connecting...
Google translation for articles :
5 NEMBER donated to you!!

NEMブロックチェーンエコシステム

nem15.39xem (5) 286 3 0
ponchiki 2019-02-06 15:56:43

下記は以下記事を和訳したものです。

https://nemflash.io/nem-blockchain-ecosystem/

 

NEMブロックチェーンエコシステム

ジュリアン 2019年2月5日

 

NEM、その存在自体がそれらが何をするのかどのように影響するのか、

NEMブロックチェーンの最近のメディア報道によると、エコシステムがどのように作用するのか、どこから構築されたのか、どの存在が何をするのかといったことについて、誤解があったということが明らかであったのです。これらの質問の答えとして、我々はこの場で基本的な説明をします

下記の図はとても高度なものですが、NEMベンチャーがどういったものかという大切な部分を表しています。

 

 

NEMテクノロジーとその発展はコミュニティーの代表として話すと思われるどんな合法的な本質からも独立しています。すべての本質は存在しなくなりうる可能性があり、プロジェクトはそれらから独立して継続し続けるでしょう。

 

NEMの歴史

NEMは2014年に参加を募るために始まりました。NEMは今ではそれらの中のコアな開発者である様々なパーティーを魅了しました。最初のバージョン(NIS1)は2015年にリリースされました。新しいバージョン(Catapult)は現在も積極的に発明されており、今ではプライベートチェーン開発のためのベータで使用できるようになっています。パブリックチェーンは2019年の発足が予想されています。

XEMトークンが分配されて

  • 発生したICOのためではなく、ノーマルバリューのための興味深い出資者のために
  • 予約されたプールは長年の、そして信頼されたコミュニティーのさまざまなメンバーによる、チェーンではないマルチシグネチャ機能を通して管理されています。

それらのトークンは有効なトークン変換の取引上のコンビネーションため、価値があります。そしてトランザクションフィーメカニズムとして使われています。パブリックチェーンと関連したツールはコアな開発者から、プロジェクター、コミュニティーとCoEの開発者からの仕事を引き受けています。

3つの重要な本質があります。それらははっきりと異なった理由で合法的なセパレート組織です。しかしながら、それらはNEMの利益のために数多くの開発者と共同しています。そして発展に必要なものを与えています。

 

テックビューロ

テックビューロはコアな開発者のコストを賄い、プライベートチェーンであるMijinのための経営ライセンスを行います。テックビューロはセルフファンディングで顧客宣伝のためにMijinを導入する日本随一の企業です。

 

NEM Foundation

NEM財団、それは2016年に創設され、2年後にパブリックチェーンとして始まりました。それは予約されたプールの一つから創設されました。それはシンガポールの保障有限責任会社です。その早期のフォーカスはブランドの知名度、マーケティング、トレーニングそしてパートナーシップに向けられていました。2018年後半に最初の評議会の傾向が終わり、そして新しい評議会がメンバーによって選出されました。

新しい評議会はCatapultのリリース、ガバナンスそして持続可能性のサポートに重点が置かれています。それらはこれを達成するために今のところ再構築しています。評議会は予約されたプールから更なる資金を通して委任を受けるため、2019年にパブリック投票のためのパブリック提案書を提出する予定となっています。

 

NEMベンチャー

NEMベンチャー、それはエコシステムの中の最も新しいメンバーです。2018年に小さな、高いモチベーションを持ったチームによって作られました。私たちはコミュニティー資金の管理を向上するためにコミュニティーによって委託されました。明らかに、素晴らしいシステムはボランティアが運営し、これは現在のブロックチェーン、ベンチャーキャピタルファームに移行しています。私たちはまもなくシェアすることを希望している多数の面白いパートナーシップとイニシアチブとともに最初の採掘を作っている段階です。私たちはジブラルタルに登録された建造物を所有しています。

  • NEMコミュニティーの信頼:信頼の目的はNEMの利益のために永久に存在し続け、それは今のところオペレーティングコスト資金から発掘されています。そして中長期タームはNEMコミュニティー資金を吸収するでしょう。
  • NEMホールディングス:一人のメンバー(Trust above)による保証有限責任会社です。それは主としてそれらの委託の中で、しかし操作的活動の中で補助的な企業を確実にする責任を持つ取締役会が伴ったガバナンスレイヤーです。
  • NEMベンチャー:有限責任会社であり、コミュニティーアセットを管理し、NEMエコシステム内で商業的な実現可能なプロジェクトを生み出すNEMホールディングスによって所有されています。

重点はNEMエコシステムとXEMの繋がりを活用し、利益を出す商業的な実現可能なプロジェクトに置かれています。

 

・・・・

以下原文

・・・・

 

NEM Blockchain Ecosystem

by Julian · February 5, 2019 

NEM, its entities, what they do and how they interact.

