Wait a moment...

2018年 nemlog お礼とご挨拶

nem1579xem (50)
2566
49
2018-12-31 20:57:40
2018年 nemlog お礼とご挨拶

こんばんは。nemlog開始から約4か月弱、皆様、ご利用いただきありがとうございます。

みなさんが投稿して下さった多様なジャンルの記事、毎日楽しく拝見させて頂いています。

僕では思いつかないような記事の書き方を発明?して下さったり、

他のユーザーさんが参加できるイベントを企画して下さったり、

みんなで作るnemlogのおかげで、2018年後半楽しかったです。ありがとうございます。

なんやかんや、皆さんのご支援のおかげで2018年を乗り切れそうです。

年越しそばも食べ終わりました。

 

この数か月、お互い全く知らなかったユーザー同士がnemlogを通じてつながり、

nemの輪が広がっていく様子を見て、「あ~nemlog作ってよかったな~」と感じています。

nemlogはどんな記事を書いてもある程度人目に触れるコトが一つの利点だと思っています。

色んなバックグラウンドをもった人たちがnemを通じてつながる。素晴らしいじゃないですか((´∀`*))

2019年も新しいnemの輪が拡がるように微力ながら活動を続けていきたいと思っています。

 

 

それでは今年の総括(自分の)というか この一年を日記っぽく書き殴ります。文才がないのは毎回申し訳ないw

個人的なコトがメインですが、nemlogを作るまでの道のりとnemlogの今後です。

------------------------------------------------

 

誰もが暗号通貨の未来を信じて疑わなかった今年の1月、軒並み爆騰が続く中、悪夢の始まりCC事件が発生。

あらゆる通貨価値がだだ下がりの中、僕は意外と冷静に楽観的に この状況を見ていた。(もちろん資産は相当減ったw)

今年前半は本職が忙しく、国内外出張で飛び回っていたこともあり、暗号通貨は ほったらかしで忘れたように過ごしていた。

 

夏が近くなり、本職がほどほどに落ち着いてきたので、焼け野原になった暗号通貨にふと目を向けた。

ほんとに当時 価格情報を追って無くて、こんなコトになってるとは思ってもみなかった。

うすうす感づいてはいたケド。

 

ふと我に返り「お~これは大変なことになったなぁ~w」とCC事件から半年後にようやくこの危機を認識w

もともと超ポジティブな性格なので、あんまり気にはしてませんでしたが、

「まぁやれることはやるか~。」と思い立ち、暗号通貨を絡めたアプリケーションを作ろうと決意 (やっとw)

ここ数年忙しくてプログラミングは ほとんどやってなかったので、リハビリも含めて。

 

 

「その時nemを一番持っていた」、「開発が簡単そう」、「今の単価が安い」

 

という点でnemを使うことにした。本当にそれだけ。でも結果それが良かったと思ってる。

ただ 一番最初にやりたいことは決まっていた。テーマは「寄付」

僕は習慣として全ての収入に対してだいたい1~2%を「寄付」している。

寄付をすると不思議といいことが起こる。なぜかはわからないw

 

 

「世の中は寄付であふれている。」

 

世知辛い世の中ではありますが、そんな世の中になればいいなと思う。人と人は助け合える。そう信じたい。

僕の奥さんは子供のころ両親を亡くし、寄付によって救われたことがあったそう。

その恩返しというコトではないのですが、少額ずつでも寄付を続けてます。

子供たちのお小遣いも少しでいいから「寄付」に使いなさい、人のために何かできる人になりなさいと

偉そうなことを言ってみたりw モヒカンのくせにw

 

さて、そのテーマを以て「nem funding」を作ろうと思ってた、最初。

「社会に貢献できるプロジェクトをnemで支持だ!」と意気込んだけど、でかい。スケールが。

個人運営ではそんな壮大なプロジェクト誰も寄ってこねぇ!そしてnemの間口がまだ小せぇ!

