connecting...
Google translation for articles :
5 NEMBER donated to you!!

人生気楽にいこうぜ~海外の面白い考え方~

nem3.45xem (5) 290 7 0

どうも、航海士の白ポッポです!

 

今回のテーマは"グローバル”です!

 

グローバルってそもそもなんやねん!

 

もっと言うと、企業が求めるグローバルな人材ってなんぞや!?

 

グローバルというと

 

「世界的な規模であるさま」

「また、全体を覆うさま」

「包括的」

「グローバルな視点」

 

どれも、ピンとこないですね、、、

 

文部科学省の「産学連携によるグローバル人材育成推進会議」がまとめた報告書の一部では、、

「世界的な競争と共生が進む現代社会において、日本人としてのアイデンティティを持ちながら、広い視野に立って培われる教養と専門性、異なる言語、文化、価値を乗り越えて関係を構築するためのコミュニケーション能力と協調性、新しい価値を創造する能力、次世代までも視野に入れた社会貢献の意識などを持った人間」(「産学官によるグローバル人材の育成のための戦略」、平成23年4月28日)

とあります。

個人的には、固定概念と変なしきたりやルールに雁字搦め(がんじがらめ)になっている日本では、このような人材は排除される傾向が強いと感じています。

というのも、海外ではどのような考えがあるか知らないからだと思います。

そこで、今回は2つの言葉を皆さんに紹介したいと思います!

 

それは”PURA VIDA(プラビダ)""Con mucho gusto(コン ムーチョ グスト)"です。

どちらも、中南米コスタリカで使われいるスペイン語です!

まず、”PURA VIDA(プラビダ)"。

こちらは、直訳すると「純粋な人生」となります。

こちらを現地では、様々な場面で使われます。

 

日本語で言うのであれば、「元気です!」「最高ですね!」「元気出せよ!」「細かいことは気にするな!」「気楽にいこうぜ!」といった場面です。

 

とりあえず、”PURA VIDA(プラビダ)"といっておけば、どんな人でも友達になれます

 

待ち合わせをすれば二時間遅れて行動するコスタリカ人。

 

お互いに遅刻するので、結局お互い待つ必要がない。待ってる間も適当にビールを仰いでおけばいいやというお気楽さです。

日本人からすれば、完全にいい加減な人種です。

こんな人は許せないと怒る人も多いでしょう。

 

ですが、これが彼らのルールなのです。

 

元から、”何をしたら失礼”だとか”相手に迷惑をかける”という概念が、日本に比べると全然ないのです。

だからこそ、彼らは”陽気”であり、”毎日が本当に幸せ”なのです。

 

そんないい加減なコスタリカですが、実は誠実なところもあります。

 

それが、"Con mucho gusto(コン ムーチョ グスト)"、日本語で言う「どういたしまして」という言葉に表れています。

本来、スペイン語には"デナーダ(de nada)"という、同様の意味を持つ言葉があります。

"デナーダ(de nada)"は、より正確的な意味合いでは、「いえいえ」や、「気にしないでください」といった、意味合いで日本人が使いそうな言葉です。

スペインを中心としたヨーロッパでは、"デナーダ(de nada)"が一般的です。

 

一方、"Con mucho gusto(コン ムーチョ グスト)"は、「喜んで」、「それ(してあげたこと)は私とって喜びです」と言った、

中世の貴族が、お姫様に言いそうなニュアンスになります。

中南米では、"Con mucho gusto(コン ムーチョ グスト)"が使われることが多いですが、コスタリカではほぼ"Con mucho gusto(コン ムーチョ グスト)"を使用します。

時間や約束にルーズですが、人の温かさが確かにあります。

 

4年間、コスタリカに在住していましたが、そこで得たコスタリカの考えは

 

細かいことを気にせず、自分の良いところも悪いところも素直にさらけ出し、寛容に人を受け入れる。

 

つまり、”PURA VIDA(プラビダ)"の一言に、つきます。

 

嫌なこと、イライラすること、辛いこと、、、

そんな気持ちはもしかしたら、

今までにない視点で俯瞰してみれば、意外とすっきりするかもしれません。

 

最後に就活生に一言。

毎年、企業ですらよくわからないルールを作る、ビジネスマナーは

”PURA VIDA(プラビダ)"

の一言で、薙ぎ払ってしまいましょう!笑

 

変に細かいルールで固めた姿より、あなたの中にある良い部分(武器)を企業もきっと見たいはずです。

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
白ポッポ
2019-04-12 19:12:57ID:101547

>>longe no ken::さん
コメントありがとうございます。
海外のおかしな話や、船のおかしな話をまた記事にしますね!

longe no ken
2019-03-29 23:22:46ID:92852

海外に興味あるのでとても参考になりました!記事楽しみにしてます。

白ポッポ
2019-03-16 07:01:08ID:81730

>>えっさん&小梅ちゃん🎉nemlogコメンテーター::さん

コメントありがとうございます。
興味を持っていただけて幸いです。
これからも、興味を持っていただけるような記事を書きますので、見かけたら覗いてみてください!

白ポッポ
2019-03-16 06:59:14ID:81729

>>YUTO::さん


コメントありがとうございます。
自分のポリシーがあれば、他人のポリシーもあります。
そこを認めてこそ、共存できる社会があり、ガラパゴスな日本がグローバル化する道なのではと思います。
ありのままの自分を自他ともに認めあいましょう!!

YUTO
2019-03-14 13:40:22ID:80382

自分のポリシーは何なのかを見つめるのも大切だということですね!
自分をあるがままに見る大切さを感じます。

NEMber who posted this article

三重県の山奥に住む、航海士。
基本、海の上で過ごしています。

漫画を3000冊以上持つオタク。
最近結婚して、10年溜めていたジャンプを処分しました。

ネムの将来性に期待したり、この国の行く末を案じてます。
17419
0