connecting...
Google translation for articles :
13 NEMBER donated to you!!

「なりたい自分になる」話

nem23.52xem (13) 124 18 2

元気になりたければ体を動かせばいい、お金持ちになりたければお金持ちがやるように行動すればいい、もしくはお金持ちがしないことをしなければいい。優しくなりたければ優しくすればいい。

 

なりたい自分になるためには「そのように振る舞えばよい」という単純な理屈はしばしば聞かれますが、

この「行為が人のあり方の決める」人が考え方や個性をどのように獲得するかに関することの説明は社会心理学者ダリル・ベムの「自己知覚理論」で説明できます。

 

自己知覚理論とは?

 

私達は自己を認識するため無意識に2つの手がかりを自動的に参照しています。

一つは、内観的に自分の内面を感じ取るという意味での『内的な手がかり』と、

もう一つは、自分の行動や周囲の状況、他人の反応という『外的な手がかり』です。

 

心理学者のべムは、自己の心理状態を知る時に、内的手がかりから直接的に感情を経験するよりも、外的手がかりから客観的な観察を通して知覚する場合が多いという事を指摘します。

 

このように『自己の内的心理』を、自己の行動や周囲の反応といった『外的手がかり』から推測して知るという考え方を、自己知覚理論といいます。

 

ベムは人は自分が何者であるかに関する推論を、自分自身の行動を観察することで組み立てるのだと主張しました。

 

自己知覚理論はもともと、

フェスティンガーとカールスミスの認知的不協和を立証する経験主義的な部分への反駁として提唱されました。

 

認知的不協和とは、個人の内面心理に、正反対の矛盾する認知が複数存在していて、不協和を起こしている不快な緊張状態のことを言います。

人は「外部の環境要因」で認知的不協和の緊張を低下させられない場合には「内部の認知要因」を変容させて認知的不協和を解消しようとします。

 

そのことは、あるレベルまでの不満足(不協和)であれば、『自己肯定的な物事の認知』をして不快感を和らげることが出来るということを意味しますが、べムは、自己知覚理論によって自分自身の直接的な経験による認知的不協和だけでなく、自分の行動や他者の経験を間接的に観察することによってもその認知的不協和を知ることが出来るということを主張しました。

 

即ち、『自己観察』『他者観察』によって得られる自己認知に本質的な違いはないということを示しましたといえます。

 

具体例

 

従来、人の行動はその人の個性や考え方の表れと考えられていました。

例えば

・私は正直だから落ちている財布を届けた。

・環境に配慮するからゴミを分別して捨てた。

となりますが、ベムの自己知覚理論によると、行動によって自分の内的な意識付けができるようになるので、

財布を返す行為によって、私たちの中の正直者のメーターが一つ上がるいうことになります。

 

まとめ

 

自己知覚理論によって、私たちは自分の思考についてはあまり理解していないということ、

また、自分の行動から自分の思考を明らかにするばかりか、行動の前には存在しなかった思考すら推測できることがわかりました。

 

私たちの行動は、しばしば周囲からの微弱な圧力によって決まりますが、私たちは必ずしもその圧力を認識することができません。

 

「心が変われば行動が変わる/行動が変われば習慣が変わる/習慣が変われば人格が変わる/人格が変われば運命が変わる/運命が変われば人生が変わる」

 

は私の好きな言葉の一つですが、

 

心と行動の変える順番を変えてもこの命題が成り立つことを自己知覚理論は示しています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

参考図書

「知のトップランナー 149人の美しいセオリー」
神田信彦・金子尚弘「心を科学する心理学」

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
物愚者
2019-02-15 12:33:18ID:54819

>>7zoesan::さん

オレ流解釈なんですけど笑

7zoesan
2019-02-15 12:15:05ID:54806

>>物愚者::さん
なるほど!わかりやすく説明していただきありがとうございました!

物愚者
2019-02-15 09:44:22ID:54717

>>7zoesan::さん

うーんと、

なんというか

認知的不協和側はI は私に関する認知の全てを自己の内側に明確な形で常に浮かべられて、かつ保持も可能なのでIがmeを観察するというような珍奇な状態は生じないが

自己知覚の立場からすると、I はそこまで明瞭に「私の全て」を把握できるわけではなくて、不足部分が度々生じるので、そこを理に適った形で埋めるために<振る舞う私 me>の観察を行う。

みたいな感じでした。

7zoesan
2019-02-15 08:56:49ID:54697

>>物愚者::さん
ベムさんの理論の前後背景はちょっとわかりませんが、ベムさんは不協和というのは仮定しなくて、Iの最初の態度に関係なく、行動が不快を作り出すことはないと考えるようです。内的な手がかりが曖昧で明白ではない場合により外的な手がかりがの観察が発動するということなのですが、もう少し勉強します。

物愚者
2019-02-14 13:45:05ID:53873

これ、ジェームズが主我と客我(IとIが観察する外的情報としてのme)を分別したところから来てるんですかね?

あまり意識して対比的に考えたことがなかったんですが
フェスティンガーおじさん的にはIとmeは同一で、あくまで不協和は一つのIという存在のウチに生じるものなんですかね?

7zoesan
2019-02-13 12:55:40ID:52989

>>楽たろう::さん
とりあえず考えずに腹筋するのが良いようです!
ハダカエプロンイメージして腹筋です!

楽たろう
2019-02-13 12:51:19ID:52980

なりたい自分になる❗️
セルフイメージの引き上げと、自己を客観的に捉えて行動する事でしょうか?
ゲームやスポーツなども上手い人を観察し真似をするところから始まりますもんねヽ(*´▽)ノ♪
さぁ腹筋割るぞ❗️(笑)

7zoesan
2019-02-13 08:25:41ID:52874

>>えっさん&小梅ちゃん@nemlogコメンテーター::さん
ですね!

ミン@セラピスト×投資初心者
2019-02-12 23:42:25ID:52664

>>7zoesan::さん
私も考えるより行動派!
というか行動しながら考えてるかも!
すぐ考えるのもやめちゃうけどwww

NEMber who posted this article

北海道で理学療法士兼スポーツトレーナーとして活動しています。
これまでの臨床経験から得た気づきや学びに関すること、
日々の読書の備忘録など、徒然なるままに健康と幸福と自身の人生観についてアウトプットしていきたいと思います。
NEMはあまり関係ないことが多く、申し訳ありません!!

ツイッターもはじめましたので、よかったらフォローお願いいたします。
10453
0