connecting...
Google translation for articles :
4 NEMBER donated to you!!

文系は言葉遊びばかりでくだらない。

nem2.60xem (4) 762 9 0

 

よくある理系アゲ文系サゲの主張の中に

 

「理系は確かな正解を導き出すが、文系は何も正解を出せずに言葉遊びばかりやっている。」

 

というようなものがある。

 

いわゆる、文系不要論の一種だろうか。

 

なお、これに同調してワイワイ騒いでいるいわゆる理系に分類される層は

 

「真面目で聡明=理系

 

バカでウェーイ=文系

 

だから俺ら理系はすごい!」

 

といった認識だと思うので、彼らの話はとりあえずここでは省く。

 

キウイをりんごだと思い、また、バナナをパイナップルだと思ってる人が抱く「りんごとパイナップルについての印象」はキウイとバナナについての印象であって、りんごとパイナップルについて述べていないので。

 

そんな取り巻きを掻き分けて、件の理系アゲ文系サゲの源泉を目指す。

 

そもそも、これが源泉の時点で先述したような適当なイメージから出た主張であるならもはや何も言えないのだが、あくまで発生段階では文系、理系というものがそれぞれある意味においてしっかりと定義、認識されていたとすれば、その礼賛、批判の意味合いも変わってくる。

 

要するに

 

・理系学問の武器である<数学>は、正しい解を導けるものであり、また、現実そのものを記述することも可能である為、彼らの営みは確かな解に到達し得る。

 

→理系は現実を発見しているから、言葉遊びではない。

 

・文系は数学を用いずにいつも曖昧な<言葉>に逃げる。

 

→文系は現実を見ず、こじつけばかりしているから言葉遊びである。

 

こういう具合になるのではないか?

 

 

さて、文系の営みは御指摘の通り言葉遊びであると私も思う。

 

内容の荒唐無稽さ、曖昧さなどというものは突き詰めると重要ではない。

 

仮に筋が通っていようが言葉遊びでしょう?

 

現実的な何かを言葉で表してる時点でそれは全て言葉遊びなのだから。

 

そして、数学もそうでしょう。

 

数というもの自体が物理的な現実には存在しない概念なので、純粋数学は<頭の中というリング内>でのみ純粋にそれそのものとして存在可能な記号(=その中ではそれが事実足り得る)であるわけだし、また、数学を利用する科学はその記号を<無理矢理外に引っ張り出してきて>それを使って現実を記述してるわけなので、当然、「現実そのもの」と「数学的現実」との間には埋められない溝というものが生じる。

 

ならば、理系的な営みも「客観的な現実世界そのものと狂いなく対応する解」を「発見」するものではないのではないか?

 

結局、どちらも言葉遊びならば、言葉遊びという卑下する意味合いを孕んだ言葉を使うのはやめて、双方<発明>と呼んだ方が良いように思える。

 

 

ところで、すべて発明だとは言うものの、あらゆるものが<日常生活において>等価だと言い切るのは良くないので、文理問わずクソとミソを区別する別の尺度が必要となる。

 

現実的な次元において

<有益な発明>と<無益ないし有害な発明>。

 

以前も書いたように、あるものが役に立つか否かというのは究極的に俯瞰した際のそれが持つ価値そのものとは切り離して考えるべきだが、とはいえ

「だから、全ての価値は不可知であるが故に等価として処理すべきだ」

と常に言うのもこれまた乱暴な話である。

 

仮に、我々の生活に欠かせない技術の開発に日々勤しまれている工学者と、あまりに危険な条文解釈をする法学者がいたとして、私は前者を尊重し、また後者をクソだと思う。

 

役立つものが本質的に優れているわけではないという認識は持ちつつ、どこかで折り合いは付けねばならない。

 

その上で、私は、「文系バッシングに対するアンチテーゼとして、理系をサゲるべく」双方の営みが共に発明だと主張する気はないし、文系だろうが理系だろうが質が悪い発明はあり、また、それらは立場を問わず共に支持されるべきでないと思う。

 

しかし、この意見について(理系目線からみてどうかはさておき)、個人的に文系側からすら支持されないのではと感じるのだ。

 

マルコムXが黒人の地位向上のために「黒人の他人種に対する遺伝的な優越」を説いたら大きな支持を得たように、攻撃されている側の支持を集めるためには悪辣な反撃で応えないといけないのだろう。

 

ハンムラビ法典なら等価を原則としているが、被抑圧側の民意を軸として考えるとそれでは不十分であり、目をやられたら仕返しに相手の首を刎ねてやるくらいが丁度いいという寸法である。

 

また、穏やかな意見など述べようものなら日和見主義だと攻撃されるのかもしれない。

 

 

そこから考えると、上記の「いわゆる理系目線」からの文理の対立と優劣の関係性

 

「ウェーイと聡明」

 

「虚構と現実」

 

これに対する反論として

 

