目指せ北海道

趣味はバイクでツーリングしながら、ブログを書いたり、動画配信したりすること。暗号通貨はまだまだ初心者。

nemlogに何を書こうかいろいろ考えたのですが、まずはバイクで動画配信をするための工夫や楽しさ、充実感などを伝えられたらと思ってはじめました。ラズパイをバイクに積載して、ボタン一つでYoutubeライブ配信できるシステムを作りました。それを発展させて、XEMの価格を常時監視、取引するボットも作ったりしています。

本業は再生医療系研究者です。歯を内側から再生している「歯髄(しずい)細胞」を世界に広めるために、しずい細胞プロジェクトを推進中。細胞の流通(トレーサビリティー)管理にNEMのモザイクを使いたいと思って、NEMについて勉強してます。管理システムの名称は「ShizuiNet」にしようと思っています。NEM.ioのAlexさん、Jeffさんと名刺交換&握手できたのが心の宝物。
nemlog score
Follow
Follower
502
53 NEMbers
64 NEMbers

connecting...
Posted Articles
nem
21.4652 XEM 1422 4 2
2019-09-19 20:04:56
移行委員会により発表されたカタパルト移行のシナリオについて、フォーラムでのフィードバックを含めて、これはちょっと危なっかしいなと感じたので、最悪のケースを考えておこうと思います。僕のポエムであり、このようなことが確実に起こるわけではありませんが、暗号通貨の世界は決して安全安心ではないということを忘れず、少々厳しい目で移行のリスクとポイントを評価してみます。 僕が引っかかったのは、2チェーンでのトークンスワップに対して、法律家からストップがかかった部分です。 「オプトイン後、(NIS1上の)ト...
nem
124.2834 XEM 1780 12 3
2019-09-16 12:18:19
カタパルトへの移行委員会から、最初のレポートが公開されました。日本語版もあります。 その中で、現行のNIS1_xemをCatapult_xemにどう移すかというのが問題になっています。 移行シナリオ方法は、主に3つあります。 まず、最初はスナップショットシナリオ。NIS1のアカウント情報をすべてカタパルトのブロックにコピーしたものをNemesis blockとして、カタパルトをスタートする方式です。 最もシンプルな移行方法ですが、マルチシグアカウントが保有するxemが、一時的にシングルアカウントに集約されセキ...
nemlogイベント参加
28.4 XEM 102 2 0
2019-09-16 09:54:11
火星の直径は3396km、 大気は薄く、その95%は二酸化炭素。 自転周期は約24時間で、ほぼ地球と同じ。 地軸の傾きも25度と地球によく似ているため、四季がある。 火星たんは、そんな星からやってきました。 噂では、火星で超進化したゴリマッチョGの船に紛れ込んでいたそうです。 そこで、頑張って火星たんの母国語、火星語で「火星たんを褒め称える歌」を作ってみました! じょ、じょ、じょうじ、 じょ、じょうじ じ、じょうじ、じょじょう じ...
nem
95.3 XEM 935 10 4
2019-09-11 12:05:13
NEM.ioの重鎮のひとりで、技術に詳しいJeff McDonaldさんによるPoS+の解説が、NEM OfficialによってMediumにまとめられましたのでご紹介します。 https://medium.com/@nemofficial/c9eeb7c6b2b9 スピード重視で、Google翻訳メインで一部修正を加えます。 NEM Official: Proof of Stake(POS)は、ブロックチェーンで最も使用されているコンセンサスアルゴリズムの1つです。NEM Foundation Councilのメンバーであり、LuxTagの共同設立者であるJeff McDonald氏は、ブロックチェーン、NEM、およびカタパルトに関...
nemlog
122.6514 XEM 134 12 0
2019-09-06 09:27:47
nemlogもう1周年になるんですね。 この1年を振り返っていろいろありました。 NEM Techinical Reference全訳&解説。 スミノエカレーにはまる。付け合せのアボカドの種からスミちゃんが育つ。 NEMモザイクを使った細胞製造・流通トレースシステム「ShizuiNet」立ち上げ。 カタパルト解説本「次世代 NEM ではじめるブロック チェーンアプリケーション開発」に参加 良い機会なのでこれから起きることも考えてみようと思います。 消...
