connecting...
Google translation for articles :
7 NEMBER donated to you!!

日本国憲法の人権論2(社会権と新しい人権について)

nem25.89xem (7) 79 17 2

 

(1)社会権

社会権とは、失業や労働条件の悪化などから生じる社会的・経済的弱者が人間らしい生活ができるように国家の積極的な介入を求めることができる権利です。

社会権は、国家による自由です。社会的・経済的弱者を守るために保障される権利だからです。 

もし国家がなくなると、社会的・経済的弱者にとっては不自由になってしまうので、国家が必要だと言うわけです。

また社会権の種類として生存権教育を受ける権利労働基本権があります。

 

①生存権

 

25 

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

 

もし、人々をなんでも自由にさせると、弱肉強食の世界になり社会的・経済的弱者にとっては不自由になってしまうので、その是正を国家に要求することで、配慮や支援の義務が国家に生じると言うわけです

 

②教育を受ける権利

 

26 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。

2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

 

親は子供に教育を受けさせる権利を持ちますが、子供事態には教育を受けされる権利はありません。またこの権利は、国民一人一人が成長・発達するため自己の人格を完成・実現するために必要な学習をする権利でもあります。

 

③労働基本権

憲法 27 条は勤労の権利の保障を規定しています。勤労が国民の義務であると宣言し、かつ 28 条で労働基本権の保障を規定しています。 

27 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

2 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。

3 児童は、これを酷使してはならない。

 

28 勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

 

第28条では、労働者同士でグループを作り(団結権)、そのの中から代表者を送って使用者と交渉していい(団体交渉権)と言っています。

 

一人一人では立場が弱いので、グループを作って強くなることができますので、団結権は労働者に与えられた権利であります。

 

どうしても使用者と折り合いがつかない場合、労働者同士でストライキを起こす権利があります。これを団体行動権と言います。

 

まとめ

社会権を行使することは、自由を実現するためにあるものです。

 

 

(2)新しい人権について

①明文化された人権

憲法第3章(第10条から第40条まで)に明記されている人権は憲法が公布された時に唱えられた人権でした。

しかし、時代が経つと、憲法制定時には想定されなかった人権問題が発生しました。例えば、自然破壊や通信手段があります。それが新しい人権です

 

②新しい人権

 

13 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

 

この第13条を基にして、新しい人権が誕生しました。例として、環境権や知る権利、日照権などがあります。それは、何もなく、フリーハンドで解釈するのではなく、憲法典という一種のカタログを使って、今の憲法を解釈して、新しい人権が誕生しています。

 

新しい人権の一つとして、自己決定権があり、それは自分のことは自分で決める権利があると言うものです。しかし、内容の幅が広いので、新しい人権の中では独立して考えることが多いようです。

自己決定権の例としては、輸血拒否や別姓使用の自由があります。

 

(3)新しい人権の成立過程

1946年の憲法制定時に掲げられた人権は、戦前には当たり前ではありませんでした。そこで、「人間である以上、当然持てる権利」として、憲法に明記され、以降あたりまえになろうとしてきました。

しかし、社会が変化する中で、個人の自由や権利を新たに保護する状況が発生し、新たな「当然の権利」が発生しました。

でも、これは1人の人間がその人権を主張しても、憲法に明文化されていないことから、初めのうちは人権とは認められませんでした。しかし、その人権を主張する人が各地から何人も出てきて、それが全国的にクローズアップされることで、人権が明文化され、認められました。

 

一方で、今までそのような人権を主張しなかった人が、主張をする所謂タダ乗り行為をすることもできます。なので、人権がどのような状況において生じるのか、その基準は何かを考えなければなりません。

 

新しい人権は国家が与えられたものではなく、「名もなき庶民」が勝ち得たものであり、それは血の滲むような努力がありました。例として、介護現場、患者の権利があります。

つまり新しい人権は多くの犠牲の上に成り立つ人権と言えます。

 

