connecting...
Google translation for articles :
4 NEMBER donated to you!!

NEM財団からメッセージ、コミュニティの皆様へ

nem4.03xem (4) 339 6 0
ponchiki 2019-02-08 12:41:17

本記事は以下を和訳したものです。

https://nemflash.io/nem-foundation-message-community/

 

NEM財団からメッセージ、コミュニティの皆様へ

ジュリアン・2019年2月5日

 

NEMコミュニティの皆様へ

新メンバーによる評議会がスタートしてほぼ1ヶ月が経過しました。この間、我々を取り巻く環境は変わり、我々も大きく変わろうとしています。我々は透明性のある財団運営を皆様にお約束し、ここにこれまでの経緯全てと今後に関するいくつかの重大なお知らせをご報告させていただきたいと思います。

 

記事ソース:NEMフォーラム (こちらから討論にご参加ください)

 

これまでの経緯

NEM財団は、過去2年の間、世界中の各地域でNEMプラットフォームの宣伝促進活動を個別に行ってまいりました。これはかつて前例のない分散型の組織運営体制です。財団はNEMパブリックチェーンにおける様々な決定事項について信任を得、これまでNEMのグローバルな採用は各地に浸透、拡大してきました。そして2018年、試験的にリーダーシップを世界の各地域に分散させるという新たな運営方針を打ち出し、リージョナルのリーダーが自由裁量でNEMの促進活動を進めていくという体制を確立したのです。

 

2019年1月1日、新評議会体制が発足し、我々は2018年の収支決算・活動状況に関わる全ての資料に目を通しました。多くの優秀な人材の努力の跡がそこには見られるものの、その全てが同じゴールを目指しているとは言い難いものでした。同じような促進活動が使い回され、目標達成基準もまるで一貫性がありませんでした。説明責任の観点からも、毎月9百万XEMもの支出が正当化できる財源や費用対効果は確認できず、効率的な組織運営という点からも、現行体制は失敗であったと言わざるを得ません。XEMが高値を記録している間はさほど大きな問題ではないように思われます。しかしながら、財団が組織として「暗号の冬の時代」を生き抜くために、決して見過ごすことができない重大な問題であると認識しなければなりません。

 

現実

XEMの交換レートは昨年の今頃に比べ壊滅的に下降しており、またその他の有望な暗号貨幣プロジェクトも同様に停滞、NEM財団は今、大変苦しい予算編成決定を迫られています。我々は、暗号貨幣における他の競合者と立場を同じくし、厳しい生き残りレースの真只中にいるのです。NEM財団のエコシステムが今後継続的に発展していくために、今まさに早急な対応が迫られています。それが我々新体制の使命であります。

 

明るい見通し

NEMユーザー、雇用スタッフ、開発者、パートナーの方々の利益追求の観点から、今NEM財団に求められているのは素早い改革案です。評議会はそのメンバーが公認される以前の12月の時点から、週に数回のペースで、時差や昼夜を問わず徹底したミーティングを重ねてきました。そして今、一定の合意と方向性の修正が確認できたところです。

 

我々はNEM財団の経営構造とそのミッションを根本から見直し、ここに再構築いたしました。リフレッシュボタンを押し新たなスタートを切ったのです。新NEM財団と新しいリーダーシップの下、この強靭なコミュニティをさらに発展させるため、財団は全身全霊を尽くす覚悟です。組織運営は今後、促進活動中心からプロダクト重視に移行いたします。

 

新しい現実

NEM財団は地域ごとのリージョナルチーム制を廃止し、プロダクト自体に焦点を当てた、プロダクト・フォーカスチーム制で新たに運営していきます。全ての財団従業員と契約者たちは今後、7つあるプロダクトチームのひとつに所属、所属チームへの報告義務が発生します。これらのチームの陣頭指揮を取るのは、Chief Technology Officer, Chief of Product Management, Chief Financial Officer, Chief Business Development Officer, Chief Operations Officer, Chief Marketing Officer, Chief Revenue Officer です。

これらのチームリーダーは透明性と説明義務の観点から、直接、評議会とコミュニティへ投資利益率の算出と報告を行うことが義務付けられます。財団の財務歳出は全てファイナンスチームのリーダーが管理を行い、会計基準に則った一貫性のある透明な支出の流れを保持します。評議会は財団の管理監督のみに徹し、運営業務には直接関与しない方針です。

 