nemlogイベント参加
13.75 XEM 116 4 1
2019-09-01 17:06:45
肉グラフの後遺症で、スーパーで250gのステーキ肉を買ってきてしまった目指せ北海道です。 さて、nemgraphの気になる技術RiNG (Registraion in NemGraph)については、30円で著作権として記事にしました。今回は、古いデジカメ写真を再び活用することで、死蔵していたデジタルデータがよみがえる点についてお話しましょう。 僕がnemgraphに載せている写真は、ずっと撮りためてきたデジカメ写真の中から、思い出深いものを選んでいます。亀の甲より年の功というか、そんなにバシバシ撮るわけでもないの...
nem
6.454 XEM 266 9 0
2019-08-28 07:35:11
おはようございます。昨日、NIS1からCatapult (NIS2)へのブロックチェーン移行に際して、NIS1xemをNIS2xemと交換する技術的方法について書きました。 この場合にNIS1xemでNIS2xemを購入すると解釈されると、なんらかの税金がかかってきそうです。そこで国税庁のホームページで調べてみると、、、 仮想通貨に関する税務上の取り扱いについて(FAQ) 平成30年11月に出たこの文書に、それっぽい記述がありました。 7ページ目:5 仮想通貨の分裂(分岐)により仮想通貨を取得した場合 問 仮想通貨の...
nem
28.46 XEM 1256 15 5
2019-08-27 09:54:20
カタパルトへの移行過程で、現在のNIS1の旧xemと、カタパルトの新xemをどのようにして交換可能にするかですが、、、 クロスチェーンスワップ! という技を使えばなんとかなるのではと思います。まだ妄想段階ですが、思いついたが吉日でシェアします。作った図をネムグラフでRiNGしたのですが、説明がないとだめだろうと思ってこちらに解説記事を書きます。 赤い線が旧NIS1のブロックチェーン。青い線が新しいカタパルトのブロックチェーンを示しています。矢印がブロックが接続される方向を示します...
nemgraph
113.1024 XEM 289 10 7
2019-08-26 07:03:03
おはようございます。遅めの夏休みを取って九州で遊んでいた目指せ北海道です。 画像著作権の革命児「nemgraph」が、ついにオープン! まずは、おめでとうございます! 使ってみた感想として、nemgraphのRiNGの技術的な部分について簡単に解説してみようと思います。コードを見たわけではないので、間違っているかもしれませんが、コメントで指摘していただければ修正します。 著作権ってなに? これまでは、ブログやTwitterに写真やイラストを投稿しても、それが誰の物かはあいまいでした。デジ...
nemlogイベント参加
19.25 XEM 165 4 0
2019-08-21 09:11:55
ハードディスクで眠っていた、30年前の仮想世界の論文を見つけて、もしもあの時代にNEMやnemlogがあったらどうなっていただろうかと考えてみました。ちょっとテーマとずれている気がしますけど、水曜お題記事として投稿します。 1990年、帝都大学の金本さとるによって発明された時系列結合型データ記録システム「トレイン」は、特に衆目を集めることもなく消え去ろうとしていた。当時の日本はまだ、ようやくNiftyServeがパソコン通信システムを完成させたばかりで、高額な通信費を払ってまでデータを保存しなくても、フロッピーディ...
歴史
23.15 XEM 219 12 1
2019-08-20 14:45:45
もしも、この世界を作った彼らがブロックチェーン技術を持っていたら何をするでしょう? (ルーカスフィルムのハビタットを元に作られた富士通のWorldsAway) イントロダクション ルーカスフィルムのハビタットプロジェクトは巨大規模のマルチユーザー仮想環境を作り出そうとした最初の試みの一つであった。高度なユーザーインターフェースと一人当り数万ドルに及ぶコンピュータ使用料を消費する他の仮想空間と違い、ハビタットは公共回線と家庭のコンピュータを利用した、安価なオモチャのようなものとして誕生す...
nemlog
59.581 XEM 322 3 2
2019-08-10 14:41:10
ねむぐまさんのSlackで生まれ、ネムログで育った細胞トレースシステムにShizuiNetという名前がつきました。 7月30日に、テックビューロホールディングス主催のmijinセミナーで、NEM.ioのAlex Tinsmanさん、Jeff McDonaldさんと握手してきたことはご報告しましたが、なんと現在PRにNEM.ioが協力してくれてます。そこで急遽名前を決めて、ShizuiNetになりました。 NEM Technical Referenceを解説して、難しいーわかんねーと言われながら大量の投げネムに支えられたNEM解体新書や、カタパルトプチ解説記事な...
