connecting...
Google translation for articles :
9 NEMBER donated to you!!

僕の見たヴェネツィアの世界

nem27.12xem (9) 172 12 3

 

人生初めてのヨーロッパはイタリアのヴェネツィア 
 
120個以上のいくつもの小さな島を400もの橋で繋げ、都市として成り立つヴェネツィアは『ヴェネツィアとその潟』として世界遺産として登録されている
 
成田空港からモスクワ経由でヴェネツィアのマルコポーロ空港まで約15時間
 
片道なんと!!!35000円!!!
 
僕のイメージではヨーロッパ行くには丸一日かけ、片道10万ぐらいかかると思っていたのですが、思っていたよりだいぶ安い
 
アエロフロートというロシアの航空会社だったのですが、フライトが少し遅れたのですが、なんとか無事乗り継ぎできた
 
モスクワの空港は日本と全く違い、どこへ行けばいいのかわかりにくかった
 
チケットには何番ゲートかなどは記載されてなく、記号を掲示板と照らし合わせ、その掲示板のゲートに向かうのだが、ロシア語のためわからない
 
スタッフらしき人にどこに行けばいいか聞いたが掲示板を見ろ。みたいな冷たい対応だった
 
安い航空会社は乗り遅れても保証は一切ないため、最低でも2〜3時間はみておいた方が無難だろう
 
 
夜22時過ぎにマルコポーロ空港に到着し、迎えに来てくれた彼女と約半年ぶりに再会し、バスで中心部へ
 
水の都として有名なヴェネツィアには車が通る道路はなく、いくつもの水路があるため、たくさんの橋がかかっている
 
そのため、空港からバスでヴェネツィア付近まで移動
 
その後、基本徒歩か水上ボートを利用する
 
観光地といえど、日本とは違い22時まで空いてる店はほとんどなく、真っ暗で静かな狭い道を宿に向かって歩く
 
ヴェネツィアは比較的治安も良く、まだ22時だというのに宿に向かう途中すれ違ったのは数人
 
車がないため、とても静かだ
 
 
その日は時差ボケと移動の疲れもあり、日付が変わる頃、眠りついた
 
 
 
翌朝、宿の窓から聞こえるボートの音で目が覚める
 
そこには今まで見たことないような空気や景色が広がっていた
 
 
ボートやゴンドラが通るときの水の音が僕をヴェネツィアにいることを感じさせてくれる
 
今回のイタリア旅は僕と彼女と彼女の姉とオーストラリアで会ったイタリア人の友達の4人 
 
9時過ぎにイタリア人の友達とも合流し、僕らは近くのカフェ遅めの朝食にパンとエスプレッソを済ませる
 
 
 
 
イタリアらしいワインが棚に飾られているアンティークなカフェ
 
 
左隅に2€と書かれているポットからワインを頂く
 
僕は普段あまりワインを飲まないので味とかそこまでよくわからないがこの時飲んだワインの味は忘れられない
 
寒いせいもあり、猫舌の僕に丁度いい温度のワインはブドウの爽やかな甘味が体に染み渡り、その後口に残る渋みと酸味が絶妙に舌に残り、僕の舌を軽く痺れさせる
 
気分は既にイタリア人
 
ホットワインを片手に中心地へと向かう
 
 
ヨーロッパらしい古風な建物の迷路のような入り組んだ道を歩く
 
 
まるで映画の世界にいるような気分だ
 
 
 
 
 
ヤクザ映画やサムライなど、日本の映画が好きな外国人も多く、僕ら日本人にとって当たり前の瓦屋根や町並みなどは日本に来る観光客にとってまるで映画の中にいるようだと感じるらしい
 
そんな中世のヨーロッパの狭い路地を通りながら、まずはヴェネツィアで一番大きな運河カナル・グランデに架かるリアルト橋へ
 
この橋の下をいくつものゴンドラや水上の交通機関が行き交う
 
そしてこれがヴェネツィアで有名なリアルト橋から眺めるヴェネツィアの景色
 
ここが世界でも有名なヴェネツィアの中心地の景色
 
運河の周りには色鮮やかなヨーロッパならではの中世な建物が立ち並んでいて、まるで絵で書いたような美しい景色
 
 
ここらへんはアクアアルタの影響を受けにくいため、ここを中心に街を栄えていった
 
ヴェネツィアの商人たちはインドからの香辛料の貿易により莫大な富を得た
 
この頃ヨーロッパ各国ではその国の存在をアピールする目的でその国の守護聖人を求める風潮にあった
 
ヴェネツィアも同様に守護聖人を求めていたところ、福音書著者聖マルコの遺骸がエジプトあり、ムスリムに奪われる恐れがあることを聞きつけ、それを奪い取りヴェネツィアに運んだ。この時よりヴェネツィアは聖マルコを守護聖人とすることになった
 