重大なお知らせ

我々は今後促進活動費を大幅に削減、その一方で、プロダクトの技術面底上げ、開発ツール、またNEMプラットフォームを業界トップに押し上げるために必要なプログラマーの充実に関して、積極的な目標設定を掲げました。また、継続維持可能なプランの設定も重大追加事項のひとつです。

 

我々はバーンレート(資金回転率)を60%引き下げた予算の計上をいたします。これは効率的な資金運営の元に、我々が求める結果を導きだせるより良い予算案であると確信しています。しかしこの予算案を通すために、我々はさらに多くの段階を踏まねばなりません。

 

現在我々の手元にある運営資金は残り1ヶ月分のみとなっています。これは人件費を含め、パートナーシップやプロジェクトにかかる経費を考えると、すでに運営が不可能な領域で、全てのプロジェクトを停止せざるを得ない状況です。多くの支援者の皆様に多大なるご迷惑をおかけすることになり、たいへん遺憾ではありますが 、今NEM財団で何が起きているのか全てを明らかにすることが我々新評議会の使命であると考えます。

 

今回の発表については、様々な憶測や疑問があると承知しております。我々はできるだけ早く、正しい情報を皆様にお届けできるように努めてまいりたいと思います。現段階で我々がお伝えしたいのはNEM財団がたいへん危機的な状況に直面しているということです。但しこれらの問題はNEMプラットフォームとは無関係ですのでご安心ください。我々は、何故このような状況に陥ったのかということ、そして何故根本的な改革が必要であるかということを皆様にお知らせし、ご理解をいただきたいと思っています。

 

明るい見通し

さて、ここからは良いお知らせです。我々はこの困難を克服できると確信しています。チャンスはピンチから生まれてくるものです。 NEMのテクノロジーは新しいビジネスアプリケーションの構築を模索する開発者にとって、今もなおベストな選択であり続けています。我々はこの業界でさらなる業績を上げるべく邁進する覚悟です。今後数ヶ月のうちに、我々のパートナーたちが長年待ち望んだ最新プロダクトが解禁予定です。また我々のパートナーシップとビジネス開発努力については、その費用対効果を明らかにし、全くの透明性を確保していく所存です。我々チームは同じゴールを共有し、またファイナンス、プロダクト開発チームは、次の上昇相場における利益の最大化を図るために必要な計画作成に力を注いでまいります。

 

こうしたポジティブな変革はかつてないスピードで訪れました。多くの改善策、そしてNEM財団がコミュニティの皆様のパートナーシップとともに成し遂げられるであろう素晴らしい成功の未来に、多大なる期待と自信を持ってください。NEMはコミュニティの皆様に支えられ、育てられているのです。我々はこの託された信頼を裏切ることなく、今後もコミュニティの皆様の利益を最優先に事業展開していく所存です。

 

コミュニティの皆様、そしてスタッフへのメッセージ

コミュニティの皆様にお伝えしたいことがあります。あなたがたはNEMブロックチェーンの基盤であり砦です。我々新評議会は、カタパルトの促進、継続維持可能なシステム、NEM財団の組織運営改革を当面の重要課題とし、皆様の期待を裏切ることなく、今後も邁進していきたいと思っています。

 

ハードワークをこなすスタッフの皆さん、そして誠実なチームのメンバーへ。今回の改革に至る決断は非常に苦痛を伴うものでした。新評議会が発足して1ヶ月、我々の目の前には恐ろしいほどの現実が横たわっていました。旧評議会が行ってきた間違いを我々が謝罪したとしても何の意味もありません。新体制がお伝えできるのは、我々の目の前には明るい未来が広がったのだということです。

 

最後に

新評議会が発足した今、我々はNEM財団の将来は素晴らしいものになると確信しています。財団にとって必要不可欠なゴールを最重要項目に掲げ、業界トップの地位を維持し、この「暗号の冬の時代」を生き抜いていく強い意志をここに表明いたします。来るべきカタパルトの発信は、今後のブロックチェーンビジネスに大きな革命を引き起こすに違いありません。我々はこの新しいスタートに先駆けて、皆様からいただいた多大なるご支援に深く感謝申し上げたいと思います。そして、我々がこの暗号冬の時代から一歩抜け出し、さらに上昇していくのをどうぞ期待し見守ってください。我々は次世代ブロックチェーンの要となるカタパルト商業ベース始動という絶対的ミッションに、総力をあげて取り組んでまいります。

