connecting...
Google translation for articles :
5 NEMBER donated to you!!

QR決済の使い勝手まとめ

nem98.30xem (5) 184 7 1

数年前までは気にしなかったキャッシュレスですが、お釣りのやり取りを減らしたいという理由でキャッシュレスを始めました。

最近ではQRコード決済のアプリでキャンペーンが多くあるのでキャッシュレスにハマっております。

 

 

いろいろなキャッシュレス決済が乱立している状態ですが、いろいろ使ってみて現状の使い勝手について書いてみます。

ポイントの使いやすさや事前のチャージが必要かどうかなど。

 

お得かどうかはキャンペーン内容によるので、ここではほぼ書きません。

 

 

PayPay

・QRコード決済

・PayPay残高からの決済の場合は銀行口座からの事前チャージ必要

・クレジットカード払いも可能

・PayPay残高が足りない場合は残高を使うことができない

・他のユーザーとのPayPayライト送受金が可能

・使えるお店をマップで探せる

 

決済するときには大きく分けて2種類の支払い元が選べます。

PayPay残高→銀行口座を登録しておき、そこから事前にチャージしておくとPayPayライト残高となり、PayPay残高から支払う

クレジットカード→クレジットカードを登録しておき、クレジットカードから支払う


どちらも還元があった場合はPayPayボーナスに入ります。

PayPayボーナスを使うにはPayPay残高から支払う必要があり、銀行からチャージしたPayPayライトとなら合算して支払うことができます。


PayPay内でPayPay残高とクレジットカード支払いを同時に使うことはできません。

(PayPay残高でPayPay決済をして、残りの金額を手持ちのカード自体で払うことは、レジによって可能な場合もあるようです)


少量のPayPayボーナスがもらえても、その額を超える買い物では使いにくいシステムです。PayPayボーナスを使うためにチャージして、またボーナスがもらえて使い続けるループにはめてきます。(チャージは1円単位でできるようなので、使う金額が分かってからちょうどの金額をチャージすれば無駄なく使えるとは思います。)


還元率が良いキャンペーンをやっていますが、使い勝手はあまり良くないので、個人的にはPayPayはあまり好きではありません。




楽天ペイ

・QRコード決済

・チャージ不要

・クレジットカード払い

・ポイントを併用してQR決済可能

(スーパーポイントも期間限定ポイントも利用可)

・他ユーザーとの楽天キャッシュ送受金が可能

・使えるお店を探すと近い順にリストアップ


楽天ポイントが使いやすい決済アプリです。

楽天カードは還元率が良いカードで、楽天銀行は使いやすいネット銀行なので、組み合わせて使うのがオススメです。


楽天銀行からデビットカードも発行できるため、クレジットカード対応しかしていないお店ではデビットカードかクレジットカードを使い、楽天ポイントをためます。

ポイントがたまったら、楽天ペイを使える店で楽天ペイを使っていけばポイントをもらうチャンスと使うチャンスが多くて使いやすいです。


ポイントの使い所は微妙ですが、楽天Edyも楽天なので、チャージでポイントがもらえたりEdy利用でポイントがもらえたりします。楽天スーパーポイントをEdyに変換することもできます。


なかなかの汎用性です。

楽天系で

楽天カード

楽天銀行デビット

楽天ペイQR決済

楽天Edy

楽天ポイントカード+現金など

と5種類の決済方法に対応していて使える機会が多いのでポイントがたまりやすいです。


楽天ペイはポイントが少なくてもポイントを使い切ってその残りの金額をカードで支払う形にできるので使い勝手が良いです。


ネット通販の楽天をあまり使わないユーザーでも、リアル店舗だけで結構な恩恵があります。

 

楽天のキャンペーンは、始めて使う場合に得をする場面が多いですが、使い続けたいとは思わないキャンペーン内容なのでキャンペーン狙いでのみ使い、その後はあまり使っていません。

 

 

LINE Pay

・QRコード決済

・銀行口座からチャージ

・事前にチャージする必要あり

・LINEポイントを併用してQR決済可能

・LINE PayカードでJCBのプリペイドクレジットカードになる

・おサイフケータイでQUICPayが使える

・他ユーザーとのLINE Pay残高の送受金が可能

・手数料を払えば銀行口座へ出金できる

・プラスチックカードを発行することもできる。実店舗でJCBカードとして使える。表面のICチップなし。

・使えるお店をマップで探せる

・QRコードを表示するショートカットあり

・LINE Pay専用アプリがリリースされて、使いやすくなった

 

銀行口座を設定して、まずはチャージをする必要があります。

還元があったり、くじが当たった場合は、LINEポイントになりますが、

QRコード決済の場合はLINEポイントをLINE Payの残高に加算して使うことができます。

 

また、LINEポイントを1ポイント単位でLINE Pay残高に移動することもできます。

LINE ポイントをLINE Pay残高に移動しておけば、LINE Payカードでも残高として使うことができます。

 

LINE Payカードは、JCBのプリペイドクレジットカードという扱いのもので、JCBプリペイドカードとしてネット上の決済で使うことができます。

おサイフケータイ対応のスマホでは、QUICPayの支払い元にLINE Payカードを設定できるので、LINE Payとおサイフケータイの組み合わせでQUICPay決済もできます。

