connecting...
Google translation for articles :
4 NEMBER donated to you!!

演劇基礎論◆ 演技上達方法② 「初心者と超初心者に教える方法」

nem2.65xem (4) 353 6 1

 

例えばお芝居の初心者といえど、全くの初心者と少し経験がある人がいます。

初心者を教えると言っても、他より少し台詞が話せてると「思いこんでいる」初心者というのは扱いが難しいです。

本来、何事でもそうですが、上達する人は年齢性別関係なく、

有効な意見には謙虚で取り入れるのが上手です。

逆に言うと、そうでない人は何事も上達しません。

 

 

例えば、同じ舞台でみんなでお芝居をする場合に半端な初心者がいると、

超初心者に対してダメ出しする内容では彼らは満足しない。

何なら、同じようなダメ出しをすると多少反感を覚えたりする

 

なのでこういうタイプが混ざる場合には、

多少の向上心をくすぐるダメを出さなきゃいけない。

仕事や趣味のグループでもそういったことありませんか?

面倒ですよね?

 

さて、

今回はそんな2タイプの初心者さんがまぜこぜの場合に、

作品のお稽古がスタートして間がない頃にするアドバイスを書いていきます。

 

■全くの初心者さん向け

 

①「声を出す」ときの注意。

 

 ⇒その際、座って本読みをしていても、台本は手で持つこと

  ⇒机に台本を置いて読むと、顎が下を向くために気道が狭くなり、発声に支障が出る

 

②「多少無理にでも声を出す」

 

 ⇒腹式による表現なんてすぐ出来ません、まず無理にでも声を出して、

   どうしたら楽に声を出せるかを模索するのが良いでしょう。

 

 

■初心者だけどちょっとだけ芝居を知ってる人向け

 (※あくまで上記①②がそこそこ出来ている前提ですが)

 

③「芝居はアンサンブルが大事」

 

 ⇒例え多少の技術があっても、懸命に誠実に演じようとする「全体の力」に逆らわない。

   群衆シーンであれば、個で目立とうとせず、

   その「渦」に乗れるエネルギーを発揮して継続させ、上手く調整して混ざるること。

 

④「まずやってみる」

 

 ⇒芝居は「ぬり絵」ではなく「彫刻」です。

   役者は役作りとして、ざっくりした石の塊を持ってきてください。

   それを演出と共に削っていき、彫刻作品が出来上がるイメージです。

   何も考えなしに稽古に出てきて、何から何までつけてもらおうと考えないこと

   それは最初から描かれた絵に色を塗るだけの「ぬり絵」と同じです。

 

…ちょっと難しいですかね(;´・ω・)

 

知的好奇心とプライドをくすぐるために、あえて考えさせるような考え方を言ってます。

この③④は、超が付こうが付くまいが、初心者には必須なアドバイスです。

結局のところプチ初心者は小さな経験により、無駄なプライドを構築していることが多いです。

そういう人には、基礎論に加えて思考方法を与えると勝手に考えてコンガラがってくれます(*‘∀‘)

 

ちなみに①~④は普通に芝居のアドバイスとして活用できます。

特に①の台本を読む体の形に関しては、台本を下に置いて読む人が結構います。

机と椅子を用意していると置いちゃうんですかね?

書き込みがしたいから片手にペンを持ってまるで授業のような人も(;´・ω・)

ペンは持っててても良いので、台本は両手で顔の高さ付近まであげましょうね。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
のーんのん
2019-02-18 16:22:26ID:58034

>>ZEMZEM🐳nemlog基金理事長::さん
あ、え、はい(;´・ω・)ノ

のーんのん
2019-02-18 16:22:01ID:58033

>>matsuno::さん
趣味の団体やお仕事などでも使えればいいですね(*‘∀‘)

のーんのん
2019-02-18 16:21:16ID:58032

>>えっさん&小梅ちゃん@nemlogコメンテーター::さん
そうですね、人前で話すときにも応用できますね(^^♪

ゼム🦈ゼム
2019-02-14 00:20:10ID:53547

・w・考えさせるような考え方!

matsuno@漆黒の
2019-02-13 22:38:13ID:53431

ちょっとだけ知っている人向けは確かに考えさせられました。応用できそうです。
ありがとうございます!

えっさん(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
2019-02-13 20:38:28ID:53205

台本を置いて読むと、顎が下を向くために気道が狭くなり、発声に支障が出る

朝礼とかで声を発することがあるんですが、下を見ずに上を見て発するのと一緒うぇ〜い(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
よかったうぇ〜い(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

NEMber who posted this article

ウン十年の役者人生を歩む(舞台メイン、古くはテレビ、CM、など)。キッカケを得てフリーに。NEM、XRP、草の保有者。Twitterでは暗号通貨の他ノンジャンルで有名無名関わらず、ダメな人以外をフォローします。(ブログ内画像はフリー素材かオリジナルを使用しています)
14042
0