connecting...
Google translation for articles :
4 NEMBER donated to you!!

【NEMを使っておくれよ】大学発の仮想通貨プロジェクト!?またまた参加してきました!!

nem5.45xem (4) 377 4 2

 

※この記事は私のブログでも書かせていただいたのですが、ほとんど内容は同じです。

ただ「6.なぜBTC?」の部分は少し変えさせていただき、私の書きたい本音を付け加えてみました。

私のブログを読んでくださった方がいらっしゃいましたら「6.なぜBTC?」まで飛ばしてください。

 

こんちには。かずです。

今回は、近大発仮想通貨創出プロジェクト~学びをお金に変える~の説明会に参加してきました。

 

参加時に配布された書類が上記のものなのですが、カバンの中でぐちゃぐちゃになってしまいました...

 

仮想通貨・ブロックチェーンがもう大学にまで広まってきていて、本当にここ1,2年の発展は目まぐるしいものだと感じています。

 

さて、今回のプロジェクトが

 ・どんな目的なのか

・どういった内容なのか

を書いていきたいと思います。

 

 

 

1.プロジェクトの目的は?

今回のプロジェクトの目的は「アカデミックシアターの活性化・学生間交流の発展」だそうです。

 

アカデミックシアターとは簡単に説明すると、近畿大学内に建設された建物で、「図書館のように本がたくさんあるが、カフェもあり、イベントを行えるようなブース(部屋)や自習室もある」といった感じでしょうか。

 

アカデミックシアターには、7万冊もの多彩な書籍があり漫画もたくさんおかれていて、DVD鑑賞もできます。

 

近畿大学お金もってますね...

 

漫画も読め、DVDを見ることもでき、カフェまであるなんて授業のあいまなどの暇つぶしにはもってこいのアカデミックシアターですが、今回のプロジェクトでは学生間の交流も重要視しているようです。

 

これは、私の主観なのですが「大学生って自分の学部・学科の友達との関わり合いって多いけど他学部との交流ってあんまりないよね」と感じています。

 

サークル、部活などで他学部の関わり合いなどはあるかもしれませんが、それ以外って関わることはあまりないはず。

 

ということでこのプロジェクトは、多くの近大生が活用する「アカデミックシアター」の活性化と学生間の交流が取りやすい環境づくりを目的としたプロジェクトとなっています。

 

 

2.プロジェクトの内容は?

今回のプロジェクトは、近畿大学(経営学部生・理工学部生)×アクセンチュア(企業)との共同のプロジェクトで、将来的に近畿大学内や近大通り(近大最寄り駅の長瀬駅から近大への道の通称)での使用を目指しています。

 

そして、今回はアカデミックシアターを使っての実証実験でまだまだテスト段階です。

テスト段階からこういうプロジェクトに関われるのはうれしいです。

 

プロジェクトの内容を箇条書きでまとめると、

 

 (投稿者の場合)

・アカデミックシアター内での自分の活動をタイムラインに投稿する

その投稿に対し、他社から3コメントのリアクションがあれば100円分(0.0002BTC)を貰える

 

(コメントする側の場合)

・タイムラインの投稿に応援・共感したらコメントをする

・それを3回行うとクイズ券がもらえる

クイズ券1枚でクイズに1回の回答ができ、正解するとビットコイン100円分(0.0002BTC)を貰える

 

(投げ銭システムもあり)

・タイムラインで助けてもらったり、自分の勉強・イベントを手伝ってもらった人に投げ銭機能で個人間の送金も可能

このシステムを用いてスキルを買うことができる

 Twitterのようなアプリを用いて行うようです。(ツナトークというらしいです。独自のアプリかな?)

 

投稿・コメントするアプリ(ツナトーク)とウォレットアプリは別で2種類のアプリをダウンロードしなければならないようです。

 

ここが少々めんどくさいところかな。

 

もらったBTCはアカデミックシアター内の2つのカフェで使用可能で、ウォレットアプリを使用しQRコードで支払いをします。

 

その際、送金手数料を5円・50円・500円から選べ、最低でも5円は手数料を払わなければならないようです。

5円てたっか。

 

注意としては、アカデミックシアター内での活動限定ということ。家で勉強してます、などはNG。

ただ位置情報などのシステムは組み込めなかって為ウソをついてもばれないようす。

あまあまやないかい。

 

 

投稿の例としては、「今からTOEICの勉強します!」や「アカデミックシアター内のブースでこんなイベント開催します!」などを投稿します。

 

その投稿に、「頑張ってください!」や「イベント参加希望です!」などコメントが出来るということらしいです。

 

 

 3.費用はどこから?

