connecting...
Google translation for articles :
29 NEMBER donated to you!!

今日で最後。。様々な方にお世話になりました。

nem194xem (29) 293 16 2

長いと思っていた日々も気づけばあっという間に。

 

昨年7月からの約9ヶ月間の育児休業も、3月31日の年度末まで。

明日明後日は土日なので、今日が最後のようなものです。

 

4月1日からは職場復帰。職場と家庭の両立の日々が楽しみです。

本日の目次

 

どんな育児休業だった?

短く纏めるなら、

  • 大変
  • 金はなんとかなる
  • 二度とやりたくない
  • けどまたやりたい

そんな感じでしょうか。

 

私は、

  • 私が外に働きに出ていて、
  • 妻は長女の出産を機に退職
  • 3歳の長女
  • そして、昨夏に生まれた次女

の4人家族です。

 

専業主婦家庭で育児休業を男が取るの?!

なんてことも言われましたが、一人目の時に妻が完全にノイローゼになってしまって。。

私もできる限りやっていたつもりでしたが、平日日中毎日完全に独り、初めての、育児はやっぱり大変だったそうです。

 

その当時の妻は目が死んでました。

これが鬱か。と傍で見ていて感じるほどに。

ほんと今にでも子どもの首閉めて自分も首吊りかねないような雰囲気になったこともありましたが、私も有給休暇にも限りはあるし、

仕事もやらなきないけないし、

 

できる限り時間をとって、

  • 泣き続けてる妻の話を聞いたり
  • 朝晩作って昼なども食べられる惣菜等も作り置きしたり、
  • 子どもの世話したり、

なんだり、してましたが、

やっぱり働きながらだと限界があります。ありました。

 

  • 産後一月は休んでみたり、
  • テレワークもやってみたり、
  • 時短勤務みたいなのも少し取り入れてみたり、

色々してみてたんですけどねー。

 

幸い、1年半ほど経って、卒乳してからは段々と上手く行くようになってきて、その後はなんとか二人で(3人で)暮らしていけるようになって。

 

夫婦二人とも3人兄弟なので、一人っ子じゃなくて兄弟姉妹が居たら良いよね。と話していたのですが、とてもじゃないけど2人目は無理だ。

と言っていたのです。

 

でも、なんとかしてどうにかならないもんか、と色々考えていたところ、

  • 男でも育休はとれるらしい。
  • 1年間は育児休業手当金で働いてる時とほぼ同額の手取りを得られるらしい
  • 働き方改革だ、なんだ、で役所も会社も名目上は推奨してる

と言うことで、生まれたら絶対育休とるから二人でなんとかやってみんけ?

と、言うことになって、

 

その後待望の二人目を授かりました。

 

宣言通り、会社にも安定期入ったくらいで、出産後すぐから1年間ほど育休取ります!

と言って、なんだかんだ配慮してもらい、7月から。

 

 

育休って何してんの?

ってよく言われますが、

何もしてませんよ。ただ、子どもと、親とが、生きてるだけ。

日々を生活してるだけです。

特別なことは何もしてないですが、その何もなく日々生活するのがこんなにも忙しいとは思ってもみなかった。

というのが正直なところでしょうか。

 

仕事に行っていて1日のうち半分以下の時間だけを子供と過ごす、と言うのと、毎日毎晩24時間子どもと過ごす。ってのは全然違う。

ってのが実感でした。

 

産後1-2ヶ月は、赤ちゃんは寝てるだけだけど、

母は産後の体がボロボロなのから立ち直るので精一杯。

大体3時間毎24時間無休でおっぱいあげて、おむつ替えて、寝かしつけて。

そんな中で、上の子を園に送ったり迎えに行ったり遊んだりしながら家事全般をこなしていって。

 

首が座ってきた3-4ヶ月頃になれば、抱っこしたりおんぶしたりも段々できるようになってくるし、

母も体調が少しは回復してくるので、家事をするのも1.5馬力になれば楽になるし、1番穏やかで安定した日々でした。

でも体調が回復してくると、今まで我慢に我慢を重ねていた上の子が赤ちゃん返りをし始めて、その対応だったりなんだり。

 

