nemlog fund

nemlog基金とは

「nemlog基金」はnemlog基金後援会を中心とした有志からの寄付で設立された団体です。
nemlog運営者とそのユーザーが民主的に運営し、nemlog新規ユーザーの誘引及びnemlog既存ユーザーのコミュニケーション活発化を活動の目的としています。
主な活動はnemlogユーザー発のイベント開催補助及びnemlogの発展に必要と考えられる活動の支援を行うものです。
基金は後援会から寄付の支援を受けて運営させて頂いております。
基金のユーザーサポートに関する資料はこちらからどうぞ⇒ コチラ

nemlog基金アドレス

NAF7R4Q34YVJRFKTNMSSAF75MEO46BI2G6LGM5HT

3 of 5のマルチシグウォレットで管理しております。(現運営+後援会長のうち、3名が署名することで送金が成立。)
本活動を支援してくださる方からの寄付を募集しておりますが、寄付に対しての特別な返礼はございませんこと、ご承知置き下さい。
基金解散の際はnemlogの活動費用として、nemlog運営が引き継ぐものとさせて頂きます。

本アドレスの入出金履歴はこちらからどうぞ ⇒ コチラ

nemlog基金運営者

理事長:ゼムゼム
副理事長:しゅう
理事:matsuno
理事:YUTO
理事:えっさん

nemlog基金後援会

nemlog基金は後援会からのご支持により運営させて頂いております。
後援会についての詳細はこちらをご覧下さい。⇒ リンク

イベントとは

ユーザーさんがnemlogを介して参加できる催し物です。主催ユーザーさんが賞金を用意して下さることが多いです。
過去にはこんな催し物がありました。継続的に開催されているものも多いです。誰でも気軽に参加できるものが多いので、是非参加してみて下さい!
  • ・大喜利への回答
  • ・クイズへの回答
  • ・ロゴコンペ
  • ・読書感想文投稿
  • ・暗号解読
  • ・テーマに沿った記事の投稿

イベント支援について

nemlog基金はユーザーさんが開催して下さる「イベント」を応援します!
nemlogユーザーみんなで盛り上がれる、新規ユーザーさんの参加が見込めるような イベントに対して、開催のサポート及び賞金の補助を致します。 みんなで楽しめるイベントの企画をお待ちしております! イベントを開催検討しているユーザーさんで基金からの支援を必要とする場合は所定フォームから申請をお願い致します。 支援上限はnemlogスコアにより下記の様に決まります。

score支援額クラス
~300Max 50xemフェザー級
~400Max 100xemライト級
~500Max 300xemミドル級
~600Max 500xemヘビー級
~1000Max 1000xem無差別級
現状、上記の取り決めとさせて頂いておりますが、
支援額や申請の受理はxem時価や基金の運営状況により変動しますことをご承知おきください。

イベント申請はこちらから

イベントを申請する

イベントリクエスト

イベント申請はログイン後にお願い致します。
イベント開催時期検索
検索

アスキーアート展覧会

イベント状況:開催中!
申請者:YUTOさん
申請日時:2020-01-24 12:41:17 申請額:400 xem 詳細
イベント概要:
アスキーアートとは、プレーンテキストによる視覚的表現技法の事をいい、テキストアート、活字アート、絵文字などとも呼ばれます。
今回の企画は、そのようなアートを作る企画になります。オリジナル作品でも構いませんし、作成ツールを使っても構いません。

参加期間と賞金
・参加期間:1月24日~2月2日まで
・参加賞(手数料込み):10XEM
・キャンペーン:アスキーアートを3作品以上掲載し、検索タグにアスキーアートとnemlogクリエイターズ同好会の2つを入れた人は、400XEMと参加者全員に支払った参加賞の総額の差をイベント終了後に山分けします。ここで、参加者数が40名を超える場合山分けは発生しません。
開催記事はこちらから⇒ コチラ

🐳コメント参加型!総額100XEM山分け🐳あいうえお作文しよぉおお!

イベント状況:完了
申請者:ゼム🐳ゼム.さん
申請日時:2020-01-22 22:11:59 申請額:100 xem 詳細
イベント概要:
あいうえお作文を作った事はありますか?

例えば

あいうえおの「あ゛」
赤いアシカの足の裏

あいうえおの「い゛」
イカのイカ墨いっぱいで

あいうえおの「う゛」
海に浮かんだウミネコが

あいうえおの「え゛」
液体絵具と大炎上

あいうえおの「お゛」
おっかなびっくりお口あければ美味しいイカ墨

なんて


🐳”ルール”
 
①『あいうえお』の各ひらがな文字を使って自由に文章を作ってみてください!