そして400年の歳月をかけて建設されたのが、サン・マルコ寺院
 
そのサン・マルコ寺院の前に作られた広場があのナポレオンが世界で最も美しいと称したサン・マルコ広場がこちら
 
 
言葉にできないほど、美しい
 
 
実はカフェ文化はここから始まったとされている
 
このサン・マルコ広場にあるカフェ・フローリアンというカフェが世界で最古のカフェとされていて創業はなんと1720年
 
イタリアでカフェと言ったらエスプレッソのことを指す
 
当時ヴェネツィア商人たちはトルコから眠気覚ましにいいとされるコーヒーを仕入れていた
 
ミルクを入れたりして楽しみ、のちにカフェ・ラテができ、世界で親しまれるようになっていった
 
そんな様々の文化が含まれたヴェネツィアだが、このサン・マルコ寺院は実に2000千個以上もの宝石が壁画に埋め込んである
 
 
床には大理石が敷き詰められた大聖堂の中は息を呑むような美しい、黄金で作られたモザイク画がたくさん飾られていた
 
まさに芸術的な建物だ
 
その他にも「ドゥカーレ宮殿」や「鐘楼」、ドゥカーレ宮殿の牢獄へと向かう時、囚人が牢獄に行く前に通る橋でそれが最後に見るヴェネツィアの姿にため息をつくことから名付けられた「ため息橋」といわれ、今では恋人同士がゴンドラに乗り、この橋の下でキスをすると永遠の愛が約束されるらしい
 
 
 
 
 
「アルセナーレ造船所」中世の時代に一日一隻のペースで作られた造船所は産業に革命をもたらした
 
そんな様々な歴史を感じさせてくれながら街を歩いているともうお昼すぎ
 
小腹と休憩を兼ねて僕らは小さなレストランに入り、ヴェネツィアで有名なスピリッツ4€(500円)というカンパリ・ソーダのような食前酒とされる飲み物と簡単なヴェネツィアフードを食べる
 
 
 
その後もふらふらと街を散策しながらぐるっと街を一周し終えた僕らは4時過ぎに夕飯まで待てないと見つけたレストランのテラス席でイタリア料理を満喫
 
マッセルやエビなどが豪快に乗ったトマトパスタ13€(1600円)や10種類以上のたくさんの海鮮の乗ったサラダ18€(2200円)においしいパン付き
 
 
日が落ちてきて寒くなってきたので僕はレストランを後にし、またふらふらと街歩き
 
ヴェネツィアで最も古い本屋「リブレリアアクアアルタ」
 
アクアアルタが来た際も本が濡れないようにゴンドラの上に本が置かれていたり、なぜか猫の本屋としても有名(たしかに周りに猫いっぱいいた)
 
外のテラスはインスタスポットとしても有名らしく、そのテラスにはなぜか「凄い」という文字
 
 
 
他にも路上でたくさんの見たことない野菜や果物、たくさんのスパイスやなぜかチ○コの形をしたパスタ?など
 
 
途中甘い物が食べたくなった僕らはデザートにサクサクのチョココロネみたいなパン2€(250円)とイタリアで有名なジェラート5€(600円)を買って食べ歩き
 
 
パンは外はサクサクで中のチョコも甘すぎず上品な甘さ
 
ジェラートは僕の大好きなコーヒーのジェラートにいくつものベリーが混ざったジェラートの全く相性の合わない2つの味を堪能し、歩き疲れた僕らは一度宿に戻って休憩し、夜お腹を空かした僕らは地元の人に聞いたオススメのイタリアンレストランへ
 
 
 
 
イタリアのおいしいワインを楽しみながらパスタやリゾット、ピザなどそれぞれ好きなものをオーダーし、満腹なった僕らは宿に戻って、途中で買ったワインの飲みながら一日目のヴェネツィアを終えた
 
 
 
明日はどこへ行こうか・・・そんな話をしながら僕らは日付が変わる前に眠りについた
 
 
 
 
 
続きはヴェネツィアに来たら必ず訪れるべき島、ガラス工芸品で有名なムラーノ島、ブラーノ島の紹介
 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
longe no ken
2019-03-30 05:48:11ID:93131

>>ほなねむ::さん まさにアドリア海の真珠でした、、、

longe no ken
2019-03-30 05:47:20ID:93130

>>kumaco::さん ぜひまた訪れたいところです!

longe no ken
2019-03-30 05:46:33ID:93129

>>ねむじん::さん 死ぬまでに是非いってみてください!

longe no ken
2019-03-30 05:46:05ID:93128

>>okina::さん ありがとうございます!よろしくお願いします。

longe no ken
2019-03-30 05:45:34ID:93126

>>かのん@nemlog×COW::さん えーぜんぜん沈んでなかったですね、でも年間のアクア・アルタの回数は年々増えてくてるらしいので少なからず地球温暖化の影響を受けてると思います。

longe no ken
2019-03-30 05:41:58ID:93125

>>もぴょこ::さん ありがとうございます!ぜひ行ってみてください!

kumaco
2019-03-29 22:43:21ID:92731

いいないいな✨
ステキな旅でしたねぇ

ねむじん
2019-03-29 22:20:05ID:92660

いってみたいです!

okina
2019-03-29 21:56:50ID:92608

素敵な写真ばかりですね!次回も楽しみにしてます!

NEMber who posted this article

元美容師 ロン毛(1m) 30歳

山が好き 海が好き 自然が好き 音楽が好き 旅が好き 食べ物が好き
東京→大分→屋久島→沖縄→北岳→オーストラリア→京都→ヨーロッパ

現在はヨーロッパにいながらブログを配信中

他の国の文化の違いや食べ物など、実際に生活してみて感じることなど。。。
19067
0