connecting...
5 NEMberから投げnemがありました!!
パチンコ番組のチャンネル登録者数とレジャー白書2018
nem2.65xem (5) 166 4 3
2018-11-25 06:03:21エンターテイメント

YouTubeのパチンコパチスロ番組というのをご存知でしょうか?


なぜこのような番組ができたかと言いますと、射幸心をあおるという理由でパチンコ屋による新聞広告やTVCMの規制が入った為使用する広告媒体をネットに移したのがきっかけなんですが


インターネット番組として演者と言われる出演者にパチンコ屋への来店告知を行ってもらうという形に変わりました。


 


この中でも老舗の


アローズスクリーン(設立 2011年)のチャンネル登録者数が2018年11月現在で35万人


でちゃうWEBチャンネル 29万人


DMMパチタウン 21万人


スロパチステーション 79万人


1GAME 34万人


BASHTV 29万人


P-martTV 34万人


janbaritv 55万人


ScooP!tv 35万人


などなどあるんですが、基本的には演者がパチスロを打ち遊戯内容をネット配信するだけなんですが、パチスロの性質上演出が発生するので番組構成がトークだけに偏らずに済み視聴者が同感しやすい番組となります。


また、アローズスクリーンのシーサ。などの演者は、それまでパチスロ雑誌と言われる元からある媒体出身ではないタレントが出演しており、パチスロ雑誌で連載していたライターよりも知名度はネット配信で先行していたシーサ。のほうがあるという逆転現象が起こっています。


 


パチスロ番組を配信する会社の収入としては、新聞テレビに今まで支払われていた広告料や、ネット配信による視聴回数に応じた収入、また筐体を作成している会社の各イベント出演料、アイテム販売また演者のタレント化によるイベント派遣を主にした収入となっています。


中にはパチンコ屋からの広告料を貰わずにネット配信とイベント出演だけに特化した番組もあったりなどもあり、今ではパチンコ業界とネットと言うのは切り離せない関係であるともいえます。


 


そんななかで、出玉規制や都道府県によりますがネットでも店の告知が事前にできない府県がでてくるなど、規制が厳しくなってきている昨今です。


 


公益財団法人 日本生産性本部「レジャー白書2018」より


パチンコホールの売上、参加人口、活動回数ですが



平成7年より売り上げは-30%、遊戯人口に至っては-70%となっていますから、いかに今いるユーザーの使う金額が大きくなっているかというのも見てとれます。


パチンコ屋と言うのはいわゆる三店方式と言われる超絶ブラックな換金システムがあったり、警察職員の天下り先としてもパチンコ業界団体があるなど利権の温床いう面も言われて久しいですが、アミューズメントに特化したネット配信による視聴料という今までのパチンコ業界に無かった資金の流入も見逃せないのは、先ほど上記で紹介したチャンネル登録者数の人数からも判明するところではあります。


 


 


 


これはシーサ。さんの動画ですが、視聴回数350万視聴over



 


多分今一番面白い動画を出してくる1gameヨースケによる動画



 


なんと500万視聴over


チャンネル登録者数以上の視聴数をたたき出しています。


 


むりくり暗号通貨界隈と比較してみようとしても現状比較にならないです。


両界隈とも規制が進んでいるとはいえ、アミューズメントとしてのコンテンツでは一歩も二歩もパチンコ番組が先をいっている部分は参考にしていいのではないでしょうか?


 


 


これだけ言えるのは


僕の知っているトレーダーの方で元パチプロのトレーダー率は異常

通報

nemlogで記事を書いて仮想通貨nemをゲットしよう!

nemlogは暗号通貨nemを使用した寄付機能付きブログ投稿サイトです。
ブログを通じてユーザー同士がお互いにnemを寄付しあえるような環境づくりを目指して、nemlogはスタートしました。
あなたもステキ記事を投稿して暗号通貨nemをゲットしてみませんか?

nemがもらえる各種イベントも盛り上がっていますので、この機会にユーザー登録してみませんか?

nemlogの無料ユーザー登録はこちらから
新規登録
NEMberのコメント

ふかつ

ふかつ
2018-11-26 14:02:36ID:12147

>>sasuke0025::さん
オープンなブログなので全然かまいませんよ!報告ありがとうございます

sasuke0025

sasuke0025
2018-11-26 04:45:12ID:12108

おはようございます。 こちらの記事をボクのブログ記事で紹介させて頂きました。
事後報告となりますがよろしくお願いします。

ふかつ

ふかつ
2018-11-25 13:01:02ID:11883

>>sasuke0025::さん
小規模店は駆逐されて久しいです。それは商店街などのお店も同じの流れですよねえ。
余かで使うお金自体がもう枯渇してきてるんじゃないでしょうか

sasuke0025

sasuke0025
2018-11-25 09:35:08ID:11791

パチンコはもう何年もしていないので、店内の現状は分かりませんが、データ通りだとすると一人当たりの金額が増えているのですね。
しぜん、リターンの金額も減ることになるでしょうから今後、更に衰退して行くような気がします。
また、業界も1パチや0.5パチなどのギャンブル要素を抑え、老人を取り込もうとしているようですが、多分パチンコ店の儲けはでないでしょうね

この記事を投稿したNEMber

暗号通貨の投げ銭というキーワードに興味を持ったのが2016年、本格的に暗号通貨界隈に参入したのが2017年2月。暗号通貨の雑記を書いて1年半で今はとりあえずnemlogを中心に何かしらのブログを書いてます。
クリプト歴ヲタ同好会会員です
7784