まず、はじめに思ったことが「100円分のビットコインってどこが負担するの?」でした。

 

どこからともなく、BTCが湧いてくるわけでもないですし、降ってくるわけでもありません。

 

その答えは「アカデミックシアター側が負担する」というものでした。

学生側には何の負担もなくメリットしかないですね。

 

しかも、アカデミックシアター側が負担ということは大学側が負担するということ、、、

近畿大学お金持ってますね(2回目)

 

 

4.クイズってどんなクイズ?

3回コメントしたらもらえるクイズ券。

どんなクイズが出題されるかというと「未来に関する時事問題」だそうです。

 

例えば「フィギュアスケートで優勝するのは誰?」とか「○○動物園のパンダの名前は何に決まる?」です。

 

説明を聞いてるときは「ふーん」くらいにしか思わなかったのですが、今ふと考えてみると、これその場で正解・不正解わからなくないですか?

 

何日か待たないといけない感じなのかな?また運営側に質問してみます。

 

あと不正解だとクイズ券を失うみたいです。ただ学生側にはデメリットはないので特に問題はありません。

 

 5.このプロジェクトの面白い点

このプロジェクトの説明で「おお!それはいいな!」と思ったことがあります。

 

それは、勉強が価値を持つスキルを買うことが出来るということ。

 

「何を当たり前なことを言うんだ。勉強したら知識が身に付きそれが価値になるだろう。」という人もいるかもしれません。

 

そういうことではなく、「今まで勉強している最中に発生する報酬は0円だった」のが活動を投稿することにより報酬が発生する。ことがあるのです。

 

「今から経営学の本を読み経営について勉強します」と投稿し、3コメントもらえれば100円分のBTCがもらえるので、3コメントもらえれば自分がした勉強に報酬がでます。

 

学生側の勉強に対するモチベーションは確実に上がりますよね。

 

スキルの交換では、自分はこういうアイデアがあり運営の方法も知っている(経営知識)という学生がこのサービスを使ってアイデアを形にできるスキル(プログラミングなど)を持った学生を探すことが出来ます。

 

(経営知識)を持つ学生が(プログラミング)スキルを買うことが出来るということです。

 

投げ銭システムで、「こういうシステムを作れる方を募集しています!手伝っていただければ2000円分払います!」とかができるということですね。

 

これが広まれば、今までアイデアはあるけどスキルがなく行動することを諦めていた学生スキルはあるけど特にアイデアはない学生も積極的に活動することができます。

 

いいこと尽くしじゃないですか。

まだまだテスト段階だそうですが、ぜひとも広まってほしい。

 

 

6.なぜBTC?

私の勝手なイメージですが、BTCって送金手数料が高い印象があります。

実際、今回の実証実験でも送金は最低5円と200円のコーヒーを買うなら205円必要です。

 

そして、仮想通貨といえば「価値変動」が激しい点については気になるところです。

 

他に送金手数料安い仮想通貨あるんじゃないの?暴落したらやばくない?と思っていたら運営さんから回答がありました。

 

BTCは最初にできた仮想通貨で、開発するためのコードも多く開発しやすいから。

価値の変動については今回は1BTC50万円で価値を固定して計算している。

ということでした。

 

 

ふむふむ。開発についてはそれならば仕方がないし、価値についても実験段階だから特に問題はないのかな。

 

では今後使える通貨の種類は増やすの?と質問してみたところ、

 

・種類を増やすと費用もかさむので増やす予定はない。ただ、「近大コイン」を作って実装するという案はある。とのことでした。

 

近大コイン...近畿大学の独自通貨かぁ。

話題性もあって「近大マグロ」、「近大みかん」と近大ブランドが大好きな近畿大学なら本当にやりかねないですね。

 

ここで1つ思ったことがあります。

独自通貨を作るときって、存在する仮想通貨のブロックチェーンを用いて作ることってありません?

