connecting...
Google translation for articles :
15 NEMBER donated to you!!

NEMのスーパーノード報酬高すぎ問題を誰も指摘しない不思議

nem405xem (15) 2486 22 12

 

NEMではスーパーノードリワードプログラムなる施策が打たれていまして、一定条件を満たしたパブリックノードがスーパーノードと認定され、ファンド予算から毎日一定の報酬が送金されてくるようになっています。

 

「一定条件」の1つには「保有XEM数300万以上」というものがありまして、これからスーパーノーダーになるにはなかなかの大金が必要だったりする制度です。

 

このリワードプログラムですが、どうやら近いうちにファンド予算が底打ちしてしまうようで、

 

「このままだとスーパーノードの旨味がなくなってしまうゾ」

「そうなると300万ホルダーによる大量売りが発生して市場が大暴落してしまうゾ」

 

な不安を示している人もネット上ではチラホラ見かけます。

 

そんな不安を払拭したいのか、予算がなくなった後の展望としては

 

・トランザクション手数料で代替する
・他のファンド予算を充当する

 

みたいな意見がまことしやかに囁かれてたりするんですが、真偽のほどは定かでなく、はてさて実際どうなっちゃうのってのが現状です。

 

 

面白いのは、このリワードプログラムがコスパを度外視した予算ドブ捨てのクソ施策と成り果ててることに誰も突っ込まないことです。貧弱サーバを立てるだけでちゃりんちゃりんXEMが入ってくるのでスーパーノーダーとしては笑いが止まらないでしょう。

 

■リワードプログラムにかけてるコストはXEM8円計算で毎月3360万円

どれくらい笑いが止まらないのか、実際に数字で見ていきます。

いくつかリンクを貼っていきますが、例のごとくnemlogの仕様でhttpサイトでもhttpsリンクに勝手に変えられちゃうと思うので、開けなかったら適宜ブラウザURLからsを削ってください。
スーパーノードは今日時点で約420台ほどが稼働しています。 https://supernodes.nem.io/map
スーパーノード報酬は1日14万XEMなので、1ヶ月30日として420万XEMの予算が割り当てられています。 こんな感じで毎月420万XEMが送金されています。 http://explorer.nemchina.com/#/s_tx?hash=8885d4bffe0c2f4c6a48c637cd1c416452d812907d75ea974bb8dbfe9f1f335d 420万XEMというと、現在価格8円計算で時価3360万円相当です。 これを今は420台のスーパーノードで分配しているので、リワードプログラムとしては1ノードあたり月間8万円のコストをかけていることが分かります。

■スーパーノードのシステム要件を満たすにはAWSの無料サーバで充分

では続いて、スーパーノードに求められるシステム要件を見てみます。
保有XEM量やチェーンの高さといったNEM的な要件を除き、純粋にサーバスペックとして求められてるのはこの3つくらいです。

項目 要件
ネットワーク帯域 5000kbps以上
Ping 200ms未満
CPU性能 秒間2000回のハッシュ計算ができる程度

はたしてこの程度のサーバを稼働させるのに月間8万円ものコストが必要なんでしょうか。

僕には全くそう思えないんですが、多分僕の知らない何か特別な事情があるんだと思います。 試しに、AWS EC2の無料枠で使えるt2.micro(CPUコア1、メモリ1GB)で要件を満たせるか検証したらこうなりました。

項目 要件 t2.microでの検証結果
ネットワーク帯域 5000kbps以上 800Mbps
Ping 200ms未満 0.4ms
CPU性能 秒間2000回のハッシュ計算ができる程度 168000回
帯域とping値は別ノードからiperf3とpingを1分打ち続けた結果のざっくり平均値です。
CPUは hash('sha3-256', $data, false); を1秒間ループさせた回数です。
$dataには1kbの文字列を入れてます。java分からんのでphpです。

この結果を見る限りでは、どうやらAWSが無料提供している貧弱サーバでもスーパーノードのシステム要件は余裕で満たすことができるみたいです。
それでも、リワードプログラム的にも実際に報酬を受け取ってるスーパーノーダー的にもこの金額は妥当だと判断しているようですねぇ。