なので、人権を口にするときは、その重みを感じなければなりません。それまでは当たり前ではなかった人権だったのだから。

そして、今現在も、新たな人権を獲得するための運動が起きています。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlogの無料ユーザー登録はこちらから
Register
Comments from NEMber
物愚者
2019-02-14 22:20:02ID:54275

>>YUTO::さん

いつもどうもです。
明日こちらにも投げさせていただきます。

物愚者
2019-02-14 22:18:55ID:54271

>>YUTO::さん

思想化したり、明文化する上ではそれ相応の論理的根拠やルーツがないといけないなぁという話でした。

勿論、続いて先走って書いたように、論理的な根拠を欠いていても現実的には維持されるに越したことはないので、壊れてはいけないと思いますが、その上で改めて、ルーツを知らないのに人権教育とかされてる我々ってよく考えたら不気味やなぁっていう。

YUTO
2019-02-14 22:18:40ID:54269

>>物愚者::さん
色々議論ができて、面白いです。(これこそ、nemlogのいいところだけど)
基本的人権については、専門ではないので事実しか話せませんが、確かに色々と議論がありそうです。

物愚者
2019-02-14 22:12:06ID:54250

ただ、そういった各種権利が保障されている方が社会が安寧であり、かつそれを破壊したら混沌が発生し、多くの人々が不幸せには明らかなので、維持する理由としてはそれで事足りると思いますし、また維持しなければならないとも思います。
ただ、純粋に憲法のうちにおける基本的人権という理念そのものを考察すると極めて無理があって不自然でグロテスクなものだなぁと思うというところですかねぇ。

YUTO
2019-02-14 22:08:06ID:54241

>>物愚者::さん
基本的人権が成り立つ根拠は、みんなが信じているからこそ成り立つものであり、根拠はないでしょう。
でも、人間が生物学的な精神病を罹っているわけでもないので、妄想はちょっと違うんかなと。
むしろ、幻想であるかと・・・・

物愚者
2019-02-14 22:02:05ID:54234

>>YUTO::さん

天賦人権説自体が、自然状態でも基本的人権が万人に与えられ、保障されているというだいぶ病的な発想だと思うんですが、そんな中で
「なぜかといえば、貧乏人のワイも金持ちのアンタも神さまとの距離は等しいんやから、命の価値が等しいはずやからや」
という注釈が間に入るのであれば(尤も、この時点でも非現実的ではあるんですが、神学の次元では筋が通ってるので)辛うじて幻想としては成立すると思う一方で

日本国憲法の基本的人権が寄って立つ根拠って何なんですかね?...

YUTO
2019-02-14 21:44:24ID:54208

>>物愚者::さん
妄想だと病的な感じがしますが、ここでは病的な感じは見受けられませんが・・・

物愚者
2019-02-14 21:42:02ID:54201

>>YUTO::さん

神との契約という、それを保障する下地がある文化圏では理想ないし幻想と言ってもいいのかもしれませんが、我々はキリスト教徒じゃないので、我々にとっては突然現れた妄想だよなぁと...。

YUTO
2019-02-14 21:38:02ID:54195

>>物愚者::さん
妄想はちょっと言い過ぎかと・・・
せめて幻想かなと思います。
すべて人間は生まれながらに自由かつ平等で、幸福を追求する権利をもつことをいつの時代でも再確認する必要があるようですね。

物愚者
2019-02-14 21:27:52ID:54185

天賦人権説に基づく普遍的な人権など妄想なので、その効力の後ろ盾は国家だと思うと同時に、人々は天賦人権説を支持する国家システムを維持するために不断の努力をしなければならないと思います。

NEMber who posted this article

nemlogでサイエンスを広めることで、コミュニティの活性化を図ることを目指すNEMberです。
サイエンスの専門分野は物理学です。
nemlogではサイエンスや暗号資産、ゲームの事など色々書いています。

1日1個以上、記事を投稿します。
気に入った記事には積極的に投げnemをします。
9285
0