 

私の知識が間違ってたら申し訳ないのですが、NEMのMosaicでトークンを発行してそれを「近大コイン」にするって可能じゃないですか?

近畿大学がNEMを用いる絶対的な保証はないですが、NEM財団io. japan country Leaderの古賀氏はつい最近に近畿大学でブロックチェーンを学ぶイベントを開いていますし、NEMと近畿大学とのつながりは十分にあります。

 

そして、NEMの特徴としては「誰でも使いやすいブロックチェーン技術を搭載している」ということ。

もし、学生が独自通貨を作るのであれば「使いやすさ・作りやすさ」は必ず重視するはず。

 

これってNEMにとって重大なチャンスなのでは?

大学初のコインとして使われれば、全国の他の大学も独自通貨を作る際にはマネをするはず...

一気にNEMが広まるチャンス!?

 

少し行き過ぎた妄想かもしれませんが、夢を見たっていいですよね。

 

 

 

最後に

私自身、こういったプロジェクトの実証実験に参加できたことは非常にうれしいですし、今後が楽しみです。

 

しかし、問題がたくさんあることも事実です。

 

実験段階だからいいものの、今後本格的にサービスが始まるとしてBTCのままだと、やはり価値の固定は難しいでしょう。

 

クイズでもその場で当たりがわかる問題の方がいいでしょうし、アプリが2つあるのもめんどくさい。

 

愚痴のようになってしまいましたが、この実証実験が開始されるのは12月3日にツナトークが12月5日にウォレットアプリが配信されます。

 

期間は12月12日までなので、実際は1週間程度の運用になりここでさらに問題も可視化すると思います。

 

私が卒業する3月末までに、本格的にサービス開始とかは難しいかなぁ...

 

仮想通貨・ブロックチェーンが広まってきたことを実感できるプロジェクト。

実証実験期間内もアプリを使用してみて感想を記事に書こうと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おわり

 

Twitter・ブログやってます。よろしければフォロー、閲覧していってください。

暇人大学生かず 雑記 Blog

かず🍵くりぷと大学生

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
かず
2018-11-30 21:25:03ID:12830

>>珈琲ねむりや::さん ありがとうございます😊
お褒めにいただきとても光栄です!

モザイクの作り方見させていただきました。
プログラミングスキルなども必要なく本当に簡単に作れるんですね^^
今度作ってみます!

予測市場ですか…
その発想は全くなかったです。

珈琲ねむりや
2018-11-30 10:32:13ID:12751

こういうレポート、読んでてすごく面白いです!


モザイクの作り方は、こちらのページが分かりやすいですよ。30分もあれば作れます!
https://business-infinity.jp/nem-mosaic-howto/

モザイク作るためには100xemちょっとの費用が必要になるんですが、Nano Walletを作る際にnemlogの秘密鍵をインポートすれば、投げnemでもらった分をそのまま使えるので便利だと思います。


勝手な想像ですが、クイズの問題が未来のことになっているのは、予測市場に使用するための実験を兼ねているのかも?
参考→http://touroukawaii.hateblo.jp/entry/PredictionMarket

かず
2018-11-30 08:09:44ID:12738

>>やそ::さん 近畿大学はほんとうに色々やりすぎてて何を目指しているのかわからない感じです。笑

知識0の私でも作れる感じなんですか?
そんなに簡単なんだ…

やそ
2018-11-30 05:09:51ID:12721

近畿大学って、マグロから始まり、なんだか最近色々やっててカッコいいですね。成功するからお金が貯まり、より自由に活動できるようになり、人も集めて教育できるようになり、また成功する(かもしれない)。今教育現場に足りないのは圧倒的にお金ですからね。
うちの地元で「きんだい」と言えば「金沢大学」ですが、「近畿大学」が取って代わる日も来るのかしら??

かずさんが、ネムでモザイク作って、これどうですか?って大学当局に持ちかけてみるのどうですか??誰でも作れますよ?

NEMber who posted this article

まだまだNEMを知ったばかりの初心者です!よろしくお願いします!
7958
0