connecting...
1 NEMberから投げnemがありました!!
アームストロング砲をいち早く造った佐賀藩の「ものづくり力」
nem0.05xem (1) 128 0 1
2018-11-29 00:39:10歴史


この記事は「武田邦彦ホームページ(https://takedanet.com)」より2010年10月6日分(https://takedanet.com/archives/1013800706.html)を 転載し,編集したものです。

 


武田邦彦(中部大特任教授)

 

 東洋のはずれ、長崎海軍伝習所で武士を相手にオランダ技師の教練が始まった頃、アームストロング砲がイギリス国で発明されていた。(中略)

 

 

アームストロング砲は、砲身の後ろから連続的に砲弾を込め、螺旋状に切った条溝を通過して回転しながら飛び出す仕組みである。(中略)

 

 ところで、佐賀藩は進取の気風に富み、長崎防衛の任にあったこともあり、アームストロング砲にことのほか熱心だった。

 

 戊申戦役・上野の山の戦いでは、長州藩の大村益次郎が攻撃の指揮を執り、2門のアームストロング砲が本郷台から不忍池を越して寛永寺に打ち込まれて、彰義隊が大いに精神的に打撃を受けたが、これも佐賀藩のものだった。(中略)

 

 佐賀藩主・鍋島直正はペリーの浦賀来航の3年前には、すでに領内に日本最初の反射炉を建設し鋼の製造を重ね、自らの藩でアームストロング砲を鋳造した。

 

 この佐賀藩の「アームストロング砲鋳造」は佐賀藩の反射炉で製造した鉄を使った砲で、19世紀の半ばにアジアの一国、それも佐賀藩というさして大きく無い地方の政府が独力で製造したことに「ものづくり」に特別の関心を寄せる日本社会があったと考えられる。

(中略)

 

 

 製鉄と言えば、安政2年にイギリス国のベッセマーが転炉を発明している。19世紀の初め、トレヴィシクの発明した高圧蒸気機関発明は巨大な鉄の容器を求めたのでイギリス国の鉄工業は隆盛を極めていて、それがベッセマーの転炉の発明につながる。

 

 この製鉄の技術は戦闘用武器の発展に結びつき、ヨーロッパの軍事力を飛躍的に高めていった。これに対して、アジア・アフリカで追従できる国は日本以外にはただの1カ国も存在しなかった。(中略)

 

 鉄鋼の技術を擁して、ヨーロッパ列強がアジア・アフリカを席巻し植民地化した勢いから考えれば、開国からまもなくして、日本が植民地になるのは確実と思われた。

 

 日本というこの小さな東洋の島国は、250年にわたって鎖国を続け、蒸気機関や火力の強い武器もなく、サムライと呼ばれる刀を差し、甲冑に抜刀という弓矢で戦う武士軍団を形成していた。

 

 それらはヨーロッパの圧倒的火力の前に、これまでのアジアの諸国と同様、たちまち植民地となり傀儡政権ができて何らの不思議もない。(中略)

 

 イギリスが中国を理不尽な理由で攻めたアヘン戦争の激戦、鎮江の戦いでは、イギリス軍の損害37名に対し、清国は1600名の損害をこうむっている。それが19世紀のヨーロッパ列強とアジア諸国との間の戦いの哀しい現実であったのだから、日本の植民地化は時間の問題だった。

 


通報

nemlogで記事を書いて仮想通貨nemをゲットしよう!

nemlogは暗号通貨nemを使用した寄付機能付きブログ投稿サイトです。
ブログを通じてユーザー同士がお互いにnemを寄付しあえるような環境づくりを目指して、nemlogはスタートしました。
あなたもステキ記事を投稿して暗号通貨nemをゲットしてみませんか?

nemがもらえる各種イベントも盛り上がっていますので、この機会にユーザー登録してみませんか?

nemlogの無料ユーザー登録はこちらから
新規登録

この記事を投稿したNEMber

私は大学では物理学を専攻し、宇宙や素粒子についてを学びました。

nemlogでは物理学を中心としたサイエンスや仮想通貨、ゲームの事など色々書こうと思っています。

1日1個以上、記事を投稿します。

まず目標は1万XEMを手に入れる事です。

気に入った記事には積極的に投げXEMに参加します。
8009

こちらの記事もどうぞ...