 

おサイフケータイでモバイルSuicaを使っている場合は、LINE Payカードから1円単位でモバイルSuicaにチャージすることもできるので、LINE Payカードの使えるメリットが大きいです。

 

LINE Payも他のアプリと同じように送受金ができます。

 

銀行口座を登録しているので、手数料を払えば口座に戻すことができます。

 

プラスチックカードを発行することもでき、これを使うとJCBカードとして実店舗で使うこともできます。

 

LINE Pay系は

●LINE Pay QRコード決済

●LINE Payプリペイドクレジットカード(ネット)

●QUICPay

●Suicaへのチャージ

●LINE Payプラスチックカード(実店舗)

に使えるのでこちらも汎用性が高いですね。



Suicaへのチャージについて

楽天カードや楽天銀行デビットカードでもSuicaへのチャージができます。

こちらは普通の利用と同じで楽天スーパーポイントがつきますが、なぜLINE PayでSuicaチャージを特筆するかというと、マイカラーを上げる条件で利用金額があり、マイカラーを上げて還元率を上げるところに加算できるためです。


前月の利用金額によって0.5%、0.8%、1%、2%と還元率が変わるので、支払い元を集約するほうが得をする場合もあるということです。


楽天カードは1%、楽天銀行デビットカードも1%の還元率なので、楽天を超えるには2%の10万円利用まで行かなければなりませんが、10万円以上利用している場合は1%の差が少し大きな金額になりますね。



Origami Pay

・事前チャージ不要

・銀行口座 or クレジットカードから支払い

・使えるお店をマップから探せる

・QRコードを表示するショートカットあり


値引きのキャンペーンはありますが、ポイントシステムがないので、得なパターンでのみ使っていく感じですね。

QRコード表示ショートカットなど、アプリとしては完成度は高いです。



まとめ

楽天系でそろえるとまぁまぁの使い勝手になりますが、LINE PayでLINE Payカードやプラスチックカードを作ると裏技的な使い勝手になるのでこちらもオススメです。

ペイペイは対応店舗が急激に増えていて驚いています。

大手のチェーン店は他のQR決済も同時に導入することが多いですが、小さめのお店でペイペイだけ導入されているお店が意外に多くなってきています。使えるお店が他のQR決済より多めかなと思います。

 

 

楽天が良いなと思っていた私ですが、使えるキャンペーンがなくなったので、

最近はLINE PayとLINE PayからチャージしたモバイルSuicaを使っています。

LINE Payのプラスチックカードを発行してみました。今後使ってみます。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
ヘクト
2019-04-23 12:50:49ID:108600

>>やそ::さん
発行してみたんですね。私は白地にLINEキャラクターの描かれたカードを選びました。番号の立体感はないし、プラスチックの質感は安そうな感じですね笑
むしろ茶色のクマのブラウンとかにするほうが期待通りのカードになりそうな気がしましたw

ヘクト
2019-04-23 12:43:27ID:108593

>>目指せ北海道::さん
LINE Payを使うとJCBのクレジット番号が発行されるので、そのクレジット番号を使って、LINE Payにチャージしたぶんだけ買い物ができるようになります。
さらにそのクレジット番号をつかってモバイルSuicaにチャージもできるので、SuicaをチャージするときにLINEのポイントをためられるのが良いところです。
チャージ型電子マネーとQRはまだ別々なので、使い分けがめんどうなのは改善してほしいところですよね。
各社囲い込みが大好きなようで思ったようにはいきませんねー。

ヘクト
2019-04-23 12:36:19ID:108588

>>ほなねむ::さん
コメントありがとうございます!

>>applause::さん
そうですね。クーポンでコンビニのものが100円引きになったりしてるので良いですよね。

やそ
2019-04-23 07:30:35ID:108455

LINE Payのプラスチックカード、ブラックカードがあったので発行してみましたが、
安物感半端ないコレジャナイ感満載のブラックカードでした。
LINE Payにブラックカードを求めた私が間違ってました。

目指せ北海道
2019-04-23 07:19:22ID:108449

クレジットカード、銀行カードなどの磁気カード、SuicaやEdyみたいなチャージ型ICカードが、QRコードでも使えるようになったというイメージでいいんですかね?財布の中からカードを一枚でも減らしたいおっさん的には「なんで暗号通貨でやってくれへんの?」と節子っぽくつぶやいたりしてます。

applause
2019-04-23 02:27:04ID:108420

参考になります!
今はLinePayが還元も多くクーポンもあったりで使い勝手がいいと感じています。

NEMber who posted this article

NEM、ALIS、WAVES、ETHが好きです。
インターネット大好きで、仮想通貨系ブログメディアALIS、生配信サイトSHOWROOM、nemlogに生息中。
ごくたまにオンラインゲームPSO2もやります。アイコンはPSO2のキャラです。
キャッシュレスに興味があるのでキャッシュレスに関する記事を書いています。
18388
0

Why don't you read following articles?

2.55 XEM
180 5 0

1.45 XEM
284 2 1





5.17 XEM
259 1 1

11.525 XEM
277 0 3