connecting...
1 NEMberから投げnemがありました!!

NEMの永遠のライバルの話ですが、、、。

0.05
xem

自分が仮想通貨に投資をしたのは、2017年の5月の中頃。

 

最初に投資をしたのがリップル

 

その理由は国際送金などに使えるようで、日本の三菱東京UFJ銀行とも提携した!みたいな記事を読んで投資を決意しました。

 

海外投資で国際送金の手数料や時間が苦痛だった自分からしたら実現して欲しいとの願いもありましたが。

 

仮想通貨そのものを怪しんでいた自分の考えを変えてくれたのがリップルでした。

 

そのリップルが、リップル社が主催する「SWELL 2018」で仮想通貨リップルを利用するxRapidの商用化の発表が行われました!

 

ちなみに、リップル社の国際送金システム「xRapid」とは、仮想通貨であるリップルをブリッジ通貨として活用することで、現地通貨を保有せずとも送金が可能となり、新興国のマイナーな法定通貨を保有していなくても誰でも送金できるということになり、流動性を高めて送金コストを抑えるうえ、送金にかかる時間は数分となり、ブロックチェーン技術によって改ざんは不可能と言われています。

 

ちなみに、今までの送金方法に比べて40%から70%送金コストを削減できると言われています。

 

導入した企業は3社で、MercuryFXは、国際送金決済を行う企業で、Cuallixは、xRapidを試行した、米国とメキシコの間での送金を促進する企業で、Catalyst Corporate Federal Credit Unionとは、主に米国における1400以上の信用協同組合へ様々な金融サービスを提供する企業との事。

 

他にもアメリカの大手送金業者であるウエスタンユニオンマネーグラムは既にxRapidを用いた国際送金の実験を進めているので近い将来にこの2社もxRapidの導入の発表があるかもしれません。

 

リップル社のCEOは、「2019年には、より多くの銀行や金融機関がxRapidを採用していくことになる」という発言もしています。

 

仮想通貨リップルはある意味ようやくスタートラインに立った段階とも言えます。

 

気づいたら世界の送金システムに改革をもたらしていて誰もがリップルという名前を知る時代が近い将来にくるかもしれません!

 


95 views
nemlog リップル 仮想通貨 xRapid
2018-10-02 17:15:59
nem投げnem 通報

nemlogで記事を書いて 仮想通貨nemをゲットしよう!

nemlogは暗号通貨nemを使用した寄付機能付きブログ投稿サイトです。
ブログを通じてユーザー同士がお互いにnemを寄付しあえるような環境づくりを目指して、nemlogはスタートしました。
あなたもステキ記事を投稿して暗号通貨nemをゲットしてみませんか?

nemがもらえる各種イベントも盛り上がっていますので、この機会にユーザー登録してみませんか?

nemlogの無料ユーザー登録はこちらから新規登録

この記事を書いたNEMber

ボウイ
655
20代半ばから投資をして既に10年以上、投資の世界にいます。

ボウイとキューバが大好きです!

2009年にキューバ革命50周年にキューバを旅行しました。

だからといって社会主義者とかではないです。

モンゴルには、2007年に旅行して株式投資をスタートしました。

初の投資はモンゴル個別株です。

他の新興国にも投資をして2017年の5月から仮想通貨投資をスタートしました。

よろしくお願いします。
nem投げnem profile
4012