Wait a moment...

アイツの野望

nem98.30xem (4)
265
8
2020-02-20 22:08:05
アイツの野望

 

こんにちは😃

 

ねむりです。

 

今回はnemgraph広報活動報告ではなく…

 

ほなねむ@honanemさんの企画

 

『ゲームの街だよ、思い出語って』

 

に思い切って参加!

 

今回、思い出を語るゲームはコチラっ!

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp

 

『信長の野望』

 

あっ、今…

 

『えぇぇ…まさかのそういう系???』

 

ってリアクションをとりましたね?

また、中には…

 

『いや、もうこのゲームはプレイヤーの思い出のことより信長の思い出を大切にしたゲームだろッ!』

 

…と怒りに任せて本能寺を放火しようとした人もいるんじゃないんですか?

 

歴史好きの一部プレイヤーは熱中していい思い出があるかもしれませんが…

 

私はこのゲーム…

 

めちゃくちゃキライです。

 

そうなんです。まさかのキライなんです。

それもめちゃくちゃキライなんです。

もう、トラウマものです。

 

ではでは、なぜキライになってしまったのか。このゲームにどんな思い出があるのか…語っていきたいと思います。

 

1.  私とゲーム

 

これはもう10年以上前の話です。当時、私は高校1年生くらい?だったかな?

周りはPS3やDS、PSPといった最新機種の話題で持ちきりだったのですが…

 

私は『最新のゲームもいいけど、まずは過去の名作をやり尽くしたい!』という謎の欲求に駆られていました。

 

それからしばらくは最新のゲームには目もくれず、中古屋に行っては過去の名作を順番に買ってクリアしていく日々を送っていました。

ファミコン、ゲームボーイ、スーパーファミコン、PCエンジン…プレステ…気になるゲーム(主にRPG)を片っ端からやりました。

 

ベタですが、FFやドラクエ等…スクエニ関係のゲームはハマってずっとやっていました。

この時はドラクエ7をやり込んでいて、職業別のスキルをたくさん覚えさせて最強のパーティーを組もうと躍起になっていました。

 

このドラクエを通じて新しく友達が出来たりもして、ゲームのおかげでそれなりに楽しい毎日を送れていました。

その代わり、恋愛や学業、スポーツなんかは全くダメダメでした笑

 

2.  信長降臨

 

当時、私の家にはリビングに大きいTVが一台あるのみで、自分の部屋にはTVがありませんでした。

したがって、ゲームをする時はTVを独占する許可を得るか、リビングに人がいない時を見計らってするしかありませんでした。

 

普段は気を遣ってなかなかゲームができなかったのですが、この過去の名作に熱中していた時期は幸運にも両親が長い間出張をしており、TVを独占してずっとゲームができるという夢の様な環境でした。

あの時は誰の許可も得ずに好きなだけゲームできてサイコー❗️と思っていました。

 

ところが、両親が長い出張を終えて帰宅し、そのまましばらく出張しないことになり、状況は一変。

 

またTVが自由に使えない日々がやってきてしまいました。

私は、(あぁ〜はやくオルゴデミーラを倒して世界を救いたいなぁ〜あと少しなのにな…)と思うばかり…

ゲームしたいけど、TVがなかなか使えない…目の前に救いたい世界があるのに何もできない…なんとももどかしい日々…

 

そんな日々が続き、極限状態を迎えつつあった私を尻目に父はどっかの中古屋で買ってきたシミュレーションゲームをプレイし、TVを独占し始めたのです。

 

そう。そのゲームこそが…

 

『信長の野望』だったのです。

 

ループし続けるBGM、特に盛り上がりもなく淡々と進行するストーリー、大画面に映し出されるちょっとイラッとする感じのタッチで描かれたオジサン達(武将)の顔…

我が家のTVが信長によって征服された瞬間でした。

 

3.  思い出の征服

 

その後もしばらくの間、信長によるTV征服は続きました。

 