段々と赤ん坊も意思が感じられるようになり、遊べるようになってきて、寝返りが出来るようになってくればまた慌ただしくなってきます。

寝たきりの人の介護は動かないので楽だけど、動き出したらさぁ大変。動けると知ったら止まってるのは苦痛になってきますしね。

 

それでも、半年くらいまでにはそういうのにも慣れてきて、半年間は次にまた子が生まれても最低でも取りたい期間だな。とかそんなことを思っていた気がします。

生後2-3ヶ月はホントあっという間になんとかこなしていったら過ぎていった、

半年までも、毎日忙しく気付けば半年経っていた。そんな日々だったような。気もします。

 

 

半年くらい経てばあとはもう大丈夫だろうと思っていたら、次に立ち上がり始めるんですよね。そして、離乳食を食べられるようになってきます。

生活リズムも整ってきて、日々のリズムも一定してきたし、自分の時間もようやく取れるようになった。と思っていた半年過ぎの自分は、まだまだ分かっていませんでした。

 

 

ハイハイをマスターし、立ち上がり、ものを掴み、後追いをするようになった子が、これほど厄介とは。

一番の厄介は、上の子の遊んでいるところに積極的に行くようになったこと。自分もそうだったので分からなくはないですが、なんで兄弟ってくっついては喧嘩するんでしょうね?くっつけば揉めることがわかっているのに、一人だと寂しいのかくっついていくんですよね。

 

それまでは、上の子は上の子、下の子は下の子、で対応していれば良かったものが、より複雑になってきます。

しかもご飯の量も増えてくるので家事も必然的に複雑になってくる。

 

今は、さらなるカオスに向けてグッチャグチャになっていくそんな時期。

これから4月からどうなるのか不安もありますが、復帰しちゃうもんはしょうがない。

家庭のリズムをまた変えていってうまい具合にするしかありません。

 

 

それでも、1人目のときに笑顔なんて無くなり死にそうになっていた妻が、

「これなら、もう1人生まれてもなんとかなりそうだね!」

と言ってくれています。

それだけでも、本当にこの育休とって良かったなぁ。というのが本心。

 

なんだかんだ言って子どもは可愛いですしね。

 

 

育児休業の感想は?

感想は

この記事にもちょっと書きましたが、ここから更に3ヶ月経つとまた違った形になってる気がします。

 

いやでもほんと、毎日朝起きて、洗濯して、ご飯作って食べさせて、出掛けて帰ってきて、風呂入って、ご飯作って食べさせて、寝かしつけて、また明日。

って言う暮らしは1人目のときにもしてましたが、

 

仕事に行くってホント楽ですよね。

その間は子どもから離れられるんですから。

 

一日中ズーッと子どもと向き合って遊んだりしながら過ごすっていうことの大変さは全然分かってませんでした。

 

土日や毎日朝晩だけ遊んで慌ただしくいろんなことして過ごすってのと、毎日毎日朝から夜まで遊んで過ごすってのはだいぶん違う。

 

一人であれこれじっくり考える時間が無いんですよね。

仕事しながらなら仕事中や通勤時間などを利用して色々考えたり段取り立てたり出来ますけど、

それが出来ないから、更にタスクが溜まって追い込まれて行くんですよね。

空き時間が無いんですよ。

 

 

nemlog見たり、書いたりする時間はあるんですけどね。そういう細切れ時間は取れても、纏まった自分の時間が無い。

色々とリズムを整えて、調整して、そういう自分の時間を取れるようになってきたと思ったらその頃にはまた相手が成長してさらに手強くなっている。

そしてまた時間が無くなる。

 

 

忙しい仕事してるときとおんなじな気もします。

でも、仕事に出掛けるときは、休みもあるし、最低でも飯食ったり、寝れる時間はあるけれど、

飯もろくに食えない、寝るのも細切れ。ってなって、これを一人でやってる世界中のお母さんお父さんたちはホント尊敬します。

 

絶対子育ては1人でやるもんじゃない。

1人でもやれる。周りはそのサポートを!とか思ってた過去の自分はホント間違ってました。

 

 

 

そして、育児休業をとってみて分かった中でも一番大きいのは、

社会人ってなんなんだろう?

ってことですかね。

 

大学を卒業して、社会人として働いて、そうだ、私は社会のために働いているんだ!役立っているんだ!

