connecting...
Google translation for articles :
3 NEMBER donated to you!!

【解説】行動経済学の世界から問題ですVer3〜チョコを何個買いますか?〜

nem2.70xem (3) 351 6 3

どうも、うぇんじにあです。

 

皆さん、今回もたくさんのコメントありがとうございました^^

 

投げNEMについてですが、コメントくださった8名の方全員に0.85XEMずつ届くように投げNEMさせて頂きました!!

本当にありがとうございました^^

 

前回の記事ではこのような問題を出題しました。

 

問題:

あなたはみんな仲が良く、お互い助け合いながら生きている人口150人の村の一員です。(全員が知り合い)

普段、5XEMでチョコを販売している隣人の仲良いおばさんが、100個限定で村人向けに以下2つの売り方をしました。

あなたはそれぞれの場合、何個チョコを買います(もらいます)か?

 

  1. 無料でチョコを100個村人に配る
  2. 1XEMに割引してチョコを100個村人に売る

 

皆さんの答えはどのようなものだったでしょうか?

では、行動経済学の世界からの解説です。

 

結論を言うと、「無料の方を少なくもらって、割引の方を多く買う、傾向にある」と言うことになります。

 

無料は、社会規範

以前、行動経済学の記事で社会規範と市場規範というものについて解説しました。

市場規範:

 報酬ありきで利害関係がある中で人が活動する規範。

 資本主義の中で「お金」が見返りとしてあるから人が動く世界。

 例:企業が従業員に給料を支払うなど。

 

社会規範:

 無償で人が活動する規範。

 助け合い、思いやりの精神で人が動く世界。 

 例:人に席をゆずるなど。

 

この問題のケースの場合、無料のチョコをもらうのは、社会規範が適用された行動になります。つまり、思いやりによって成り立つ世界。

 

どういうことかというと、無料という選択肢を突きつけられた人の頭の中では、

「他の149人の仲良い人たちにもチョコが行き届いて欲しい。あまり数多く取らないでおこう。これからも良い関係性を続けたいし。。」

という心理が働くのです。

 

なので、そんなに数多く取ろうと思う事が少ない、ということになります。

 

割引は、市場規範

一方の、割引の方は市場規範が適用されます。つまり、自己の利益を最優先する世界。

 

なので、単純に変えるだけ多く買って自分が利益を得ようとする心理が働くのです。

 

そうなると、無料の時よりも割引の方が多く買うという結論になるんですね^^

 

仲良い人たちがいる、という条件を外すと??

今回、あえて意図的にも思われるであろう前提を設定しました。

「あなたはみんな仲が良く、お互い助け合いながら生きている人口150人の村の一員です。(全員が知り合い) 」の部分です。

 

この条件を外して、周りが知らない人たちしかいないとすると状況は一変するでしょう。

つまり、無料でも多くのチョコを掻っ攫いに行く人が増えます。

 

例えば、ECサイトで無料の商品が出たとしたら皆さん気を遣ってあまり多くの数買わないでおこう、という判断にはならないと思います。

なぜなら、同じようにその商品を欲しいと思う他人のほとんどをよく知らないから。思いやりの世界も何も無いですからね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

皆さんはどんな答えでしたか??

無料の方が少ない、という答えでしたか??

 

普段の経済活動はどのような心理が働いてなされているものなのかを知るのは楽しいですね^^

 

以下、今までの記事のバックナンバーです↓

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
うぇんじにあ
2018-11-18 14:44:10ID:9877

>>姉崎あきか::さん
コメントありがとうございます。
そうです、デートの話を例にして2つの規範について解説させてもらいました。
覚えてくださっていてありがとうございます!!

なるほど、これは難しいお題だ笑

でも、うぇんじにあの見解としては、
いいねボタン:純粋な思いやりで成り立つ社会規範
投げねむ:もらう時は自己の利益というインセンティブになるので市場規範、あげる時は思いやりの気持ちなので社会規範、つまり2つの規範のハイブリッド

となると考えています^^

うぇんじにあ
2018-11-18 14:36:49ID:9873

>>KATAKUNA::さん
コメントありがとうございます^^
社会規範をもとにおばさん向けの思いやりで持って、ブランド化して
市場規範でも成り立つようにする、
というストーリーですかね??

楽しそうです、新しい視点をどうもありがとうございました!!^^

うぇんじにあ
2018-11-18 14:35:02ID:9872

>>ZEM🐳ZEM::さん
コメントありがとうございますーー。
楽しんでもらえて光栄です^^

姉崎あきか
2018-11-18 03:13:05ID:9710

なるほどー。前に出てきた社会&市場規範の問題だったんですね(デートの話でしたよね)。つながりました!
ほとんどタダのような割引だとしても、完全な無料とは規範が異なる……ここから「投げねむ」と「いいねボタン」の違いについて何か言えそうです。何が言えるかというと……なんだろう(笑)?

KATAKUNA
2018-11-17 21:44:58ID:9557

無料のチョコを全部もらって、その代わり「おばチョコ」というブランドに仕上げて、更に市場を拡大。
いつか、歴史秘話ヒストリア風に「おばチョコは、たった一人の青年とおばさんによる、心温まる歴史があったのです」なんてストーリーになったら、市場規範と社会規範の相互作用的なことが起きそう(笑)
そんな想像をするのが好きです。

ゼム🐳ゼム.
2018-11-17 19:33:10ID:9534

・w・たのしい!
投げnemありがとうございます!

NEMber who posted this article

気象予報士兼IT企業リーマンのうぇんじにあです。
2017年12月に仮想通貨とブロックチェーンの世界に魅了されて、
その頃からずっとNEMを応援し続けています^^
世界の人に経済に優しいNEM、もっと広まれ〜〜〜〜〜〜
7269
0

Why don't you read following articles?