connecting...
3 NEMberから投げnemがありました!!
汁のR30指定遺言ブログ6発目「ゲーム」
nem2.00xem (3) 108 0 1
2018-11-07 20:31:03その他

スト2はザンギエフで


バーチャはウルフ


鉄拳はキングだった…


 


格闘格闘ゲームは大体プロレスでした。


 


わかるかなぁ…


 


わかんねぇだろうなぁ…


 


 


「イェー」


 


 


最近時間つぶしにゲーセンに行ってきました。


 


昔はね、楽しかったんだよ。


 


知らない人と筐体越しに向かい合い、負ければ悲鳴をあげ、時には灰皿が飛んできたり、筐体ごと押し込まれたりして、そこにはマナーなんてなかったゎ。


 


人種も様々で出所した人から公務員まで様々だった。


私達の時代にガチヲタの兄ちゃんがヤンキーの兄ちゃんに尊敬される場所なんかそこしか無かったかもしれん。


 


弾幕シューティング、格闘ゲーム、シミュレーション、RPG、と様々やったが一番危なかったのは「三国志大戦」だったなぁ。


 


カードを手に入れるタイプのゲームは初めてだったけど、何が危ないかと言うと面白さはさることながら、「散財スピード」がやばいのだ。


 


SRの姜維でデッキが組みたい!


などと言ってはやりこみ、挙句中古ショップで買ってみたりして大変だったよ。


 


その後はモンスターハンターばっかりやってたかなぁ。


 


モンハンにフルフルってモンスターがいるんですが、湿ったオチンチンみたいな奴で汁を垂らしてくるやつなんだけど。


 


白いモンスターだから、「アルビノ」と名の付くアイテムを落とすんですよ。


 


アルビノってのは「先天性色素欠乏症」ってやつらしくて、白いトラとか白いヘビとか人間にもそのアルビノの人がいるんですよ。


ロシアのアルビノの人なんかはそりゃあ真っ白でまるで妖精みたいです。


 


タンザニア辺りではなんと呪術の材料になるとかで、殺されてはバラされ高値で売られるそうです。


煮汁を使って…とか結構エグい。


 


他所の文化を否定するのって私はキライなんだけど、こういった悪習はなんとかならんかね。


 


三国志の話に出てくる諸葛亮が兀突骨達をやっつけてから帰ってくる時に河が氾濫していて、現地の人に相談したら「蛮族の頭を49供えると収まります」と言われる。


 


それを聞いた諸葛亮はコックに肉まんを作らせて、「今回は代わりに肉まんを供えます、上手くいったら今後は肉まんを供えるようにしなさい」と申すんですな。


 


祈祷を始めると河の氾濫は見事に収まり


その悪習は無くなり、「肉饅頭」が爆誕したとか…


諸葛亮「レシピは置いていくよ。バァーン」


みたいな。


 


三国志演義が真実かはさておき、こういうエピソードって良いですよね。


 


アルビノの人身売買も代わりになにかないかな?


白い…何か…


 


 


「白い恋人」


 


白い恋人を呪術の材料にしてもらえませんかね?タンザニアの呪術士さん!!


 


このネムログがタンザニアに届くと良いな。


 


 


 


結果何が申したいかと言うと、遊んでばかりのようで、意外なところで点と点が繋がって線になり、また線と点が繋がって面になって最後は立方体だよ?


そう言うことって結構あるからね。


いっぱい遊びなさい。


 


 


 


 


 

通報

nemlogで記事を書いて仮想通貨nemをゲットしよう!

nemlogは暗号通貨nemを使用した寄付機能付きブログ投稿サイトです。
ブログを通じてユーザー同士がお互いにnemを寄付しあえるような環境づくりを目指して、nemlogはスタートしました。
あなたもステキ記事を投稿して暗号通貨nemをゲットしてみませんか?

nemがもらえる各種イベントも盛り上がっていますので、この機会にユーザー登録してみませんか?

nemlogの無料ユーザー登録はこちらから
新規登録

この記事を投稿したNEMber

これは父から子へ(双子の男達)の遺言である。

しかしながら、30歳を過ぎ経験を積むまでは見てはならぬ。

虎の巻なのだ。

もしもの時の為に私の終活ノートにこのブログの事を記しておく。

何かにつまずいた時にきっと役にたつだろう。
4640

こちらの記事もどうぞ...