Wait a moment...

ブロックチェーン上に生まれるいろいろなトークン をもくもくする(2018-12-13)

37332
YUTO
nem0.00xem (0)
237
0
2020-01-13 13:14:27
ブロックチェーン上に生まれるいろいろなトークン をもくもくする(2018-12-13)

2018年のアドベントカレンダーをもくもくし、NEMについて学ぶと同時にカタパルトに関して予習をしていきます。
今回は、mincoshiさんのブロックチェーン上に生まれるいろいろなトークンもくもくします。

 

 

要約

トークンとは、代表的なものとして
 ・カウンターパーティトークン(ビットコインを使ったトークン)
 ・ERC20トークン(イーサリアムを使ったトークン)
 ・モザイク(NEMを使ったトークン)
があります。トークンはそれだけではありません。

(1) 貸し借りの記録
2人の間でブロックチェーンを使ってお金の貸し借りをすることは、2人の間でトークンを発行してブロックチェーンに管理させているのと同じです。

(2) アドレスもまたトークン
アドレスは、そのチェーンの中に必ず一つです。そしてその所有権を証明するには、それに紐づく秘密鍵で何かに署名するだけです。NEMの場合、元々そのアドレスに紐づく秘密鍵を知ってさえれば、そのアドレスに紐づく公開鍵(とそれに紐づく秘密鍵)を別の公開鍵に付け替えることができます。
 それを利用した仕組みが アポスティーユ と呼ばれる機能になります。


以上のように、見立てを変えると、擬似的にトークンを出す事ができてしまいます。それを考えると、自分でルールを立てて、何らかの性格を持ったトークンを生成する事もできます、

 

 

コメント

 トークンはnemlogではくじ引きに利用されたり、あきかさんがhoncoinとして実際の本との引換券として使われたりしています。
 また、自分でトークンを作って経済圏を作ることも可能です。そのように、トークンは使い道が多種多様になっています。
 SYMBOLがリリースされたら、ネームスペースとモザイクを発行してみようと思いますが、どう使えばいいのかはまだわかりませんので、一応発行してみて、遊んでみて、その中で使い道を考えてみたいです。

この記事を書いた人
NEMのユートピアを目指してるYUTOです!! nemlogでは、イベント情報のまとめ記事や、記事の感想記事を中心に書いています。 nemlogがユートピアになるように、着々と計画中です!! また、NEM HUBもしています。 https://community.nem.io/signup/jxWxyOo3ff/