重視。みたいな社会になってきてますから、

本人確認などが厳しくなるのは当たり前ですわね。

 

せっかくの匿名性と、人を間に介さないことでコストも無いようなもんで送金できるという利点が、

このKYC強化によって潰される。

 

  • 仮想通貨は、暗号通貨は、暗号資産は、こうやって発展の芽を潰されるんだ。
  • 旧世界の老害たちが変革を阻止しようとしてるんだ。
  • もう暗号通過は終わりだ。

 

なんて話をしてる人たちも居たりします。

 

過激派()だと、

  • 個人間の送金にすら本人確認が必要になる。。。
  • 新しいアドレスを作ったら国に届け出なきゃいけなくなる未来だ。。。

なんて言う人もいますが、

 

私はそこまでは行かないと思うんですけどね。

 

仮想通貨の個人間取引に関しては、絶対に規制は及ばない。

でも、

仮想通貨を何処かで売買するのはガッチガチに規制されていく。

 

そんな気がしています。

 

 

分散型のファイル共有サービス、winnyの時は開発者が逮捕されて下火になったりしたし、開発者が世界的に一斉検挙されて新規ユーザーが入ってこなくなる。

なんてことはあるかもしれない。

 

けれども、ブロックチェーンに、暗号通貨に管理者は居ません。

 

どんな規制も、人や、法人にかかってくる。誰も管理者のいない、ただのシステム自体に規制をかけることは不可能です。

 

扱う法人や個人などに、厳格な規制をかけることはできるかもしれない。

それを所管する象徴が厳格に罰則などを作るかもしれない。

 

でも、

  • 川の流れを止めることもできないし
  • 雲が流れることを止めることもできないし、
  • 大気の循環を規制したり、
  • 食物連鎖を規制したり、
  • 年老いることを規制したり、

そういう誰も管理していないのに、進んでいくような、そんなものを規制することはできません。

 

 

川や海にゴミを捨てることは基本的には禁止だろうけれど、

そこに手紙の入ったペットボトルや瓶を浮かべて、遠い国の人まで届くようなことをしてみたり、

 

立ちションは軽犯罪法で禁じられているけれど、山に行ったりトイレが近くにないときには、野糞をしたり人はしているでしょう。

 

 

そういうのとおんなじで(何処がおんなじなんだ。みたいな意見もあるかもしれないけれど)

もうブロックチェーンは、暗号通貨は止められるものじゃない。

規制をどんなにかけても、使われていくでしょう。

 

 

一般の人には敷居の高いものになって、通貨の価格などはどうなるかは知らんけどね。

 

 

 

 

でも、基本的に個人と個人がやり取りできる何かは、

それが悪いことでない限りは規制なんてできないし、

禁止なんてされない筈です。

言わなきゃわかんないし。(それは違うんだけど)

 

 

個人間でやり取りするときに

  • 名刺を交換しなさい
  • 挨拶をしなさい
  • 握手をしなさい
  • 送る品物はいくらまで

なんて言うのを法規制なんて絶対されないんだって。

 

個人間取引は、詐欺だったり危険なもののやり取りでなければ、

双方が承諾すればそれが正解。

ピザ1枚に2BTCを今払ったって、

それを禁止する理由がない。

 

ただの石ころと交換したって良いんですよ。

 

肩たたき券100万円相当と100万円の何かを交換したり、誰かに上げたって、それだけでしょっぴかれることは絶対にない。

 

モノとモノのやり取り、お金でもそうかもしれないけれど、

誰かと何かをやり取りするのを国が規制するなんて、中国や北朝鮮は別にして、普通の国ではあり得ない。

 

 

 

まぁ確実に、世間一般に浸透するのには新たな障害が増える。ってのはそうなんでしょうけどね。

 

 

でも、

  • 皆さんそんなに匿名性を重視したいの?
  • 個人情報と紐付けられるの嫌なの?
  • てか悪いことしてるの?
  • 脱税でもしてるの?

