connecting...
Google translation for articles :
7 NEMBER donated to you!!

演劇基礎論◆プロ意識って??

nem22.25xem (7) 332 8 1

演劇基礎論◆プロ意識って??

 

お芝居を観に行くとき、みなさんお金を払いますよね?

「当たり前じゃない?」と言われると思いますが、

それでは演者の方はどうでしょう?

国内にも劇団は数多存在します。

その中で、演者にギャランティー(以下:ギャラ)を支払っている劇団はどのくらいあるのでしょう?

体感では"殆どない"のが現状かと思います。

それこそ劇団四季の一部や、自治体が運営している劇団、

学校公演をされている劇団、事務所とセットで運営されている劇団、、、、

ギャラをもらってそうなのはごくごく一部。

それ以外の殆どの劇団では演者(一部客演除く)はノーギャラでやっているワケですね。

 

そこでタイトルの「プロ意識」ですが・・・そもそもプロってなんでしょう?

もちろん普通に考えれば「それでお金を稼いでいる人」です。

なら、舞台で芝居をする殆どの人はプロ意識なくやっていて当たり前ということになります。

実際、色んな劇団やフリーの実力のない役者をたくさん見てくると、

プロ意識が無くて当たり前なのはよく分かります。

グダグダとまではいいませんが、世界が作り込まれておらず、

俳優も役に染まらず、随所に自分が漏れ出る芝居。。。

しかし、これでいいんでしょうか???

 

私は師匠の夏目から「プロ意識」についてはかなり厳しく言われて育ちました。

師匠の「役者はギャラをもらってやるもんだ」という考え方から、

当初は少額でもギャラが出てました (後に財政状況を鑑みて無くなる)。

でもギャラが無くなっても、その精神はそのままで居られるんですよね。

 

というのも、ここからは持論になりますが、

芝居を観に来られるお客様は、そこに至るまでにコストを負担しているんです。

自宅からの交通費、入場料、拘束時間(移動+上演時間)は立派なコストです。

これらをご負担いただいて観に来ていただいているお客に対して、

「何か持って帰ってもらう (楽しんでもらう)のがプロ意識の一つだろう」と。

 

少々こじ付けっぽいですが、

「対価を払っている人に相応のものを渡す」という観点に立って見れば、

プロ意識というものはおのずと必要になるんじゃないかと思うんですね。

たとえ料金無料のアトリエやサロン形式の公演であろうと、

入場料以外のコストを負担して頂いていることには変わりがありませんし、

プロ意識は責任感を生みますので、楽しんでいただく義務が出てきて、

自身のステージも上げていけるんだと思います。

 

ですので、お芝居をされている皆さん、

どうかアマチュアやプロというくだらない括りではなく、

エンターテイナー、または役者という意識で常に演技を続けて下さいね。

 

~参考~

プロ意識に欠ける!…と感じる例です。ご参考までに。

●体に力が入る。(手足や姿勢が汚い、足音がうるさい)

 ⇒自然であるべき役が、邪な色気も相まって空回りするとこうなることも

 

●声に力が無い。(声が通らない)

 ⇒音量を気にし過ぎて、お客を意識した発声が出来ない

 ⇒音量を出すために妙にガナリ声で喋る

 

●セリフを噛む(言語道断!

 ⇒稽古で噛まないのに本番で噛むのは無駄な緊張や気負いがあるせい。

  役で有り続けられない致命的意識障害

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
のーんのん
2019-01-12 22:09:25ID:22531

>>姉崎あきか::さん
本来お客側からすればプロもアマも同じくコストを負担して観劇されるので、そこに温度差があるべきではないのですが、温かい目で見るという程度のアマチュア感はあって仕方ないとは思いますよw
ただ向上心を持って芝居をするなら、武士は食わねど高楊枝ではないですが、いつもプロ意識をもって対価以上のものを返すという姿勢が大事かと思います(*‘∀‘)

姉崎あきか
2019-01-09 22:18:44ID:21121

私の先輩も、プロ意識のことをよく言っていました。
あ、プロにいたわけではなくアマチュア劇団なのですが、でもプロ意識はくりかえし強調されていました。
偶然……? でもないのかな。どんな役者でも、持っていて当然の心構えなのかもですねv

時間やお金を払って観ていただくんだから相応のものを。
プロ意識に欠けるかも……と思えるお芝居も観たことありますが、うん、たしかになんともいえないです( *´艸`) それもまた一興だったり、勉強になったりもするから不思議です(笑)。

のーんのん
2019-01-09 14:37:59ID:21010

>>ZEM🐳ZEM::さん
だからもっと…それこそカテゴリーは違うようでも、ブロガーやyoutuberなんかも似ているかも知れませんね。

のーんのん
2019-01-09 14:36:29ID:21009

>>matsuno::さん
ありがとうございます。
仰るとおりお金だけでは、こと舞台に関しては成り立ちません。
身銭を切って立っていようと、要は意識の問題ですね。

のーんのん
2019-01-09 14:35:05ID:21008

>>YUTO::さん
そうですね。実感するにはお客からのリターンを受けてから感じはじめることもあるかも知れません。
大切なのはいかに常に意識して稽古に臨めるかということです。
私個人は、アマチュア感覚は体感として必要ないと考えています。

ゼム🦈ゼム
2019-01-08 23:19:46ID:20851

・w・楽しい!
対価も貰ってそれ以外にもなんか貰ってしまって!
だからもっと頑張りたくなる!!

matsuno@漆黒の
2019-01-08 18:04:35ID:20684

プロとは自己を律するということなんですね。
対価とはお金だけではないという意見に賛成します。

YUTO
2019-01-08 17:37:51ID:20681

プロ意識って初めのうちは実感がないものです(><)
経験してみて初めて感じるものですね!!

NEMber who posted this article

ウン十年の役者人生を歩む(舞台メイン、古くはテレビ、CM、など)。キッカケを得てフリーに。NEM、XRP、草の保有者。Twitterでは暗号通貨の他ノンジャンルで有名無名関わらず、ダメな人以外をフォローします。(ブログ内画像はフリー素材かオリジナルを使用しています)
10129
0