connecting...
Google translation for articles :
6 NEMBER donated to you!!

100均から始めるジオラマ作り…失敗編

nem5.00xem (6) 214 6 0

勝って兜の緒を締めよ。とは良く言ったもので、昨日まで順調に進んでいたジオラマ作りも思わぬ所で失敗してしまいました。

 

 

100均ジオラマも残すところは主役となるフィギュアの塗装のみでしたが、この塗装で致命的な失敗をしてしまい、3日間に及ぶフィギュアにかけた諸々の工程が全部おじゃんになり、フィギュアに関しては振り出しに戻る羽目になりました。

 

 

まずはジオラマの主役になるフィギュアと、その3日間の軌跡を振り返りたいと思います。

 

 

主役となるのは、セリアで買った恐竜の化石の玩具です。

 

 

この恐竜がゲーム、モンスターハンターシリーズに登場する皆勤賞モンスター「アプトノス」の元ネタとなった恐竜なので、これをセリアで購入した造形粘土で魔改造して、アプトノスのフィギュアにしてしまおうという企みでした。

 

ちなみにこちらがそのアプトノス

 

 

二股に分かれたトサカ、4本のトゲのある尻尾、背中のヒレ。この辺りが粘土で新規に制作する部分です。

 

 

まず、玩具の化石に粘土を塗りたくって肉付けしました。

 

 

 

次に、粘土が少し硬くなり始め、乾き始める前に追加する部位を粘土て盛り付けました。

 

 

 

そして粘土が完全に乾燥するまで丸2日日陰に保管し、乾燥したら塗装の準備の為にダイソーで買った紙ヤスリで研磨しました。

 

 

 

これで、今日は最後の仕上げにダイソーで買った絵の具で塗装して完成…のはずでした。

 

 

ちなみに使った絵の具はこちら。

 

 

 

水性かアクリルか不明でしたが、一通り色が揃っているのと、付属の筆の細さに惹かれてこれにしました。

 

 

そして、ここからが私の大失敗の工程なのですが、私はあろうことか「色が映えるようにする為」とどこかで聞きかじりの知識のままにフィギュアを真っ黒に塗りたくってしまいました。

 

 

ここから色を上から重ねていけば色が映える。と意気揚々としていたのも束の間。乾かしたはずの黒の上から別の色を塗ろうとしたら、黒が溶け出して塗ろうとした色と混ざってしまいました。

 

 

何とか軌道修正を図ろうと再び紙ヤスリで研磨して塗装を剥がそうとしましたが時すでに遅し。

黒の絵の具は粘土に完全に染み込んでしまっており、研磨した上から色を塗っても黒が溶け出して塗ろうとした色と混ざってめちゃくちゃな色になってしまいました。

 

 

 

これまでの工程が完全に崩壊した瞬間でした。

 

 

 

私は泣く泣く絵の具が染み込んでしまって使い物にならなくなった粘土を全て剥がし、一から粘土を塗りたくる工程から作り直しとなりました。

 

 

現在は5時間かけて何とか粘土の乾燥を待つ所ま

で巻き返し、後は二、三日かけて乾燥させた後に研磨、塗装という手順になります。

 

 

ショックの大きい失敗でしたが、学ぶ事も多かったので、次こそは塗装に失敗せず、化石の玩具を立派なアプトノスに生まれ変わらせたい所です。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
神楽レナ
2019-03-31 09:37:05ID:93638

>>matsuno::さん
沢山のアドバイスありがとうございます。
フィギュアの溝や段差をどうしようかと思っていた所だったので、参考にさせていただきます

matsuno@漆黒の
2019-03-31 08:44:52ID:93617

100円ショップでリューターを買って細かい造形を作り込んだり、
工具コーナーに丸棒、角、半円の小さいやすりがありますので、造形を凝ることもできますね。

乾く前に、水溶性の紙粘土でしたら、綿棒に水を多めに含ませて成形物の表面をこすってあげると、細かい溝や段差がきれいになると思います。
大まかに成形すると乾燥した後の修正が楽になります。

造形時、削りすぎたら、水で溶ける紙粘土でしたら、ペースト状にして筆や小さいパテ(割りばしの先をカッターで削ってマイナスドライバー状にすればよいと思います)で多めに盛って、乾燥したら削るという作業を根気よく続けると完成度が上がってくると思います。

神楽レナ
2019-03-31 08:03:28ID:93599

>>matsuno::さん
100均素材で失敗したからこそ安い授業料で済んで良かったと思ってます。
これは水性絵の具なんですね。ありがとうございます

matsuno@漆黒の
2019-03-31 07:53:50ID:93593

失敗の中に学ぶことは多いですからねー。
写真の絵の具は水性絵の具ですね。

神楽レナ
2019-03-30 22:10:18ID:93478

>>木村@キムラプロワークスCEO::さん
アドバイスありがとうございます。塗料の成分を熟知しないで中途半端に齧った知識で塗装して大惨事でした。

木村@キムラプロワークスCEO
2019-03-30 22:06:41ID:93477

黒の塗料を下塗りするのは基本的にメタリックカラーにスプレー塗装するときとか。
あと、重ね塗りしたいときは下塗り塗料は油性使って上塗り塗料に水性使うとにじまないです(・ω・)

NEMber who posted this article

はじめまして。nemについては知らない事だらけ。でも新しい世界に足を踏み込みたくてnemlogにやってきました。
趣味は骨の髄までポケモンマニア。後はアイロンビーズやジオラマなんかも作ってます。
暗号通貨はモナコインホルダーでもあります。nemはTwitterで投げてもらったものから知りました。
*オーダーメイドのアイロンビーズ製作は多忙につき終了させていただきました。
19192
0