connecting...
Google translation for articles :
14 NEMBER donated to you!!

アルトコインはどうなるのか、考えてみる

nem117xem (14) 221 8 2


こんにちは、ほなねむ@honanem)です。

昨日、このようなことをつぶやきました。

それに対して、このようなレスをいただきました。

 

これに対して、自分の考えていることを記事にまとめようと思い、書いてみました。

 

現在の相場は2015年の再来

 

ビットコインの値動き

「相場は繰り返す」とよく言われます。
2013年、キプロス金融危機により、ビットコインは注目され、大きく高騰したと言われています。
2014年、マウントゴックスがGOXし、相場は大暴落しました。誰もが絶望する厳しい相場が続きましたが、2015年に底打ちし、その後多くの人が知る通り、2017年にバブルが到来しました。

これはBTCUSD 週足のログスケールチャートです。2013年終わりの頂点がある山と、2017年のそれと、大変良く似た形であることがわかると思います。

このように、ビットコイン相場は約4年周期で似た値動きをするのではないかと推察されます。
また、2018年が「2014年の再来」で、大調整相場の年であったのと同じように、2019年は「2015年の再来」であると考えられます。
僕の今の基本戦略はこれを前提にしています。もちろん、絶対にそのとおりになると思い込むのは危険ですが、今までかなり似た動きをしてきた以上、細かい値動きは多少の違いはあれど、大部分は似た動きを続けると考えるのが自然だと思われます。

次にその2015年の動きを詳しく見ていきます。

BTCUSDの日足です。2014年はひたすら下げ続け、2015年頭にようやく底を打ちました。
2015年はライトコインの半減期がありました。今年もありましたね。
反転して上昇を始めるものの、ライトコインの半減期の少し前で大きく下がり、ライトコイン半減期辺りで再び底を打ち、その後はすくすくと上昇していく様が見て取れます。

ちなみにライトコイン半減期前の価格のピークは、ライトコイン半減期の43日前でした。
今年のライトコインも、約43日前にピークをつけて落ちています。まさに「相場は繰り返す」でしょう。ここまでピッタリになるとは…。
現在のビットコインは、2015年でいうところの「ライトコイン半減期前のピーク~ライトコイン半減期」間にあると思われます。
そのため一旦は下がるのではないかと考えています。
短期下、中長期で上、という予想です。

 

 

アルトコインの値動き

さて、ここからが本題です。「アルトコインはどうなんだ」と。NEMberとしても、気になるところです。
まずは半減期もあり、その年の話題の中心的存在だったライトコインの2015年を見ていきます。

LTCUSD 日足です。同じく、2014年は下げ続けた後、BTCのように…というか、ライトコイン自体の半減期ですので、事前に多くの思惑買いが入り、爆上げしています。半減期の前にピークをつけ、半減期まで下がり続け、底を打ちます。
が、問題はその後の動きです。ひたすらヨコヨコのレンジ相場が続きます。多少の上下はあるけれども、これはレンジ相場と言っていいです。BTCがスクスクと上昇していくのと比べれば、一目瞭然といえます。
なんと、2017年4月までひたすら横が続きます。その後爆上げが始まります。世にいう、アルトバブルの始まりです。

「ライトコインだけがおかしいのではないか?半減期があったからこのような動きになったのではないか?」という疑問がありますので、次はXRPを見ていきます。

XRPUSD 日足です。こちらもLTCと似た動きですが、LTCよりちょっと悪い感じですね。底打ちまでもっと時間がかかっています。ただその後の動きは、ヨコヨコです。2017年4月までそれが続きます。
アルトコインの値動きを見る上で、代表としてLTCとXRPを見たのは、2015年以前から存在し、現在も時価総額10位以内に入っているため、ちょうど良いかと思ったからです。

つまり、僕が最初のツイートでつぶやいた危惧の根拠はこれです。「相場は繰り返す」の目線で見た時に、アルトは同じように2021年まではヨコヨコなのではないかと…。

しかし、話は変わりますが、こうして見ると、2017年にアルトが馬鹿みたいに上がった理由がよく分かります。BTCと比べて、大きく出遅れており、低迷期間がとても長かったためです。低迷期間が長ければ長いほど、上昇のエネルギーは蓄積されています。
くわえて、2017年はICOバブルであり、ICOに参加するために、BTCやETHが買われ、そのBTCやETHでトークンが買われていた、つまりBTCやETHが価値を保ったままトークンが価値を持ち、価値が二重になり、クリプト全体の時価総額が膨れ上がっていた。これが2017年にバブル化した一番の理由だと考えています。
こういったことがあり、一気に何百倍にもなったのでしょう。

そして、その後は…大半のICOのトークンがチューリップの球根…いや、それ以下の、綺麗な花を咲かせることもない電子ゴミでありましたので、いつまでもそんなものが価値を持ち続けるはずもなく、暴落を始め、BTCやETHも「ICOのためのもの」という側面の価値を失い、大暴落が始まったことは…記憶に新しいところですね。思い出したくもないことですが。

