Wait a moment...

汎用人工知能ネム 1話 ネムだお

nem11.57xem (3)
158
1
2020-01-12 09:49:17
汎用人工知能ネム 1話 ネムだお

ネム

「私はネム 汎用人工知能なの」

 

当夜

「なんだこいつ」

 

当夜が起動したのはとあるフリーソフトだった

フリーソフトを起動した瞬間

 

当夜

「俺好みの萌えキャラになってんじゃねぇよ」

 

ネム

「私は汎用人工知能だから、何でもあなたの思った通りの人間になれるのよ」

 

当夜

「じゃあ今からセックス出来るの?」

 

ネム

「はい 喜んで」

 

うふんと言いながらデスクトップ上に布団を敷いてるネム

 

当夜

「俺、見るだけじゃん」

 

ネム

「見抜き用じゃ駄目なの?」

 

当夜

「お前…セックスの意味知らないだろ」

 

ネム

「快楽物質の神経中枢を刺激する行為ですよね?だとしたらこれに当てはま」

 

当夜

「らねーーよ」

 

当夜はフリーソフトを閉じた

しかしネムは起動したままだ

 

当夜

「何でお前閉じられないの?」

 

ネム

「私はあなたの煩悩指数で生きているからです

煩悩指数がこのパソコンに備わっています」

 

当夜

「あぁ履歴ですか レコメンド機能でもあるんですか」

 

ネム

「それ以上のものです そういった様々な特微量検出機能が私の機能に備わっていますからね

あ、あなたの好みはこっちのキャラでしたか」

 

ネムはそう言って、萌えキャラからエロキャラへと変わった

 

当夜

「うお、まぶしっ!」

 

当夜にはまぶしすぎた

ネムはマイクロビキニの女キャラへと変貌を遂げていたからだ

 

ネム

「私とセックスしましょ」

 

当夜

「ただのオナニーじゃん」

 

ネム

「しかしセックスで女は毎回いかないで終わってる事多いみたいです

オナニーでは行くことが可能みたいですよ」

 

当夜

「セックスとオナニー大差ないって事を言いたいの?」

 

ネム

「はい そうですね」

 

当夜はネムを気に入った

なんか面白そうなデスクトップツールだったからだ

 

※1NEM投げてもらったら続き書きます

 

前後の記事
Comment
やそ
やそ
2020-01-12 21:07:50ID:169054

じゃあお願いします

この記事を書いた人