connecting...
Google translation for articles :
7 NEMBER donated to you!!

鹿肉を焼いてみた

nem29.70xem (7) 168 11 4

鹿肉を焼いてみた

 

こんばんわ!matsunoです。

先々週 新nember高知県で活躍中のちくぽかさんから

鹿肉をいただいたので調理してみました。

新しい素材を手に入れた場合マニュアルを読まずにスタートするのがmatsuno流です。

 

 

1日目.まずは、ちょっぴり焼いてみる

 

 

冷凍された状態で届きましたので、せっかくですので冷蔵庫に入れ2日間かけてゆっくりと解凍しました。

結果的に肉の繊維が崩れていない状態を保てたのでドリップが少ない?うまく解凍できたと思います。

 

 

どんな感じなのか全くよくわかっていないので、肉の癖を知るためにちょっぴりカットして

様子を見てみます。

脂身が見えない全くの赤身のようです。

香りは・・・・

豚のレバーに似たような香りですが、よりマイルドにした感じできつい匂いはありませんでした。

藁?のような草の香りが少し。血の香りが少しといったところでしょうか。

獣の香りはあまりしませんでしたので、食べやすいのではないかなという印象でした。

 

 

フライパンで塩コショウで味付け。

焼きすぎな気もします。

 

食してみると、なるほど、これがジビエなんですね。

まず、市販の牛肉や、豚肉に比べて全くといっていいほど脂肪がありません。

口に入れた感じ、生の状態だった時の豚のレバーのような臭みはなく、

強いて例えるなら、オーストラリアのアンガス牛肉の赤身に近い風味がします。

しかし、太い繊維質が無く、細かい繊維の赤身ですので、

牛の筋肉を噛んだときのようないやらしい食感ではなく

緻密な強靭な繊維を噛む滋味あふれた歯ごたえとなっています。

かすかに草の香りがするのが特徴なのでしょうか。

噛めば噛むほど、肉のうまみと風味が無くなることなくしっかりと味わえる

肉質のようです。比較的淡白ではありますが、決して味が薄いというわけではないので

、おそらく味付けを濃いめにするすることで味わいを増すのではないかというのが第一印象でした。

塩コショウでも十分美味しく、ビーフジャーキー?という感じです。

そんな印象を持ちながら1日目を終えました。

 

 

2日目 ステーキにしてみる。

 

大体印象が分かったので、ステーキにしてみることにしました。

ソースは、何となくこれ。果物系のあまいソースというのを一度やってみたかったのですが

本格的に作るには面倒で、コストも考えるとうーーん。という事で

思いついたのがカレーコーナーに売っているチャツネ100円!

とついでに玉ねぎペースト100円

これをチャツネ5に対して玉ねぎペースト1を混ぜてソースにします。

(開けて解ったのですが、チャツネはカレースパイスも入っているようで軽くカレー風味でした。ちょっと残念)

 

 

火を良く通したいのと、調理時間は短くがモットーなので

1cm厚ぐらいにします。

 

 

 

さて、ここで問題です。間違いではないと思いますが、

上記のカット処理で1手間抜けていたことがあります。それは何でしょう?

 

 

答えは、取り合えずおいておいて、またフライパンで焼いてみます。

 

 

 

 

焼き上がり!

美味しそうだけど、焼き肉みたいになってしまいました。

ここで、インターネットで鹿肉の処理方法他レシピをググります。

 

んー。この場合、周りの白い筋膜をナイフでそぎ落とした方が良かったらしい。

歯ごたえがあるのも好きだけど、その処理をするだけでも柔らかく焼けるらしいので

マニュアルに従って、周りをそぎ落とします。

余った筋膜は煮込み料理に使えるという事ですので、カレーを作るときに一緒に調理することにしました。

 

で、そぎ終わったのが、こちら。

 

 

 

ステーキっぽくなりました。

 

改めて・焼く

 

 

筋膜をそぎ落とすと、肉が変形することなく素直に焼き上げることができました。

 

 

 

 

盛り付けて食す。

味付けは、軽く塩コショウ、そしてnemstoreで購入した

こちらもちくぽかさん手作りの柚子胡椒(この季節は最高の調味料ですね!)

とお手軽なんちゃって本格フルーツソース

 

 

鹿肉は噛み応えがあって、噛めば噛むほどうまみがでるので

風味が残り続ける柚子胡椒は最高の組み合わせだったと思います。

脂肪質がほぼ無いので、肉を食べているという実感がわきます。

(ご飯が無くても平気なくらい)

 

 

 

こちらは、即席フルーツソース。

予定とは違ってチャツネにカレー風味があったのですが、

ちゃんとフルーツのうまみと、肉のうまみがうまくマッチしてくれました。

柚子胡椒はさっぱり食べられるのに対して、フルーツソースはコッテリといった感じです。

個人的な好みは、柚子胡椒ですね。

 

 

 

 

鹿肉を食べてみて

 

今回、ジビエという物を始めて食したわけですが、肉という存在が強く感じられました。

例えていうなら、市販の肉は清涼飲料のような感じで美味しく手軽にいただけるのに対して、

今回鹿肉というのはお酒。そんな印象でした。お酒はそのまま飲んでもおいしいですが、様々な料理に使って

相乗効果を出したり、地域によっていろんな顔を持つと考えます。そんな、偶然出会ったにせよ

ジビエという物に出会えるnemlog及びNEM界隈は新しい文化なのだなあとしみじみ思うわけです。

 

 

ご馳走様でした。ちくぽかさん。nemlogに感謝します。

 

 

 

おまけ

 

実は手作りの柚子胡椒はnemstoreで入手可能です。

 

 

 

 

 

天然のお茶づけ

・白米

・梅干し

・柚子胡椒

・そば茶(福島産)

 

これだけでも充分うまい。

と思います。

 

 

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
nem好き
2019-11-01 16:44:01ID:157145

>>matsuno::さん 焚き火してる時間はいいですよね、最近は火を焚くのは難しくなったけど。集まってるけど各自それぞれの世界に浸るっていうのもおつなもんですよね。

matsuno
2019-11-01 16:25:04ID:157143

>>nem好き::さん
キャンプ好きなんですね!
焚火したい!

nem好き
2019-10-30 23:32:54ID:156909

こんばんわ 筋膜とるのは包丁では難しそうですね、キャンプで使うナイフとかのほうが切りやすいかも。刃の研ぎ方が違うので繊維を切りやすいです。硬いならスーパーとかにお肉をやわらかくする酵素が売ってるのでそれを使って角切りでシチューも美味しそうですよね。以前すんでいたところでは普通に猪も鹿もいただいていました。猪はボタン鍋で鹿も鍋に入れたかも。いつか集まって飲み会したいですね。

matsuno
2019-10-30 19:11:13ID:156863

>>ちょこたろ先生(農民垢)::さん
美味しかったです!

matsuno
2019-10-29 23:54:04ID:156767

>>横浜の探偵::さん
豚レバーよりクセがないくらいですね。

>>ほなねむ@魔眼のほなコロ::さん
ありがとうございます!

>>ゼム🐳ゼム::さん
いえええええす!

ゼム🐳ゼム
2019-10-29 22:09:23ID:156745

・w・ステェエエエエエエエキ!

matsuno
2019-10-29 09:19:21ID:156633

>>ちくぽか::さん
おいしかったです!ご馳走様でした!
あと半分残っているので、後日カレーにしようと思います。

NEMber who posted this article

技術見習いの見習いアカウント
イベント創出課 なんでもイベントにしちゃいます。
理事兼務
34013
0