 

3つの見通し

 

  1. カタパルトの企業ベースの採用増。
  2. カタパルト発信後のパブリック・プライベート両ブロックチェーンにおける取引増。
  3. NEMnの明るい未来を切り開く強いリーダーシップと強固な財団運営の確保。コミュニティ、パートナー、グローバル社会への貢献度アップ。

 

コミュニティの皆さんの期待が非常に大きいということを我々は強く認識しています。その期待に応える結果を出すべく、可能な限りの努力で目標達成のため全力を注いでまいります。

 

そして最後に全ての皆様へ。皆さんがご存知だった以前のNEM財団はもう存在いたしません。新しい提案書は、これまでと全く違ったアプローチとミッションを掲げています。我々はコミュニティへの貢献を最大の目的とし、責任を持ってその務めを果たしていく所存です。

 

我々は、プロダクト・利益回収を最重要視し、無駄を省いた経営方針を追求した新しい組織に生まれ変わりました。そして、何よりコミュニティの皆様を最優先することを、ここに改めて表明いたします。

ありがとうございました。

 

 

  • - - - - 

以下原文

- - - - - 

 

 

NEM Foundation – message to the community

BY  JULIAN · FEBRUARY 5, 2019

Hi NEM Community,

It’s been about one month since the new council started, and a lot has happened. We are committed to transparency, so we are pulling back the curtain with some good news, some difficult news, and some major announcements.

First appeared on the NEM forums, join the discussion!

Background

For the past two years, the structure of the NEM Foundation was a first-of-its-kind attempt to running a decentralized promotional organization in different regions around the world. The Foundation was trusted with making decisions for the NEM public chain and spreading its global adoption. In 2018, the Foundation tested the concept of decentralized regional leadership, allowing each region a great deal of freedom in how they operated as long as they were promoting NEM.

When the new council arrived on January 1, 2019, we opened the books and saw the results of 2018. We saw a lot of talented people who were working hard, but not aligned with the same goals. We saw efforts being duplicated, and inconsistent metrics of success. We saw very little accountability for funds and questionable ROI, leading to a burn rate of 9 million XEM per month. In terms of running an effective organization, the existing structure failed. Maybe that didn’t seem like a big problem when the XEM price was high, but it’s a very big problem as we seek to sustain a viable organization in the ‘Crypto Winter.’

Reality

The XEM exchange rate has suffered catastrophic drops from this time a year ago, just as many other ambitious cryptocurrency projects have suffered, now the NEM Foundation is facing challenging budget decisions. We are in a tough spot like many others in this space. It is our duty to act quickly to ensure the longevity of the NEM Foundation ecosystem and development.

Good news

It’s clear to the council that we need to make swift changes from an operational standpoint in the interest of NEM users, employees, developers, and partners. The council has been meeting multiple times per week since December (we convened before we were even official) and working around the clock across seven time zones to come to an agreement and do the right thing.

So here’s where we currently stand. We have completely rebuilt the NEM.io Foundation’s operating structure and mission. We are hitting refresh and starting from scratch. This means a new focus under this new leadership and a NEM Foundation that truly exists to serve and support its powerful community.

The way we will do this is by transitioning from a promotional-focused organization to a product-focused organization.

New reality

The NEM Foundation has restructured to eliminate regional teams and replace them with newly created product-focused teams. All Foundation employees and contractors will now report to one of the seven product teams. The heads of these teams are Chief Technology Officer, Chief of Product Management, Chief Financial Officer, Chief Business Development Officer, Chief Operations Officer, Chief Marketing Officer, and Chief Revenue Officer.

Each of these team’s leads will be responsible for reporting metrics and delivering ROI directly to the council and community to maintain transparency and accountability. All funds spent will flow through the head of finance and adhere to consistent accounting standards. The council will be focused on oversight and will not be directly involved in operations.

Major Announcement

In our new proposal, we are greatly reducing promotional spending and we are adding an aggressive set of goals for tech product features, developer tools, and programmers that will help make the NEM platform the best in the industry. We are also adding plans to be sustainable.

We are proposing a budget with a burn rate reduced by about 60% from its previous level. This will allow the Foundation to deliver ambitious results with responsible use of reserves. This budget is not yet confirmed, and there are more steps ahead before we have the funding needed for these plans.