 

たぶん無理だぞ、と悟りから入った。まだその時ではない。

 

 

 

まずは個人間の寄付プロジェクトをやろうと考えた。んでnemlogを作ろうと。

nem fundingで寄付を募る人たちもnemlogで成果報告できるよね? そう考えて。

 

決まると早い&速い。「ホンキを出したオレには誰も勝てない・・・。」そんなフレーズを言ってみたい。

 

とりあえず知ってる知識だけでさっさとnemlogを組み上げた。あとで足りない部分は勉強して肉付けした。

「走りながら考える」これが僕流。

 

もっと大きなことができる気がするが、手が足りない、お金が足りない、カリスマ性も足りないw

nemlogが不意に盛り上がってしまったので、金策のために次に間口が広そうなstoreに手を出してしまった。(寄付どこ行ったw)

ビジネスとして一人でやっていくのは相当に難しい。僕よりできるエンジニアが欲しい。広報が欲しい。

何よりユーザーに満足してもらえる仕組みを考えたい。走りながら2つも、3つも考えないといけない。

逆境に燃えるタイプなので、その辺の心配はご無用。もともと超ポジティブなので。疲弊はしていない。

しかし、協力を仰ぎたい夜もある。来年はその辺りを無理してお願いしてみようと思う。

今は謝礼程度しか払えませんが、出世払いでネ。

 

「知識はいらない。ニートでもいい。モヒカンに夢を見れる人、アクティブな人、向上心のある人 カモンだ。」

 

とりあえず来年早々にnemlogの「β」を取っ払おうと思います。もう何がβなのか僕もわかってないので。

エンジニアはβとかすぐ難しいことを言いたがる。βってなんだよ。テスト版でいいじゃん、これはマジで勘弁だ。

難しい言葉は使わないように気を付けようと思う。

 

nemlog お正月の連休中にもう少し使い勝手の良いUI(見た目)に変更したいと思ってます。

このUIのアップデートにはnemlogを多言語化するための下準備も兼ねていて、

来年の海外展開に向けて、少しずつ歩を進めているところであります。

 

「ユーザーがわがままを言えるサービス」としてすっかり定着してしまったnemlog、僕はそれを良しとしています。

時間と技量の問題で、全部対応できていないのは申し訳ないところではありますが・・・。

暗号通貨を取り扱うという特性上、ユーザーと運営が近い距離にいるということは、大事なコトだと考えてます。

僕は来年も変わらず みなさん目線でマイペースにやっていきたいと思ってますので、よろしくお願いします。

 

皆さんも来年のnem活をエンジョイしていきまっしょい!虎穴に入らずんばコインを得~~~ず!!

くちゃくちゃしてしまいましたが、2019年がみなさんの良い年となるようお祈り申し上げます。良いお年を!!

 

 

最後にちょっとだけ来年の開発予定。おおざっぱにw

【nemlog】

・UIのアップデート

・英語化 & 多言語化

・広告募集

 

【nem store】

・UIのアップデート

・送料設定の見直し

・デジタルコンテンツの販売

 

【その他個人的な目標】

・チームモヒカンを作って活動全体の底上げ。

・モザイクを使った何かを作る。(今はゲーム考え中)

・nemlog布教講演を海外でやる!

・nemlog Tシャツ(パジャマ)を売り切る

・英語留学する

・新しいバリカンを買う

 

それでは!

 

Comment
しゅう:nemlog作ったモヒカン
しゅう:nemlog作ったモヒカン
2019-01-01 21:10:10ID:18868

>>ZEM🐳ZEM::さん
今年もnemlogのアイドルとして活躍ですね!w
宜しくお願いしま~すヾ(*´∀`*)ノ

しゅう:nemlog作ったモヒカン
しゅう:nemlog作ったモヒカン
2019-01-01 21:09:27ID:18867

>>ワッケ::さん
紅白そっちのけで、nemlogいじってましたw
ワッケさんの色々なチャレンジ、今年も期待!w

しゅう:nemlog作ったモヒカン
しゅう:nemlog作ったモヒカン
2019-01-01 21:08:13ID:18864

>>7zoesan::さん
2019年もnemlog頑張っていきます!
昨年はたくさんの記事をアップして頂きありがとうございます。
今年も宜しくお願い致します!m(__)m

案山子の優午
案山子の優午
2019-01-01 13:12:16ID:18821

あけましておめでとうございます。
本当に昨年中はお世話になりました。NEM活をつづけていきます。
今年はNEMのターンですよね~。ワクワクします。

Kumako
Kumako
2019-01-01 08:07:43ID:18791

nemlogの存在は大きいです!これかえらも楽しんでみんなで盛り上げていきましょう>w<

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします~!

ほなねむ
ほなねむ
2019-01-01 00:44:47ID:18785

1059xemワロタw
これは2019xemにしないといけないやつだ…

今年もよろしくおねがいします!最高の一年にしようぜ!

butino-chan
butino-chan
2019-01-01 00:22:16ID:18777

あけおめたん('ω')

この記事を書いた人
nemlog、nem store、nemgraphを作った人。 これ全部ひとりでプログラム書いたと思うと吐き気がします。