Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

nemlog基金発足

3551
34
2019-01-20 09:29:10
0.00 mXYM
(0)

運営・開発者の「しゅう」です。いつもご利用ありがとうございます。

今日は、「nemlog基金」についてのアップデートです。

先日アナウンスした通り、nemlog基金はみなさんが開催して下さっているイベントの賞金補助を目的として設立するものです。

皆さんもっともっとイベントが開催しやすくなりますので、面白い企画をどんどんぶち込んでください。宜しくお願い致します。

 

そもそもこの基金の設立企画、全てはスーパーノードを複数持たれているオラたまさん(@oratamah)のおかげ。

投げネム一筋でnemlogスコア上位に食い込むスーパーNEMberです。(気になる方はtogetterをみてみましょう⇒コチラ)

この度、まとまった額のxemを定期的に基金へ寄付して下さるという提案があり、基金設立の運びとなりました。

オラたまさんにはnemlog基金後援会として参加頂きます。本当にいつもありがとうございますm(__)m

その寄付をnemlogが盛り上がるように使わせて頂こうというのが基金の趣旨です。

 

最近nemlogに参加して下さったユーザーさんは、あまりご存じないかもしれませんが、

nemlogではユーザーさん独自の発案で、賞金付きイベントが開催されています。

コメント欄を使ったクイズや大喜利といった お気楽に参加できるものから、ドット絵を描いて3,000xem!なんて大型のイベントも。

しかし、現状はユーザーさんが身銭を切ってイベント賞金を捻出して下さっています。

nemlog基金はこのようなイベントに対して、一定額の賞金補助させて頂きます。

 

nemlog基金はぼく一人が運営するのではなく、

nemlogユーザーさんの中から「基金アンバサダー」を選出し、nemlogユーザーの皆さんと一緒に運営したいと思っています。

基金の残高はnemマルチシグアカウントで管理し、アンバサダー及び後援会で管理致します。

アンバサダーのリーダーは、ついにnemlogスコア1000点満点を叩き出した。ゼムゼムさん(nemlogプロフィール)にお願いしております。

ゼムゼムさんの細やかなケアは皆さんにも納得いただける人選だと思っています。

他のアンバサダーさんはnemlogスコアの高い人の中からお願いしようと思っています。

 

以下、基金からの補助を受けるイベント開催の概要です。

  • 資金補助を必要とするイベントを開催者は基金に概要を申請
    (nemlogスコアによって補助上限が異なる。)
  • 基金運営アンバサダーが承認する
  • 開催者はイベント開催、イベント完了報告をnemlog上に投稿
    (必要に応じてアンバサダーが補助)
  • 基金から開催者に補助金と開催報酬を送金

 

現在、イベント申請・アンバサダー承認システムの整備を進めておりますので、準備でき次第ご連絡させて頂きます。

Writer
NEMLOG、nem store、nemgraphを作った人。 これら全部ひとりでプログラム書いて、英訳したと思うと吐き気がしますね。 こんなもん作ってますが、別にNEM・Symbol推しではないという変な人。

Comment
Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,63509D495CAD7B80,481D74291A71FD1F,009388A38C91A8B2,4E94920841641B77,027C6AD49DE2C9F9,