 

殆どの人にとってはKYCが強化されることって、良いことでしか無いと思うんですけど。

 

 

KYC強化の先は天国か地獄か

 

こういった本人確認や規制の強化の先に、どういう未来が待ってるのか。

って方が重要なのかもしれない。

 

とも思ったりしますが、

少なくとも今仮想通貨を持ってる人たちにとってみたら、良いことしかないと思うんですよ。

新たな何も考えない人たちが入ってきづらくなって、価格が上がりにくくなったり。

なんてことはあるかも知れないですが。

 

 

たとえ本人確認が厳重になって、アカウント作るごとに国に届け出などが必要になって、

個人間取引などをする際の相手方の確認が義務になったとしても、

 

今持って使ってる人たちにとってはそれほどの手間もないと思うんですよね。

 

 

こういった規制の行き着く先って士業みたいなもんだと思うんです。

 

暗号資産取扱士。みたいな。

 

勘違いしてる人も多いんですが、

行政や裁判所などに対してなにか書類を提出するような

  • 弁護士だ
  • 行政書士だ
  • 税理士だ
  • 司法書士だ

なんだかんだ。

 

こういったものは、これらの士業の方を通す必要性は全くありません。

本人が書類準備して出すのが本来の姿だし、正しい姿です。

 

税金も、税理士に頼もうとか、

いろんな役所に出す書類は行政書士などを通さないと受け付けてくれない。間違ってたら大変だ。

みたいな話もありますが、

そんなことは無い。

 

基本的にあの人たちは代理人です。

本人がやる前提で、

それができない人のために、それらの人がいる。

 

 

ただ、他の人に委任する。みたいな話になったら別ですよ。

役所に出す書類や、税金関係、法律関係などの書類だったり申請は、色々と難しいこともあるから誰でも請け負っていいわけじゃない。

ちゃんと資格を持っている人以外がそんな業務をしたら犯罪です。厳しく取り締まられます。

 

そういうお話です。

 

 

仮想通貨のKYCの規制だなんだという話も、そういった方向に向かっていくのだと思うんですよね。

 

 

自分で秘密鍵を持って仮想通貨をやり取りしたりする分には自己責任です。

マネーロンダリングや脱税などに関わらないようにきちんとそんな人とはやり取りしてないという証拠も保管した上で自由にやって構いません。

 

でも、自分で秘密鍵も管理せず、他人にその操作を任せたりするのならば、それは厳格に本人確認もそうだし、資格を持ったごく一部の人しか触れないようにします。

 

 

そんな感じ。

 

 

きっと最終的に行き着くところはそんな感じなんじゃないかなー。って思うんです。

 

 

 

税金とかの話もそうですけど、

 

高額納税者ほど、自己申告して間違ったときのペナルティも大きいし、そのリスクを考えたら税理士にでも頼んでやるのが一番楽でコスパも良い。

だから、税理士にやらせる。

 

そして、それほどお金を持ってもいないけど、金勘定がしっかりできる人は自分で税金関係の書類を作って、無駄な中間マージンを払わない。

 

で、悲惨なのが、お金もそこまで持ってないのに、税金関係は税理士に頼まないとだめなんだ、と言って、無駄な労力とお金を払って税金も取られ、中間マージンも搾取されていく人。

 

まぁ一番悲惨なのは、申告もせず脱税の摘発をされたり、追徴課税を食らったりする人なんですけどね。

 

 

そう、で、それと似ていて、

仮想通貨の取引なども、

 

企業や高額保有者などは仮想通貨取扱業だっけ?のしっかりしたところを通して多少の維持管理費も払いつつ管理するようになる。

 

ちゃんと理解して使ってる人々は、今までどおりに使う。

 

そして、ただ投機のために手を出して、取引所でしかウォレットも持ってない。みたいな人が、余計なお金を払うことになって、一番割を食う。

 