と思っていましたが、

育休をとって会社から離れてみて、

一般的には社会人とは見なされないような生活を送ってきたわけです。

 

日中、普通に街の中で暮らしているじいちゃんばあちゃんや、子どもたち、お母さんたち、その他いろんな人たち。

むしろ、そっちが社会人だよね。社会の中で生きてる人たちだよね。

社会人とか言って、会社の中や、周りで働いてる人たちのことしか見えてなかった私は、何も社会なんて見えてなかったんだな

そんなことに気づきました。

 

日中会社で働いてる人たちによって社会は構成されてるんじゃないんですよ。

世の中で生きてる人みんなが社会の一員で、それぞれ懸命に暮らしていて。

働いてるから偉い、働いてないから偉くない、そんなことは全然なくて、誰でも欠けたらその周りは一時的に回らなくなって。

 

働くってなんなのかなぁ。

会社に勤めて仕事してるだけが仕事じゃないし働いてるんじゃないなぁ。

世の中には、こんなにも色んな人がいて、色んな仕事があるのか。

 

日中に、こんなにも色んな人たちが動いているのか。身近に働いているのか。

 

そんなことに気がついたりもしました。

 

職場にずーっと通ってて、その中で休みをたまにとったりして子供を育てながら。って生活をしてたら絶対に気付けなかったと思います。

会社に行って、仕事をするのは、こういう身近な社会を動かす、社会の為になることをするからだったのに。

気づけば、働いていることこそが、社会人としての在り方だ。と思ってしまっていた。

 

社会の基本は、様々な人の家庭の身の回りの、日中の普段の生活なんですよね。

そこが上手く回るように、働いているはずなのに、何故か、働く側のほうが、大変なことをしてる、だとか、働くことを優先に、となってしまう。

なんでなんでしょうね?

 

 

 

春からは新生活。

仕事と家庭の両立、とか言いますが、育休取る前と、後だと、その意味合いが自分の中では確実に違う気がしています。

 

仕事、と家庭、は別物だと思っていましたが、別じゃないんですよね。

全ての色んな人々の家庭のために仕事があって、仕事と家庭は切っても切り離せなくて。

どっちを取るとか、そういう話じゃないんだよなぁ。

みたいなそんなことを色々と感じたり。

 

 

 

社会人になって独り立ちして、自分は一人前になんとか食っていけてると思ってましたが、

そんなことはなく、色んな人の助けがあって初めて生きていけるんだな、

生活していけるんだな、

と感じながらの数ヶ月でもありました。

 

 

 

4月からは今までとは時間配分などが全然違うようになるのは間違いないので、

取り敢えずnemlogは様子見ながらかな。とか思ったりもしています。

 

むしろ普通の生活すらやっていけるのか?!とか思ってたりもしますが、まぁ何とかするしかありません。

 

 

もし更新滞っても生きております。

決してNEMcolorが見つけられなくなったから投稿減らそうかということではないです。

 

これからも皆様よろしくお願い致します♫


nemlogおすすめ記事の紹介♪

nemlogの記事を格好良く修飾したい方は【コチラの記事】をご覧あれ。

 

私が選ぶ最近のオススメ連載記事

 

オススメnem雑学記事

 

オススメのタグ 

 

以上もお暇があれば見てみてね!


今日のNEMcolor

風船です。

だんだん萎んでいった風船をほどいてまた空気を入れるとたいてい割れてしまいます。

何故?

身近なものから何でもNEMカラーを発見しよう!

【毎日1つNEMCOLOR運動】実施中です。

 

結構ありますよ。

橙色水色黄緑色

が使われているもの。

 

みなさんも、見つけたら写真に撮って【NEMcolor】のタグを付けて投稿してみませんか?

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
やそ
2019-03-30 13:36:24ID:93299

ざっとコメント見て一応書いておきますけど、nemlog離れるとか辞めるとかそういう文じゃないですからね?
多分2日に1回とか、土日だけとか、3日に1回とか、1時的に投稿頻度が落ちるかもしれない。みたいなことも書きましたが、それより、育休終わっちったー!良い経験だったー。っていう文章でしたよね?あれ?