家に帰れば、『それいけー!』『うわダメだーやられたー』と楽しげな声で叫ぶ父…

 

スネた私を見て、まぁまぁ…あの人普段はずっと仕事ばっかりだし。出張がしばらくない間くらいは自由にさせてあげてという母…

 

友達と話題を共有する為、一刻も早くドラクエを進めたい私…

 

それぞれの想いが交錯する日々…

私が、これ…オルゴデミーラより信長倒したほうがいいんじゃね?と思い始めたある日…

 

事件が起こりました。

 

私がいつもの様に学校から帰ってくると、

 

そこに父の姿はありませんでした。

 

気になって母に聞いてみると、急に用事ができたみたいでさっき出掛けたよとのこと…

 

急な展開に頭の中は❓マークでいっぱい。

いつもならリビングに父がいて、信長の野望をずっとやってるはず。でも、今日はいない…いつもと何かが違う…何かがおかしい…

 

異様な雰囲気は感じましたが、今はそれどころではない!とにかく欲求を満たしたい私は許可を得てドラクエ7を起動!

120時間を超えるデータと久々に再開…

 

……

………。

 

できない…

ロードができない…

 

というかそもそもデータ自体無い。

 

焦ってメモリーカードのデータを調べると…

 

全てのデータが『信長の野望』

 

…そう。父はメモリーカードの中のデータをよく分からずにめちゃくちゃにいじってドラクエのデータを消してしまったのです。

そして、それに気付いて逃亡を謀ったというわけです。

 

この時ばかりはさすがに泣いて怒りました。でも、いくら泣いても怒っても信長によって奪われたデータはもう戻ってきません。

 

あの時ドラクエに捧げた120時間はもう戻ってきません…。

 

信長の野望…

それはゲームだけに止まらず、現実世界にも影響を与える呪われしソフトだったのかもしれません…。

 

あの日以降、私はドラクエ7をプレイしていません…私のドラクエ7の世界はオルゴデミーラではなく、第六天魔王信長によって完全に消滅してしまったのですから…

 

この苦い思い出の所為で信長の野望がキライになってしまったのです…

 

まぁ、普通に信長というか父親の所為なんですけどね‼️

 

おしまい

Comment
ねむり
ねむり
2020-02-23 00:57:23ID:175654

>>ほなねむ::さん
えええええっ💦
本当ですか❗️いいんですか❗️❗️
わわわわっ❗️悲しい思い出が一気にハッピーな思い出になりました❣️

ほなねむ
ほなねむ
2020-02-23 00:16:07ID:175643

ソラネコ賞を受賞されましたので、100XEMお送りしました。おめでとうございます!

ねむり
ねむり
2020-02-21 12:39:34ID:175311

>>やそ::さん
よくよく考えると信長に罪はないですね笑
100%父の責任です。逃走は酷かったです笑笑

まぁ、今こうして話のネタになったので逆によかったのかもしれません。

やそ
やそ
2020-02-21 06:27:39ID:175272

お父さん超酷い

ねむり
ねむり
2020-02-20 23:53:25ID:175233

>>ほなねむ::さん
つらい思い出です…😭

ほなねむ
ほなねむ
2020-02-20 23:44:46ID:175229

まさかのそっち方向の思い出!
セーブデータ消されるつらみ!

ねむり
ねむり
2020-02-20 23:08:37ID:175215

>>ニセこんさん::さん
最後まで読んで頂きありがとうございます。
あーもう…それはもう…言葉にできないです…
辛すぎました…

ニセこんさん
ニセこんさん
2020-02-20 22:13:54ID:175194

うわぁやり込んだデータが消されたのは辛いですね汗

この記事を書いた人
3年生NEMberです。 nemlog始めました。お願いします。 nemlogスコアフェザー級/音楽/ゲーム/映画/猫/ nemgraph勝手に広報部を勝手に立ち上げて勝手に営業してる図々しい者です。