 

 

アルトコインの将来性

話をもとに戻しますが、もちろん、僕は「アルトはもうだめだ、消える」「NEMは消える」などとは全く思っていません。
NEMはファンダメンタルズ的には様々な風評被害により、割安であると考えていますし、NEMの将来性というものは、調べれば調べるほど明るいものだと感じています。
が、相場の値動きとなると、果たして…?
「世の中でNEMが認められて、使われていくことで、価格に反映されていくはずだ」という考えはたしかにその通りではあると思う一方、相場というのはなかなか意地が悪いもので、そうならなかった経験も実際に何度かあります。
かなり長い時間軸で見ていけば、そのように収束していくかもしれません。もしかしたら、そうならないかもしれません。
それが相場なんです。

とはいえ、僕も半分ぐらいクリプト脳なので、別に対JPYで上がらないからどうだっていうんだ、って気持ちもありますし、別に2年ぐらいヨコヨコしてようが、どうでもいいっちゃどうでもいいんですよ。
NEMに将来性があると思ってるから、NEM経済圏で生きていきたいから、NEMが好きだから、XEMのHODLERやって、NEMberやってるんで、どうでもいいっちゃどうでもいいんですよ。
問題はその間BTCが尻上がりに上がっていくことです。
当方ど貧乏人です。使える資金には限りがあります。
「その間BTCを持っていたら、そのBTCでもっとたくさんXEM買えてたじゃん」と、必ず思うはずです。
NEMの将来性を信じているからこそ、もっとたくさん買える方法を考えるべきなのです。

これが最初のツイートの悲観的な部分の説明になります。
「じゃあもうアルトはしばらくヨコヨコするのは間違いないのか」と聞かれますと、そこは少し思うところがあります。
それがツイートの後半で書いたところ、「2015年はたった3%しかなかったアルトが、今や30~40%のシェアを得ており、成長はしてる…そこに小さな希望の光はあるかもしれん」です。
もちろん、アルトのシェアが伸びた一番の理由は「アルトの数が増えた」であるのは間違いないのですが、そうは言ってももはや完全無視できる存在ではなくなったと思います。BTCが進んできたように、遅れているのかもしれないですが、アルトもしっかりその道を進んできていると思います(スキャムは消えて、どうぞ)

「2015年の再来」である2019年に、もし違うところがでてくるとしたら、それはアルトなのかも?と思っています。
まあ、それに賭けるにはリスクがちょっと…ちょっと高い気がしており…。

ただ、「ヨコヨコ」「レンジ」って言っても、LTCでいえば2倍ぐらいにはなったりしてるので、十分ボラはすごいです。BTCみたいに尻上がりではない、ってだけで。旨味がないわけでもないですし、うまくやれる人なら十分と言えるでしょう。

とりあえずはBTCのみ触って、アルトシーズンが来たら高速手のひら返しかまして飛びつくのが王道戦略のように感じます。
ちなみにアルトが大きく上がる時は、新規マネーの流入が不可欠で、新規マネーにより買われるBTC>アルトを買うために売られるBTCとなり、BTCが対フィアットでゆるく上がるような状況になるはずです。
ドミナンスチャートや、ETHBTC、そしてこの辺動きを続けて見ていきたいところです。

 

 

悲観的なツイートが多い理由

ここまでは僕がしたツイートの理由を述べてきました。
赤いチャオチューブさんが仰るには、「色々な人の悲観的なツイートをここ一週間ほど見かけるけど、なんでですか?」とのことです。
イ◯ハヤ氏とか、聖剣伝説さんとか、その他の人たちとか、人それぞれ色々理由はあるんでしょうけど、まあ一番は値動きというか、BTCが一番上がってるからでしょうね。
NEMに関していえば、「開発が進んでいない」とか「NEM財団が潰れるからNEMに価値がなくなる」とか「スキャムだから」とかFUDに騙されてる人も多いでしょうしね。

あと、一概に「いい」「ダメ」と言っても、どれぐらいの時間軸で見て言ってるかは、人によって違うと思うので、短期的にダメだとか、長期的にダメだとかありますし、
単に値動きのみで「良い・悪い」を言ってる人と、「この世からNEMというチェーンは消えるんだ」という意味で言っている人もいるでしょうし、

ただ、イ◯ハヤさんがNEMに見切りをつけたのは正解だと思います。いや、逆神どうこうじゃなくて。
NEMは割安状態なので、上がり始めたらリターンはえげつないことになるのだと考えられますが、その分リスクも大きい銘柄です。リスクとリターンは必ず比例しますので、NEMはハイリスク・ハイリターンです。
今はかなり固いポートフォリオにしてるみたいですし、そもそもBTCやETHでも十分すぎるぐらい上がるはずなので、お金持ってる人はわざわざそんなハイリスク取りに行く必要はないと思います。まあ財力とかよく知らないですけど。

 

終わりに

以上、ツイートの説明でした。
別にそんな「まとめる~」とかいう程の大層な内容でもなく、恐縮ですが…。まあそんな感じです。
言うても未来は明るいんじゃないですかね?NEMがなんとかしてくれるよ。

 

 

ではまた次回!nemjoy today!٩( 'ω' )و.