短文長文自由だぁあああ!
(本当はシンボルでしてみたかったけれどンから始まる言葉が限られている!)

②期間中お一人様何コメでもオッケー👌
(ただしお一人さま1カウントです)
 

🐳”開催期間”
1月23日から1月25日まで


🐳”賞金”
コメントいただいた皆様に100xem山分け🐳 (投げnem手数料含む)
期間終了後、ご報告記事前後に投げnemにてお届けいたします。

 
以上!
開催記事はこちらから⇒ コチラ レポート記事はこちらから⇒ コチラ

毎月22日はにぇむろぐの日!

イベント状況:完了
申請者:ソラネコ@眠りの檻 ニェムカさん
申請日時:2020-01-21 00:03:01 申請額:100 xem 詳細
イベント概要:
今年もお世話になります。
にぇむろぐの日、2年目になります。
今年も、毎月22日に猫にまつわる記事を投稿してもらいたいと思います。
よろしくお願いします。
開催記事はこちらから⇒ コチラ レポート記事はこちらから⇒ コチラ

しゅうさんツールでカタパルトテストネットを体験しよう

イベント状況:開催中!
申請者:matsunoさん
申請日時:2020-01-13 10:17:33 申請額:150 xem 詳細
イベント概要:
しゅうさんツール
https://nemgraph.net/catapult

でしゅうさんに応援メッセージを送ってみよう!
使い方はhttps://nemlog.nem.social/blog/37629参照

もちろん他のユーザーさんに送ってもいいですよ!

送った人はコメントください。
8XEM投げネム(手数料含)します。
開催記事はこちらから⇒ コチラ

カタパルトに触れてみよう!!

イベント状況:完了
申請者:YUTOさん
申請日時:2020-01-12 10:13:47 申請額:300 xem 詳細
イベント概要:
Catapultのテストネットが公開され、次世代NEMに触れられるようになりました。
そこで、Catapultウォレットの作成と使用してみての感想もしくはアグリゲートトランザクションを経験してみての感想を書いて下さい。
両方経験した人は10XEM、片方のみの人は5XEMを参加賞として予定します。
開催記事はこちらから⇒ コチラ レポート記事はこちらから⇒ コチラ

nemlog world tours 1月分

イベント状況:開催中!
申請者:大魔うぇ〜いえっさん From NEMさん
申請日時:2020-01-10 13:28:04 申請額:500 xem 詳細
イベント概要:
現在開催しているイベント「ネムツア」の1月分申請になります。
継続イベントのためよろしくお願いいたします。

総額500XEM
賞金500XEM
参加賞500XEM
開催記事はこちらから⇒ コチラ

恥ずかしいセリフ禁止!ドキワクキャッチフレーズを考えよう!

イベント状況:完了
申請者:matsunoさん
申請日時:2020-01-08 20:27:26 申請額:150 xem 詳細
イベント概要:
nemlog nemgraph ichigo fific のドキワクキャッチフレーズを考えましょう!
普段考えないドキドキワクワクキャッチフレーズをお願いします。
matsuno独断でドキワク度1~5迄判定させていただきます。
報酬はドキワク度1=1xem(手数料含)~5=5xem(手数料含)
150xemが無くなるか、1月19日まで行います!
開催記事はこちらから⇒ コチラ レポート記事はこちらから⇒ コチラ

NEM(XEM)に投資した理由を語ってください

イベント状況:開催中!
申請者:ほなねむさん
申請日時:2020-01-08 13:42:45 申請額:400 xem 詳細
イベント概要:
・Symbolの正式リリースが近づいてきており、リリース後のXEMがどうなるか?XEMをどうしようか?と考えている人が増えてきている。

・今一度、NEM(XEM)をなぜ買ったか、投資したのか、考える良いきっかけになれば。

・様々な角度からみんなでNEM(XEM)に投資している理由を共有することで、XEMをどうするか悩んでる人の一助となれるかも。

・参加賞20XEM MAX参加人数20人想定
開催記事はこちらから⇒ コチラ

「2020年私の目標」

イベント状況:完了
申請者:7zoesanさん
申請日時:2020-01-01 11:02:44 申請額:400 xem 詳細
イベント概要:
昨年行った「平成最後の私の目標」と同様で今年の目標(条件付き)を記事にしてもらう企画。
1記事につき20XEMの投げNEMを行います。
イベント期間は1月2日〜6日まで
イベント予算、20×20人=400XEM
開催記事はこちらから⇒ コチラ レポート記事はこちらから⇒ コチラ