 

■コストを最適化すればスーパーノード報酬は90%以上削減できる事実

もちろん、この検証はあくまでもシステム要件を満たせるか否かをローカルで調査したものにすぎません。いざパブリックノードに乗せれば他のノードやクライアントから多くの通信が発生するので、パフォーマンスとしてはもっと落ちるかと思います。

実際問題、NEMチェーン上でスーパーノードを稼働させるのにどれくらいのスペックが必要なのかは、僕自身がスーパーノードを運用した経験がないので分かりません。
そこで困った時のgoogle先生。
どうやら今年の7月時点のみなりんさん情報によると、メモリは4GB必要らしいです。 https://blog.minarin.moe/entry/2017/02/12/114147 ということで、みなりんスペックを正として、スーパーノード420台を運用するのに必要な本当のコストを見積もってみます。
EC2で「CPU1コア、メモリ4GB」を満たす最安インスタンスタイプはt3.mediumです。 ディスク要件はなさそうのでとりあえず50GBにしておきます。 実際の運用に必要な転送量も不明なのでとりあえず420台合算で月間10TBとしましょう。 (1台当たり25GB弱のアウトバウンド。json返すだけのサーバにしてはかなり多めに見積もってるとは思います)
AWS公式の見積もりツールによると、この場合のコストは月に$20415.85と出ました。ドル円113円計算で230万円程度です。
https://calculator.s3.amazonaws.com/index.html?lng=ja_JP#r=NRT&s=EC2&key=calc-B02FE802-098B-435E-9630-69390D234B10
どうやら実用を考慮して見積もっても、現状のスーパーノード報酬とだいぶ乖離してることが分かっちゃいました。

ちなみにこの見積もりは全て東京リージョン基準で出してるんで、ヨーロッパとかアメリカ系のリージョンならもっと安くできます。世界中にノードを分散して立てる観点で言えばもっと安価に運用できるわけです。

 

■リワードプログラムが実現する富の再分配

以上のことから、テコ入れすれば230万円で運用できるノードを3360万円かけて運用してるのがリワードプログラムの実情です。差額の3100万円相当は収録のあとにスーパーノーダー全員で美味しくいただきました。

 

「予算の無駄遣いじゃないか」

「報酬を引き下げれば予算枯渇問題を先送りできるじゃないか」

「なんで引き下げないんだ」

「フィアット基準で報酬額を定めてxem分配すれば値動きの影響は回避できるじゃないか」

などと思う人もいるかもしれませんが、きっとそれは勉強不足です。

 

もし予算が底を尽きそうなら、

「ええんか?売るぞ?300万XEM売るぞ?みんな売るぞ?暴落するぞ?それでええんか?」

の呪文を唱えればいいんです。たちまち少額ホルダーがブルッと震えて、今ハーベスト報酬として割り当てられているトランザクション手数料を喜んでスーパーノード報酬としてお裾分けしてくれます。

 

それでも足りないなら

「ええんか?売るぞ?300万XEM売るぞ?みんな売るぞ?暴落するぞ?それでええんか?ええんか財団?」

の呪文も有効です。たちまち別ファンドから予算が転がり込んできます。

 

スーパーノード報酬を引き下げる必要なんてどこにもありません。

NEMは非中央集権な仕組みを実現しているため、特定の誰かが偏って利益を得ることなんて起こりえません。

スーパーノーダーが呪文を唱えさえすれば、どこかしらから予算が転がり込んでくる富の再分配を完成させた唯一無二のプラットフォームです。

 

ただし、1つだけ。

「仮想通貨は2年後や」

の呪文の効果がそろそろ切れる頃だということだけは忘れないでください。

今のうちからまた別の呪文を浸透させていけば、いつかそのうち値上がりしてみんな笑顔で笑いが止まらなくなります。

 

※追記 思ったのと微妙に違うニュアンスで伝わってそうなので補足

スーパーノーダーが悪いって話ではなくて、いまのリワードプログラムは予算の使い方としておかしいよねってことを言ってるつもりです。はたして一般の企業でこんな稟議通るでしょうか。(一般の企業を踏襲しろって言ってるわけでもないですよ)

