connecting...
Google translation for articles :
4 NEMBER donated to you!!

【子育て】自由(じゆう)に発想(はっそう)しよう!常識(じょうしき)なんて古(ふる)い

nem2.18xem (4) 162 4 2

 君(きみ)は、常識(じょうしき)って聞(き)いたことあるかな?
 
 辞書(じしょ)で調(しら)べると、
「普通(ふつう)の人(ひと)がみんなもっている、普通(ふつう)の知識(ちしき)」だって。
 
 
 
 でもね、いま世の中(よのなか)はすごいスピードで変化(へんか)しているね。君(きみ)はそれを感(かん)じたことがあるかな?
 
 
 
 たとえば、スマホ...
 今(いま)はあたり前(まえ)だけど、11年前(ねんまえ)に発表(はっぴょう)されたiPhone(アイフォン)が最初(さいしょ)のスマホだよ。
 
 
 
 むかしは夢(ゆめ)のような商品(しょうひん)だったんだよ。
 
 
 
 たとえば、今(いま)ある仕事(しごと)のうち、およそ半分(はんぶん)がなくなる・・・ それも、これから10年(ねん)から20年(ねん)の間(あいだ)に。そんなことを言(い)う学者(がくしゃ)さんがいるよ。
 
 ※気(き)になる人(ひと)は「オズボーン 雇用の未来」で検索(けんさく)
 
 
 
 だから、今(いま)あることがこの先(さき)ずっとは続(つづ)かないんだ。
 
 
 
 もし、君(きみ)が思(おも)いついたこと、想像(そうぞう)したこと、これをだれかに話(はな)したとする。
 
 
 
 「え、そんなことあるわけないじゃん」
 
 
 
 って言(い)われても、気(き)にしなくていいよ。
 
 確(たし)かに今(いま)はそうかもしれないね。
 でも、5年後(ねんご)は違(ちが)うかもしれない、10年後(ねんご)は違(ちが)うかもしれない。ひょっとしたら5年前(ねんまえ)はそうだったけど、今(いま)はもう違(ちが)うことだってあるよ。
 
 
 
 たとえば、いまは学校(がっこう)で英語(えいご)を学(まな)ぶよね。
 
 
 
 5年後(ねんご)はどうなってるかな?
 
 
 
 スマホのような機械(きかい)がぜんぶ通訳(つうやく)してくれるから、外国語(がいこくご)を学(まな)ぶ必要(ひつよう)がなくなっているかもしれないよ。
 
 
 
 たとえば、修学旅行(しゅうがくりょこう)に行(い)くよね。
 10年後(ねんご)は小学校(しょうがっこう)の修学旅行(しゅうがくりょこう)は月(つき)かもしれないよ。
 
 
 
 常識(じょうしき)なんてくそくらえ。
 
 
 
 自由(じゆう)発想(はっそう)しよう!

 
 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
楽園創造家こーじー
2018-12-06 20:45:55ID:13920

>>shinobu::さん
コメントありがとうございます。
そうですね。もちろん、過去の叡智の中で、不変のものもあるでしょう。そちらは引き続き利用していくべきでしょう。しかし、どんどん変化しているものもある。そんな中で何を見て、どう判断するかが問われる時代だと思います。ご自身の意見、アイディアを出すこと、とてもいいですね。そして、それに対していろんな意見を貰えるでしょう。そしたら、また考えればいい...そう思います。

楽園創造家こーじー
2018-12-06 20:42:30ID:13919

>>目指せ北海道::さん
コメントありがとうございます。
素晴らしいですね。先見の明、10年先を考えて行動をする。
今を見ていては、行動を見誤ります。ましてや、過去を見たまま考えを変えない大人も多いですね。

目指せ北海道
2018-12-06 12:09:20ID:13886

僕の研究は、10年前はだれも興味を持ってくれませんでした。5年前には、夢だと言われました。3年前に、ちょっとやってみようかなと思う人が出てきました。そして今、ようやく会社を作れそうなくらいになってきました。今、僕は次の10年先の事を考え始めています。未来に不安を抱く子どもたちに伝えたいのは、まずやってみてから考えようという事かもしれません。

shinobu
2018-12-06 07:18:07ID:13852

良い意味で常識を捨て去る、今あるものが当たり前でないこと。日々を過ごす中で、どうしても忘れがちになるので、自分の意見やアイディアはどんどん出してゆきたいものです(^ω^ )

NEMber who posted this article

 江ど間のまんまる楽園代表 こーじー(宮城幸司)
 筑波大学大学院卒業後、ソニー株式会社に研究開発職で入社。8年目に脱サラし飲食店「江ど間」を開業。TV番組を始めたくさんのメディアに取り上げられ注目される。開業して3年後にうつ病になり閉店。その後サラリーマンに戻り、できた借金700万円を返済。しかし、仕事に馴染めず転職するも、転職先でうつ病を再発。改めて自身のお役割を見つめ直した結果、「子どもたちに美しい地球と幸せな世界を手渡すこと」が天命だと気づく。現在、「【ふあんtoファン】~お客様の不安をファン(楽しみ)に変える~」活動を展開中。
8460
0

Why don't you read following articles?

楽園創造家こーじー's articles


1.8 XEM
96 6 1


4 XEM
123 0 2

2.98 XEM
134 1 1