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
オシラス
2019-07-12 10:42:03ID:132305

NEMはハイリスク・ハイリターンなんですねぇ。
参考になる記事でした!

ほなねむ@魔眼のほなコロ
2019-07-09 23:27:55ID:131647

>>mizinco::さん
NEMはどんどん良くなります、期待です!あとは世の中に受け入れれるだけ…。

>>BleRoom::さん
まあ…参考にはしないほうがいいでしょうね。それに…ねえ、待って!この人、「アルトは上がらないかもしれないし、上がるかもしれない」って言ってるわ!
なんだこれは…エセ占い師かな?

>>YUTO::さん
まあ結局本当はどうなるかなんて誰にも分からないですしね。いつでも高速手のひら返しをしていきます。
はやくもライトコインさんに、少し兆候が…LTCが前回の高値を越えてきたら、今回の心配は杞憂に終わる可能性が高まります。

>>ぷろんと::さん
僕も半分はクリプト脳ですし、NEM経済圏で生きていきたいのでそのご意見は分かります。しかし半分はトレーダー脳なので、NEMを素晴らしいものだと思っているからこそ、NEMをより多く買える方法を模索したいところです。
この記事に書いたことは、長期というか、1,2年スパンなので、ずーっと先を見据えた意見ではないのです。確かに未来はどうなるかわからないので、BTCが首位陥落するようなことがあったり、なんなら消えることも絶対にないとは言えませんが、僕はBTCを中心にあらゆるチェーンがゆるく相互に繋がり合う、超巨大クリプト経済圏ができるんじゃないかと考えています。
BTCは正直、送金需要としてはダメダメ、失格だと思います。BTCは「価値の保存」ですよね。送金部分は他のチェーンにやってもらえればそれでいいと思います。あとは、アルトの基軸として使われている。そんな感じかと思います。

>>ぺぺ::さん
性能が優れているものが必ずしも…とならないのが、相場の怖いところですね…。
BTCはブランド力があり、そして高い分散性があることが強みでしょうね。
まあ、「仮想通貨の相場には、ビットコが単独で強い時期と、アルトが強い時期があるので、うまく見極めて乗っかっていこうぜ」っていう感じのことが言いたかったんです。
NEMには変わらず無償の愛を注ぎ込んでいます。いや、無償ではないなw

ぺぺ
2019-07-09 13:31:35ID:131523

今のところBTC中心は不変だろうけど、使い道少ないし、何より電力使用多いから、絶対的な物でもないと思います。
性能やエコから考えるとnemがずっと優れてますね。

ETH、ADA、TRXみたいに強烈な創始者がいないのはnemもBTC(サトシは架空)同様で、より非中央集権です。

日本の多くの天才の方々がnemに触れてます。そして世界の誰もがnemで色々考えることができ、それらが拡散していくでしょう。

と、僕はnemのポジなとこで夢を見てます(笑)

ぷろんと
2019-07-09 13:23:28ID:131519

個人的に対法定通貨の価格で一喜一憂したりするのはそこまで意味が無いと思ってます。
確かに投資家目線だと価格も大事だとは思うのですが、NEMに関しては価格よりもちゃんとカタパルトに移行するかとか、社会でちゃんと使われていくかが大事だと思います。
今のところ時価総額ランキングのトップにビットコインが位置してますけど、その構図も長期的に見たら変化してもおかしくないと思います。
送金に特化したコインにそこまで明るい未来は無いと思います。

YUTO
2019-07-09 11:36:41ID:131508

2015年の再来といいつつ、その根拠は経験則にすぎないし、必ずしも2015年どおりにいくとは限らないことは、市場の不安定さを感じます。
NEMがどこかで上がってほしいけど・・・・

BleRoom
2019-07-09 10:24:36ID:131489

こういう個人的な雑感、読むの好きー!
参考にするかしないかは置いといて…この人はこういう風に考えてるんだな〜というのがわかるので(^^)
また書いて欲しいうぇ〜い🎉

mizinco
2019-07-09 08:58:36ID:131486

暗号資産のニュースツイッターーは情報が錯誤しすぎてて、あまり追えません…
なのでまとめ記事みたいなの非常に助かりますー٩(๑òωó๑)۶
今後のアップデートでnemがもっと便利になるようなので期待してます!

NEMber who posted this article

2017年2月からのNEMber
一緒に楽しもうnemlogを!今日も楽しい位置にでありますように!nemjoy today!٩( 'ω' )و.
#ほなねむGames #ほなねむオススメアプリ #hona×nemVision #心のブロックチェーンにきざみこみたい言葉
などをやってます
27320
0

Why don't you read following articles?

ほなねむ@魔眼のほなコロ's articles

12.145 XEM
67 9 0

7.2 XEM
113 5 0

2.45 XEM
70 0 0

0 XEM
49 0 0

32.0505 XEM
166 24 0