nemlogイベント参加
46.2002 XEM 326 10 0
2019-08-08 16:13:33
しばらく暗号通貨取引から距離をおいて、ブロックチェーン技術の利用価値について考えていました。ここらで少し考えをまとめておこうと思います。YUTOさんのイベント記事にも登録しますので、よろしかったら読んでください。 ブロックチェーンは、人工知能と並んで、今世紀の大発明のひとつです。どちらも、人間の能力をIT技術によって拡張して、社会を変革する力を持っています。 さて、ビットコインなどの暗号通貨を、投資の神様と呼ばれるバフェット氏は、非生産的資産と呼んでいます。氏は「ビットコインが持つ資産...
nem
501.2822 XEM 1251 21 10
2019-07-31 06:09:17
今日はテックビューロホールディングスさんのお招きで、mijinセミナーに参加してきました。 NEM財団を率いるAlex Tinsmanさん, 共同創設者で技術系トップのJeff McDonaldさんのお二人のお話を直接お聞きして、いろいろ勉強させていただきました。nemlogのTシャツ着て行ったおかげで、お二人と直接話す機会もあり、とってもためになりました。しずいちゃん付箋も渡してきました。 さて、セミナーの内容について、せっかくですので印象に残った点をご紹介します。 アレックスさんからは、新しい財団の...
nemlogイベント参加
0.35 XEM 92 2 0
2019-07-25 17:01:22
アフリカ上陸記念足跡。今日は灼熱の中くじで当たったどら焼きをもらいに行って死にかけました。せっかくなので久しぶりに登録です。 目指せ北海道
nemlog
7.85 XEM 250 3 0
2019-07-23 09:55:38
先日僕が記事を翻訳させてもらったeviasさんから、投げネムが飛んできました。 普通に考えたら、外国からの送金は銀行を通さないとならず、たとえ100円でも手数料を3000円くらい取られます。それをまったく意識することなく、ごく自然におこなえるようになったのだなーと、すごく心に染みました。 しゅうさんが外国からの送金について、英語でお知らせが届くように作ってくれてなかったら、普段の投げネムとの違いはまったくないに等しいです。こうやって、国境ってなくなっていくんのでしょうね。 &...
nem
8.9 XEM 116 2 0
2019-07-22 20:37:03
これまでも、英語での投稿はいくつかありましたが、言葉の壁、文化の壁はなかなか高く、もったいないなと思っていました。かといって、全部の記事を訳しているわけにもいきません。英語記事の読み方講座を投稿した直後に都合よく英語の投稿がありましたので、簡単な紹介文だけ書いておきます。興味のある方はGoogle翻訳など駆使して解読してみてはどうでしょうか。 追記:コメントでしおじいさんが教えてくれました。ネムログのGoogle翻訳より、本家のGoogle翻訳の方がずっと進んでいるそうです。実際英文を全部コピーして翻訳す...
nem
9.0138 XEM 333 12 1
2019-07-22 14:27:04
eviasさんが自分の英文記事のコメント欄に、ひっそり翻訳記事へのリンクを貼ってくれていました。テレグラムでも日本コミュニティーによる翻訳への期待が述べられていたり、NEM財団による翻訳者募集があったりして、これはなんとかしないとなーと思ってこの記事を書いています。 技術系文書の翻訳は、普通の英文翻訳に比べると、文法的正確さは必要ありません(過去とか現在とか割とどうでもいい)。ただ、技術的背景や、頻出するテクニカルターム(専門用語)を理解していないと、文章として成り立たなくなるという性質がありま...
nemlogイベント参加
29.1141 XEM 170 9 1
2019-07-21 09:21:30
個人情報保護法を作った方に聞いたところ、これは情報を守るための法律ではなく、安全に使ってもらうための法律ですとおっしゃってました。何らかの情報発信をすれば個人情報の一部は一緒に拡散されます。僕は、仕事で論文を書きますから、氏名、職場の住所、電話番号、メールアドレスなどが公開されます。さらに、研究内容やもらった助成金、参加した学会なども全部公開情報で、隠したくても隠せるものではないです。 さらに追加でどのような情報が漏れているかというと、自宅住所や電話番号が、Yahooなどから漏洩してますね。...
nem
155.427 XEM 1078 6 7
2019-07-20 08:46:07
Googleの翻訳機能を使って、英語の投稿もある程度理解可能になりました。でも技術用語が多い文書の翻訳はどうしても不完全になります。そこで、NEM技術責任者のGregさんの投稿の英文翻訳に、人力だとどのくらい時間がかかるかやってみました。言語的正確さではなく、スピードと技術面の正確さを重視します。長いので適宜保存・公開しながら、やっていきますね。 コミュニティーのみなさん! まず自己紹介させてください。私はGreg Saive (eVias)で、Nem財団の技術責任者をしています。NEMLogへのはじめての投稿になります。た...