限りある予算を有効に使ったほうがNEM全体の為になると思うんですがどうでしょうかねー。個人の収支がどうこうって話じゃなくて、ファンドの予算の話ですよー。

 

 

※さらに追記 「高すぎ」という表現が誤解を招くなら「低すぎ」と読み替えてください

僕が言ってるのは単純に「230万で作れるものに3360万の報酬を与えるのは適正か?」ってだけです。

「高すぎ」という表現が誤解を招くなら「低すぎ」でもいいです。

XEM価格0.1円としたら「230万で作れるものに42万の報酬しか与えないのは適正か?」です。

スーパーノーダー目線の利回りの話じゃなくて、ファンド目線の予算の使い道の話です。

 

14万XEM固定で払うから相場の影響を受けるわけで、

フィアット建で300万なら300万、500万なら500万と定めてからXEM分配するなら

少なくとも価格変動による過剰な予算の放出は発生しなくなりますよね。

そのほうが限られた予算を有効に使えるんじゃないでしょーか。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
黒魔道暗号資産投資家
2019-01-12 19:52:15ID:22483

勉強になりました。
スーパーノードは大問題だったのですね。
POIの問題点、委任ハーベストこれ無くなると結局POSと何が違うの?ってことになりますよね。
私個人としては別にPOSでも全然問題なく、それ相応の報酬もらえればノード立てたいとも思います。
POSはLISKのヴォートシステムやイーサリアムのアップデート後のPOSの方式も色々大変そうです。
POIのアルゴリズムをうまく使ったPOSをカタパルト後構てほしいですね。
私は条件さえ整えばノード立ち上げネムに貢献したいと思います。
今はビットゼニーのマイニングしてますからそれをネムノードにします。

TAKA🔥NEM
2019-01-10 20:22:56ID:21529

素晴らしい記事とコメント。スーパーノードやってる人からしたら嬉しくないのかもしれないけれど、個人的にはハーベストとスーパーノードの差が縮まるのはNEMの将来的に良いことだと直感的に感じるので、実現したら最高かも。技術的な事はわかんないけど、ハーベスト要件は低すぎるし、高いとは思ってないけど、第三者から見たらスーパーノードが高く感じるのは自然な気がする。価格が全てじゃないっていうのは素人には理解できない言葉だと思うので。

ああああ
2018-12-14 12:46:12ID:15217

>>しおじい::さん
お陰様で、もうちょっと踏み込んだ目線でスーパーノードの位置付けについて話ができそうな気配がしてきました。
別記事出しますので良ければまたご意見くださいw

しおじい
2018-12-13 17:37:41ID:15026

えぇ、ビジネス用に企業ノードが増えて自然に分散してくれることも期待してます。
そもそも、SN報酬は元々初期フェーズでノードを維持する為の動機付けという側面が強いと思うので、SN報酬とは別に他のプラットフォームと比較されるところまで行かないと結局は先が無いと思うんですよね。
ブロックチェーンはインフラ側の仕組みなので、仰るとおり上に乗っかるキラーコンテンツが出てきて、良い意味でNEMの知名度が上がって欲しいですね~

ああああ
2018-12-13 16:39:10ID:15023

>>しおじい::さん
枯渇後のリスクは野良のスーパーノードに依存してても同じと思いますが、セキュリティ面で言えば財団員による内部犯行リスクが抱えるのはその通りですね。

ぶっちゃけ企業が野良ノードを進んで使うとは思えないので、ビジネスでの参入が増えてくれば自ずとノードは増えてくるだろうなと思っています。

そうなるとブロックチェーンが社会やビジネスの課題解決にどう役立つのか、その中でnemには他のプラットフォームと比較してどんなメリデメがあるのか、という原点に立ち戻ってきちゃうんですがw

ファミコンが売れたのはその上で動くファミコンソフトが面白かったからだと思うし、そんな感じでnemの良さをシンプルに伝えられるnemソフトが生まれてくるとまたちょっと風向きが変わってくるのかなとは思います。

