connecting...
Google translation for articles :
4 NEMBER donated to you!!

好きなギャグ、きらいなギャグ

nem3.40xem (4) 281 13 0

先日貼り付けたまいあんつに絡んでなんだけど、ホントしょーもない、上手くも何ともないギャグばっかりなのにクソみたいに笑けるのよん。

 

 

そもそも「ギャグ」っていうのは不思議なもので、どういう理屈で面白いのかがよく分からないのだ!

ダジャレや謎掛けのように、何かと何かが上手く掛かっているわけでもなければ、小噺のようなストーリーがあるわけでもない。
面白くなるメカニズムが分からないのヨー。

 

 

間寛平の「アメマ」とか志村けんの「変なおじさん」とかはちょっと分かる。あれは声とか表情がヘンテコで面白い。

林家こん平師匠の「ちゃらーん」もその系統かな? あれは別に面白くはないけど、なんか許せる。

 

 

 

まいあんつのギャグで特に好きなのは「無理が刻むよ16ビート」だなー。あれは分かってても笑っちゃう。
トークの流れから「無理」のワードが出てきて、そこからあろうことか「16ビート」につながる落差が面白いっていうことなのかな?
それとも突然現れた「16ビート」が、ややカッコイイ寄りのワードであるところが良いのかな?
鳥居みゆきの「ヒットエンドラン」にも同じような魅力がある気がするわ。

 

「豚バラヘリコプター」は流れとかまったく関係なくて、文脈を無視して飛び出すところが面白いんだけど、でも「自慢のギャグをどうぞ!」っていう流れでやっても多分おもしろくないよね。あれは先輩に怒られてるタイミングでやるから面白い。そういう意味ではやはり落差というか、意外性なのかしら?

上島竜兵の「くるりんぱ」は可愛いけど、あれもやはり一度怒ってからやる落差がいいのだと思うわけよ。

 

大木こだまの「チッチキチー」はどこで使っても意外性があって面白いからずるいケド、でも珍妙な言葉を言えばいいってもんでもないのよネー。

たむけんの「ちゃ〜」は安易にそれを狙ったものだろうけど、正直ヒドいと思う。

 

さかなクンとIKKOさんはパッと見社会不適合者なのに本業がマジメっていう時点で面白いからズルい。
でもおすぎとピーコと假屋崎省吾は好きじゃない。

 

 

面白くないけど嫌いではないギャグ

  • トゥース
  • ラーメン、つけ麺、僕イケメン
  • ゲッツ
  • ちょっと、ちょっとちょっと
  • だっちゅ〜の
  • キャイーン
  • オバケの救急車
  • ひぐちカッター

 

面白くなくて嫌いなギャグ

  • 宮迫です
  • グー!
  • 三瓶です
  • エビバディパッション
  • あ~いとぅいまてぇ~ん
  • ラブ注入~
  • 命!
  • あるある探検隊
  • ルネッサ〜ンス

 

これらは並べてみると「これで決めるから笑えよな」っていう押し付けがましさがあるものが嫌いで「まぁ挨拶だから聞き流してくれてもいいよ」くらいのテンションで来てくれるとこちらとしても助かるっていうことなのかもしれんのう。

 

「スベリ芸」とされている人は、上記のようなプレッシャーを放っていない時点で実は有利なのかもしれないけど、なんかむしろスベるからこそ面白さが増幅される場合があるのはとても不思議だ。

コウメ太夫なんか、面白さを期待して見ると吐き気がするくらいつまらないのに、つまらない人だと思って見るとクソ面白いんだもんなぁ〜

 

メイプル超合金が「ブパパ、ブパパ、ブパパー」という、スベる前提のギャグをあえてネタに組み込んでいるのも興味深い。

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
かせい
2019-08-13 21:15:56ID:139306

>>YUTO::さん
基本的にツッコんでくれる人がいると輝く気もするのう

YUTO.nem
2019-08-13 14:16:16ID:139270

コウメ太夫は脱力タイムズでみるポンコツな所が面白いw
多分、これが自然体だから面白さを感じるかな?

かせい
2019-08-13 10:18:42ID:139251

シルバーマンジム・・・
正義超人養成所ではないか

かせい
2019-08-13 10:03:18ID:139249

>>目指せ北海道::さん
それは知らなかったので見てみるワァ。
筋肉もつけたいしのう。

目指せ北海道
2019-08-13 09:45:41ID:139243

ワタクシ的には、アニメの「ダンベル何キロ持てる?」で最近笑い癒やされております。大変役に立つ筋肉教養アニメなんですが、どうしても笑ってしまいます。僕はちょっと変なのでしょうか?

かせい
2019-08-13 08:27:48ID:139228

>>新井マクト 🦎🦎🦎::さん
たしかに恥ずかしがらないのはとても大事よね!
めめたん!

かせい
2019-08-13 08:24:50ID:139227

>>やってみよう::さん
あのシチュエーションの効果もかなり大きいッスな。
先輩側は優しすぎてもダメだけど、「こんなこと言って大丈夫?」と思わせるほどこわい人でもよくないね!

新井マクト 🦎🦎🦎
2019-08-12 21:52:20ID:139135

ギャグってギャップの差が有るときに笑いが生じるのだと思う。
それと、少しも恥ずかしがらずにやり通すことは必要ですね。
メメタァ!
🦎🦎🦎

やってみよう
2019-08-12 21:04:48ID:139126

物怖じしない感じが良いですね。
まいあんつさんがギャグをやったら自動的に落差が生まれるように、
Aマッソがあえて緊張した雰囲気を作っているっていうのもあるかもしれませんね。

かせい
2019-08-12 20:16:10ID:139119

だからえっさんに関しては、「いつも楽しませてもらってます! ありがとう!」じゃなくて「またスベってるプププ」くらいに扱っておいたほうが結果的に面白くなると思うワケよ。

NEMber who posted this article

いいちこ
29388
0

Why don't you read following articles?