 

そんな感じになる気がするのですよねぇ。

 

 

それを地獄と思うか、今までと変わんないじゃん。と思うかは人それぞれです。

 

でも、こういった規制がどんどん進めば進むほど、

それでもなおブロックチェーンや暗号通貨はどんどん裾野を広げて徐々に徐々に広まっていくと考えるならば、

既得権益獲得層になるかもしれないじゃん?的なね。

 

詐欺などを防ぐために他人に暗号資産の取引を勧めたりするのには士業の資格がいるようになります。

なんて未来が待っていたとして、その士業になれるのは今触っている人たちなわけで。

 

 

ガチガチの規制に向かっていくのも、悪くないこともあったりするよ。というお話。

 

 

 

 

普通に使ってる分には多少面倒になることはあっても、知ってる人にとっては、今までどおり自由に使える暗号通貨。

って感じでこの先も行くと思うんだよなー。

 

 

果たしてそれがマネーロンダリングとかに対してどこまで効果が出るのかは分かりませんが、

規制なんてそんなもんじゃん?大抵。

 

ヤクザを規制するために色んな銀行とかの規制をガチガチに固めたら、そういうガチガチの規制をガチガチに守ったヤクザの収益源の外面ホワイト企業があるとかさ、漫画やドラマの中の話なのかもしれないけれど、あるじゃないですか。

 

悪いことする人たちのほうが頭いいんだから、

結局規制なんてしていったって、割を食うのは善良な一般市民たちで、

 

悪さをする人たちはそこの法律に抵触しないようにしっかり考えて、それは守った上で正々堂々マネーロンダリングとか犯罪とかするんだよ。

 

結局は政治のパフォーマンスですよね。

俺らは厳しくやってるよ!

って言う。

 

 

なので、あんまり気にしなくてもいいんじゃないかなぁ。と思うんですよ。はい。

 

 

 

 

ふぅ。

つらづら長文書くと気持ちが良い。

文章書いたりするのって、気分発散になって良いですよね。

女子会でダラダラしゃべくり倒してストレス発散っていうのも分からんではない。


nemlogおすすめ記事の紹介♪

この記事で使っている装飾方法が知りたい方は以下から選んでみてね!

その他装飾方法は【マニュアル】カテゴリもご覧あれ。

 

私が選ぶここ数日のオススメ記事

 

オススメnem雑学記事

 

オススメのタグ 

 

 

以上もお暇があれば見てみてね!


今日のNEMcolor

この前山菜採りに行った場所の施設に貼ってありました。

農業・林業・水産業

1次産業はハーベストっ!nemと相性良いですね!

身近なものから何でもNEMカラーを発見しよう!

【NEMCOLOR運動】実施中です。

 

結構ありますよ。

橙色水色黄緑色

が使われているもの。

 

みなさんも、見つけたら写真に撮って【NEMcolor】のタグを付けて投稿してみませんか?

Comment
やそ
やそ
2019-06-12 21:17:20ID:125281

>>7zoesan::さん
寝るのが一番ですよね!睡眠第一!
>>きなこ::さん
株でも何でもやってることを、仮想通貨だけ特別ってのは無理ですよねん。

きなこ
きなこ
2019-06-12 08:32:55ID:125182

その人の身に『もしも』のことがあった際も、
KYCによって資産が誰にも知られずに永遠に凍結されるリスクは減りそう💡
銀行でも株でもKYCは常識だから、ここはちゃんとやらないとだめだよね(^^)/

7zoesan
7zoesan
2019-06-12 08:24:30ID:125176

勉強になりました!
最後の長文ストレス発散法はよくわかりますが逆にペンが進まずたった2行も書けないときはストレスフルです、そんなときは寝るのが一番ですね。

この記事を書いた人
投げNEMしてますか?溜め込んでると爆発するって何処かで聞きましたよ。