The reality of having one month left in funding means we won’t be able to support our current headcount, partnerships, and projects. We need to put everything on hold. This is painful since it hurts good people and partners, but the new council is aligned that we need to be transparent with what is happening behind the scenes of the NEM Foundation.

There are a lot more questions to answer, and we will share more information about all these announcements as soon as we can. But we felt the community should hear this news. We want you to understand the serious situation the NEM Foundation – not the NEM platform – faces and the drastic changes we are making and why we’re making them.

Good news

Now the good part. We can solve this. In the face of this bad news, there are amazing possibilities. NEM’s technology is still among the best for developers looking to build business applications, and our new focus is going to push us even further ahead in the industry. Our new features will unlock uses, ready in months, that partners have been asking for for years. Our partnerships and business development efforts will now have full transparency and ROI reporting. Our teams will be aligned on goals. Our Finance and Product Development teams will have plans on exactly how to maximize the benefits of the next bull market.

Positive changes are happening so fast, we have never seen anything like this before. So we hope you’ll take away confidence and excitement for these improvements and the great things the NEM Foundation can do in partnership with you, our community. Because more than ever, the community owns NEM. And above all, we are trying to uphold the trust placed in us and do the right thing for the community.

Message to the community and staff

A message to the community, you are the bedrock and stronghold to the NEM blockchain platform. With the new council, the last thing in our minds is to let you down and the first thing in our hearts is to ensure that we focus on Catapult, sustainability, and NEM Foundation governance reform.

A message to the hardworking staff and loyal team members, words cannot describe the difficult decisions we had to make to come to this point. We are only one month old as the new council, and to face the facts of where we stand is horrific. We cannot apologize for the past decisions before we came into leadership, but we want to let you know that there is hope for the future.

Final message

We are optimistic about the future of the NEM Foundation under its new council. With a laser-focus on our mission-critical goals, we are positioned to remain an industry leader through this ‘Crypto Winter.’ The upcoming launch of Catapult will revolutionize blockchain’s future, and we are grateful for your support in the next steps of this journey. Expect to see us rise from the dust of this Crypto Winter and have a laser focus on our mission-critical goal which is the launch and commercialization of Catapult, our latest technology update that will revolutionize blockchain’s future.

Three things to expect:

  1. Expect to see more enterprise adoption utilizing Catapult.
  2. Expect to see more public and private chain transactions when Catapult launches
  3. Expect to see stronger leadership, solid governance and more service to the community, partners and the world as we hope for a brighter future.

We know the community has high expectations, we will work our best to meet these expectations to the best of our abilities.

We have one final message for all. The NEM Foundation you knew before is gone. The new proposal will clearly outline a significantly new approach and mission. We exist to serve and support the community responsibly.

We are a new, leaner, product-focused, revenue-driven, community-oriented organization. Thank you.

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
やそ
2019-02-08 19:16:48ID:48366

>>ponchiki::さん
なるほど!いつもありがとうございます!

ponchiki
2019-02-08 15:06:26ID:48307

>>えっさん&小梅ちゃん@nemlogコメンテーター::さん
続く限りは続けますですはいです!

ponchiki
2019-02-08 15:05:37ID:48306

>>やそ::さん
あ、NEMJapanからも出てました?(;・∀・)
すんません、そこまでチェック出来ていないんです。
早い話、https://nemflash.io/にあげられる記事を見て和訳してるだけです…。

個人で勝手に(とはいうものの、NEM LIFEの開始時にnem財団には和訳する旨を打診しサポートを歓迎すると回答はもらってますが)和訳記事を出しているので、今までも、そしてこれからもこういう事がままあると思いますがご勘弁を( ;∀;)

やそ
2019-02-08 14:35:03ID:48286

いつも和訳記事ありがとうございます!
ただ、今回のって、NEMJAPANも出しているhttps://nemjapan.jp/message-to-the-community/
これと同じではないでしょうか??

NEMber who posted this article

nemから始まったブロックチェーンエンジョイライフ。
NEMLIFEというnemニュース翻訳ブログとクリプトマルシェという仮想通貨決済可能なマルシェを運営しています。NEM決済を導入されたい方は個別に対応いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

ここでは主にnem関連のニュースや情報を発信していきたいと思っています。

ブロックチェーン関連
NEM.io Foundation Member ID:NEM-000913
CS198.1x: Blockchain Fundamentals Professional Certificate
CS198.2x: Blockchain Fundamentals Professional Certificate
13494
0

Why don't you read following articles?