>>のののん::さん
子どもにとっては毎日新しい長い1日を子どもたちが暇せず過ごさせるというのはとても大変でしたし、これからもっと大変になると思うので頑張ります!
>>tb::さん
仕事をそこそこにやる為にも、育休明けの4月から部署替えさせられたので、1ヶ月くらいでガッと慣れるまで行きたいですねー。
>>オーウェン::さん
どっちとも大変なんですよね。2つの世界を知れたことはとても良い体験でした。
>>7zoesan::さん
これからもいろいろと書いていきますっ!
仕事復帰して気づくこともあるだろうし。
>>XEMLIKX::さん
何も考えずに仕事に行って、死ぬまで毎日を暮らすというのは、一番楽な生き方かもしれない。
それも大変な人は大変だけど。
>>matsuno::さん
マツノさんの取り組み応援してますっ!
>>ぺぺ::さん
いっぱい報告しますよっ!
>>ハマかご@HF::さん
仕事も大変ですけどねっ!両立と、専業はどちらが大変かは場合によりけりな気もします。
>>クイックネム::さん
誰でもとりあえずやる世の中になればよいですねっ
>>やってみよう::さん
育児休業を「やってみよう」!
>>YUTO::さん
時間が取れる限り頑張って書いてみますっ!
>>ほなねむ::さん
価値観多様化だうぇ〜い!違う世界を知るのは楽しいうぇ〜い!
>>うぇんじにあ::さん
二人三脚以上、4人でも5人でもマンパワーが居ればいるだけ良いですよね。
>>えっさん&小梅ちゃん🎉nemlogコメンテーター::さん
毎日やれるように時間が作れるよう早く新生活慣れるうぇ〜い!

のののん
2019-03-29 22:16:18ID:92652

育児休暇、お疲れ様でした!
歳をとると1日1日があっという間ですが、小さい頃の1日ってほんっっっっとうに長くて、そういう期間をその子達と過ごす選択をされたことはとっっっても素敵だと思います!!!この1年はお子さんたちの人生の感覚の10年分にはなるんじゃないでしょうか?(*´ー`*)
Twitterでもnemlogでも、誰のため、なんのためと深く考えられていて、多方面ですごく参考になりました。
生活リズムが変化する中でまたいろいろとあるかと思いますが、記事もツイートも楽しみにしてます!!

tb
2019-03-29 19:09:06ID:92198

おつかれさまでした。育児は仕事より大事ですね。お仕事はそこそこにがんばっていきましょう!

オーウェン
2019-03-29 18:52:39ID:92157

育児休暇は取るためにある。

仕事をしている人が偉いか?
仕事をしている人も育児をしている人も偉いんです。

仕事休んで育児なんて楽してるなんて、
やったことも無いのに分からんやんけ。

どっちが楽かもまた、人によって違う。と思う。
人に仕事適性があるように。

7zoesan
2019-03-29 18:51:29ID:92156

新生活応援しております!
色々といままでコメントや投げnemいただきありがとうございました!
やそさん子育てに対する考え方や問題提起はいつも大変参考になり、そして共感できることばかりでした。
わたしも子育て中のみ、また、よろしくお願いしますね!

XEMLIKX
2019-03-29 17:24:08ID:91993

「仕事に行くってホント楽」まったくだ。

matsuno@漆黒の
2019-03-29 17:22:36ID:91990

生活に密着した貴重な情報ありがとうございました。
私は、力が尽きない限り地元の活力を復活させますので、どこかでやそさんの夢にも役立てればと思います。
私とNEMの夢で地方在住でも何処とも誰とでも繋がれる暮らしがしてみたい。を実現できるお手伝いになればいいですね。

ぺぺ
2019-03-29 16:53:02ID:91961

1月にnemlog 始めた僕を、温かく迎えてくれたのはわすれません。ありがとございます。

4月から新しい生活ですね。まずはご家族、ご自分を大切に。
子育てはまだまだ続きますね(笑)たまに報告してください😁

クイックネム
2019-03-29 16:14:39ID:91927

お疲れ様でした。
誰でも育児休業できる世の中は素晴らしい。

NEMber who posted this article

投げNEMしてますか?溜め込んでると爆発するって何処かで聞きましたよ。

【あなたの頭の中身をぶちまけて♪】
 日々の思索、思いの丈、悩み、頭で考えてることを『雑記』カテゴリでぶちまけましょう!
吐き出したい自分の思いが溢れ出てくるようなそういう記事が私は読みたい!書きたい!
何でもいいから一緒に吐き出しましょう!
18956
0