しおじい
2018-12-13 14:39:34ID:15017

う~ん、財団にノードを依存すると短期的なコストは削減出来るけど、報酬用の予算が枯渇した後に安定したノードが幾つ残るのか疑問だし、財団も一枚岩ではないのでセキュリティの観点からも特定団体がノードを大量保有するのはやっぱり怖いですね。
ノード内のDB直接改竄による攻撃がしやすくなってしまうので。

ただ、報酬をハーベストに乗せるというのはアリかもしれないですね。
個人的には全額では無くSN報酬分とハーベスト上乗せ分で割合を決める形にすれば、現状のSNをある程度維持しつつハーベストの恩恵も増えるので良いんじゃないかと。
予算が尽きる問題については、あくまで初期フェーズの参加者ボーナスみたいな位置づけにして、予算が尽きる頃までにTxを増やす為の方策をしていく・・・と良いなぁ。

ちなみに、Txの送信回数で評価すると要らないモザイクばらまきスパムが増える等の問題が出てきてしまうので、重要度計算の変更は結構頭を悩ませるんですよね。
ユーザー還元も大事だけど、ネットワーク上のセキュリティ担保が出来る前提にしないと根本から瓦解してしまうので。

ああああ
2018-12-13 12:42:45ID:15007

>>トレスト::さん
そうですね、ただ結局は予算ありきなのでいずれ底打ちしちゃいますね。

トランザクションを増やすことを目指すのであれば、トランザクションを投げることに最もインセンティブを付与したほうが良いんでしょうが、プロトコルとして上手く組み込む案は浮かばないですねえ。

重要度がどういう計算で算出されるのか知りませんが、トランザクションの送信回数や送信量をとんでもなく高評価するようにするくらいでしょうか。

トレスト
2018-12-13 12:18:51ID:15003

>>ああああ::さん
それは面白い案ですね。
そうなると、スーパーノードという枠組みが不要になり、よって委任ハーベストというのもなくなり、通常のノードを増やす必要になってきますね。これまで委任に魅力を感じてた層がどれだけ自前でノードを建てるようになるかどうか。それでどのくらいの安定したノードが残るか(増えるか)、実験的に見てみたい気はします。

ああああ
2018-12-13 12:00:55ID:14994

>>しおじい::さん
財団にノードを集中させることのメリットはコストの最適化です。

1つの思考実験ですが、例えばxem8円計算なら月間420万xemの報酬のうち、ノード維持に必要となるのは約29万xemです。

残りの391万xemがまるっと浮くわけで、これを全部スーパーノード報酬ではなくハーベスト報酬に割り当てるという選択肢は1つ面白いんじゃないかなと思います。

直近30日に発行されたブロック数は4.3万くらいなので、391万xemを分配すれば1ブロックあたり91xemのハーベスト報酬を上乗せできる計算です。

xem価格が上がれば上がるほど、ノード維持費に割り当てるxem量を減らしつつハーベスト報酬に割り当てるxem量を増やすことができるので、よりユーザへの還元ができるようにもなります。

反対にxem価格が下がれば下がるほど、新規ユーザの参入ハードルは下がります。今なら8万円でハーベスターになれますしね。

ただしこれは予算の矛先がスーパーノーダーからハーベスターに変わるだけなので、恩恵を受けられる母数が増えるだけで本質は何も変わっていませんがw

しおじい
2018-12-13 11:11:58ID:14985

まぁ、支え方の違いですよね。
個人的には財団が多数のノードを維持するとその状態が当たり前と思われてしまい、その後で分散化しようとしても失敗する可能性が高いかな?って思うので、現段階からなるべく分散させる方が良いのでは?と思ってます。Testnetのノードを財団が増やすのなら賛成だけど。
あと、SN報酬が高いとそれに惹かれてNEMを知ったと言う人がそれなりにいるので(いたので)、知名度を上げるという意味では財団の中で消費するよりは第三者に分配していく方が良いんじゃないかと。

NEMber who posted this article

8828
0

Why don't you read following articles?

4.25 XEM
214 8 0

4.75 XEM
203 11 0


27.4553 XEM
217 1 0


0.05 XEM
466 0 0

7.0262 XEM
146 0 0

128.6495 XEM
775 22 16