「文理に究極的な方法論の差は無い以上、双方分け隔てなく現実的に良いものは良い、悪いものは悪いと言うべき」

 

というようなものではなく

 

「コミュ力人間と根暗」

 

「有機的営みと無機的営み」

 

のような、対立構造の存在自体はそのままに、立場を逆転させた売り言葉に買い言葉的悪口を浴びせた方が身内の支持、納得は勝ち取れる。

 

実際、「文系領域がいかに大切か」を説こうとする人の中にも、バズりたいから意識的にやるのか、はたまた無意識なのかはさておき、おそらくこの手の悪口に走るケースがある。

 

このようなわけで、本当は越えられるのだが、実際に越えてみるまでは壁が大層高く感じる次第なのだろう。

 

 

ところで、文理の隔絶による弊害をダイレクトに受けるのは案の定学生である。

 

リベラルアーツとか、グローバル的思考とか、多面的発想とか、そのような訳の分からない急ごしらえのごった煮が必修科目になっていたりするが、指導する立場にある人間も大抵自分のタコツボに入っているし、学生自身も高校の頃から文理という壁で仕切られてきた経験があるので、何を何のためにやっているのか誰もわからないまま90分が過ぎる。

 

こういうのが悪い言葉遊びである。

 

「学際的」という言葉 が臭い敵 になってしまえば、壁もまた更に高いものになってしまうだろう。

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
大魔うぇ〜いえっさん🐾
2019-02-16 16:42:05ID:55871

バカでウェーイ\(//∇//)\www

ステキうぇ〜い(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
えっさんうぇ〜い(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
テンション高まるぅぇ〜〜〜ぃ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

#ホントの馬鹿

物愚者
2019-02-16 14:26:07ID:55757

>>7zoesan::さん

人が密接に絡む医学みたいな領域は「統計的にあの症状にはコレが〜」みたいな紋切り型の対応するわけにはいきませんよね。
かといって、患者の主観的幸福が第一だとかいって科学的な知見を無視して対応していいわけでもないですが笑

物愚者
2019-02-16 14:16:37ID:55751

>>目指せ北海道::さん

皮を剥いていくと、数字もその他の言葉や文字も、「世界をなるべく不都合が無い形で知り、伝えるためのツール」という側面があり、それらが存在することによりそれ以前の状態よりもマシな世界に住めるという意味で「安心」のためにあると言えますね。

ただ、数字に関しては文中でも述べたように「現実世界の忠実な写し絵」という特別な権威を帯びているので、悪用してもバレ辛いし、だからこそ積極的に悪用する人が現れますね。

牛丼をブルーベリーと呼んだら怪訝な顔をするのに、数の場合は本来黒であるものに変な関数かませて白だと言ってもあまり突っ込まれないので。

7zoesan
2019-02-16 14:08:43ID:55744

コミュ力ないお医者さんはいつでもクレームに晒されています。良いお医者さんほど文学にも精通している読書家さんが多いです(印象)

物愚者
2019-02-16 14:03:26ID:55738

>>YUTO::さん

カタカナとひらがなで弁別されます笑

理系領域の実益(実証、再現性の高さ)と、抽象概念を具体物と見做し、その上で器用に応用する日本人的な特性と、それぞれの専門家がオラが畑の外には出ないという傾向が、壁と、文<理という関係性の原因として考えることもできるなぁと、丸山真男の日本の思想読んでてふと思ったのでこれ書きました。

それが世俗化した成れの果てが一般論としての文理のイメージなんでしょうが、現にそう思ってる世間やその世間の中で育った学生に対してどうアプローチすれば学際性の大切さについて納得してもらえるんですかね。

目指せ北海道
2019-02-16 14:01:31ID:55736

僕はコテコテの理系人間ですが、それだけに数字で人を騙す人を沢山見てきました。だから理系も文系も、誠実であることが大切だと思っています。科学も芸術も目指すところは魂の安らぎではないのかな。僕も、絵画や音楽や、法律や経済が存在しない世界には住みたくないですもん。

YUTO.nem
2019-02-16 13:46:03ID:55717

「うぇーい」ってえっさんを彷彿とさせるよ(笑)
もうちょっとマシな言い方が・・・

自分は文系と理系に学問を分けるのは良くないと思っているけどね!!
学際分野になると、文理融合したものもあるから、どちらの素養も必要になると感じる。
だから、文系不要論などはナンセンスだと思う。

物愚者
2019-02-16 13:45:37ID:55715

>>りぽ丸::さん

何事も脳機能の傾向で説明すると今時は説得力があるんですが、はてさて。

りほ@笑う門には福来る!
2019-02-16 13:36:52ID:55696

文系と理系の違いは脳の右脳と左脳の違いだと思っています。

第3回 24時間投げNEMマラソン実施中
累計 8 人目のブロガーさん!!

NEMber who posted this article

二億円なんかいらない。
14316
0