Following recent media coverage of the NEM Blockchain. It was apparent there are misconceptions about how the ecosystem works, where it is funded from and which entities do what. In response to these questions, we have provided a basic guide here.

The image below is very high level but shows the constituent parts, of which NEM Ventures is one.

 

First appeared on NEM Ventures

The NEM technology and its development, is independent of any of the legal entities you may see speaking on behalf of the community. All the entities could cease to exist and the project would continue independently of them.

NEM History

NEM started as a call for participation in 2014. It attracted various parties; the current core developers among those. The first version (NIS1) was released in 2015. The new version (Catapult) is being developed actively at present and is currently available in Beta for Private Chain deployment. Public Chain launch is expected in 2019.

Upon launch the XEM tokens were distributed:

  • To interested stakeholders for a nominal value, no ICO occurred.
  • To reserved pools, for specific uses later, which are controlled via on-chain multi-signature functionality by various long standing and trusted members of the community.

Those tokens have a value due to a combination of trading on utility token exchanges and them being used as the transaction fee mechanism. The Public Chain and associated tools receive work from the Core Developers, Projects, the Community and the Centre of Excellence (CoE) developers.

There are three primary entities, they are legally separate organisations with distinct reasons for existing. However they, collaborate on numerous initiatives for the benefit of NEM and providing development requirements.

Tech Bureau

Tech Bureau fund the Core Developers costs, own and operate an enterprise licence for Mijin – a private chain implementation. Mijin contains functionality not available on the Public Chain.

This is different to deploying NIS1’s public code base as a private chain, which is also possible. Tech Bureau is self funding and is a private Japanese company that implements Mijin for commercial customers.

NEM Foundation

NEM Foundation; created in 2016, ~2 years after the Public Chain launch. It was funded from one of the reserved pools. It is a Company Limited by Guarantee in Singapore. Its early focus was on brand awareness, marketing, training and partnerships. In late 2018 the first council’s term came to an end and a new council was elected by members.

The new council are focused on supporting Catapult release, Governance and Sustainability. They are restructuring at present to achieve this. The council are due to submit a public proposal for public vote in 2019 to receive a mandate to access further funding from the reserved pools.

NEM Ventures

NEM Ventures, the newest member of the ecosystem. Created in 2018 by a small, highly motivated team. We are mandated by the community to improve management of the Community Fund. Previously, a grant system run by volunteers, this has transitioned to a modern Blockchain Venture Capital firm. We are in the process of making our first investments along with multiple exciting partnerships and initiatives we hope to share soon. We are a holding structure registered in Gibraltar:

  • NEM Community Trust: A purpose trust that lives in perpetuity for the good of NEM, it is funded at present from the Operating Costs Fund and mid-longer term will absorb the NEM Community Fund
  • NEM Holdings Ltd: A company limited by guarantee, with one member (the Trust above). It is primarily a governance layer with a board of directors responsible for ensuring subsidiary companies operate within their mandate but little operational activities.
  • NEM Ventures Ltd: A company limited by shares, owned by NEM Holdings Ltd which manages the community assets and invests in commercially viable projects within the NEM ecosystem.

The focus is on commercially viable projects that utilise or benefit the NEM ecosystem and XEM adoption.

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
えっさん🐾ネムツアでうぇ〜いな人
2019-02-08 13:16:33ID:48246

>>ponchiki::さん
えっさんもリアルコイン眺めて頑張るうぇ〜い(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
見とれるうぇ〜い(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

ponchiki
2019-02-08 12:43:01ID:48208

>>えっさん&小梅ちゃん@nemlogコメンテーター::さん
リアルコインを握りしめながらがんばりまーす!

えっさん🐾ネムツアでうぇ〜いな人
2019-02-06 22:32:12ID:47023

本日も翻訳ありがとうぇ〜い(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
今日のは知ってることばが多かったのでわかりやすかったうぇ〜い(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

NEMber who posted this article

nemから始まったブロックチェーンエンジョイライフ。
NEMLIFEというnemニュース翻訳ブログとクリプトマルシェという仮想通貨決済可能なマルシェを運営しています。NEM決済を導入されたい方は個別に対応いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

ここでは主にnem関連のニュースや情報を発信していきたいと思っています。

ブロックチェーン関連
NEM.io Foundation Member ID:NEM-000913
CS198.1x: Blockchain Fundamentals Professional Certificate
CS198.2x: Blockchain Fundamentals Professional Certificate
13332
0

Why don't you read following articles?