connecting...
Google translation for articles :
15 NEMBER donated to you!!

NEMは実質高金利なPoS(系)通貨

nem42.88xem (15) 739 7 5


こんにちは、ほなねむ@honanem)です。

今日はTLに流れてきた、PoS通貨の実質金利一覧という画像について、考えてみました。

 


※本記事は、他の通貨を貶める目的ではありません。
また、正しい計算に基づいて出された結果かという確証も得られませんでした。
それらの点を前提としてお読みくださいますと、ありがたいです。



PoS通貨実質金利一覧のグラフ


PoS(プルーフ・オブ・ステーク)のコインは、保有量または保有期間に応じて、マイニング報酬を貰う(ステークする)ことができます。
一般的に「ステーキング量が多い=ステーキング利率が高い」ものほど得であると思われがちで、その部分しか注目されないことも多いです。

このグラフは、ステーキングによる利率だけでなく、流通量の増加によるインフレを加味したら実際どのようになるか、というのを表してみたもののようです。


グラフの見方ですが、黒がステークの利率、年利と思われます。
インフレを加味した後、プラス金利であれば緑、マイナス金利であれば赤で示されています。
このように、NEMはステーク量は少ないものの、しっかりプラス金利で、このグラフ内に載っている通貨の中ではWAVESに次ぐものであることが分かります。
このように、ステーキング利率のみで判断しない事が大事だと考えられます。

 

NEMはハーベスト量が少ないという批判

NEMではステーキングのことをハーベストと言っています。
基本的に、ほとんどの方は委任ハーベストを利用していると思いますが、これがまあ、ほとんど増えないと言ってもいいです。
グラフ内では3.7%と書いていますが、3.7%も貰えるか?と疑問です。

300万XEM以上の保持者であれば自分でノードを立てて、スーパーノードになることができます。
このSNであれば、大体5%前後の利率でないか、とトレストさんのデータから、たべっこどうぶつさんが計算されていました。

合わせて読みたい


これらのデータから、グラフの「3.7%」はSN含む全体の年利であると推測されます。
そう考えると、やはり委任ハーベストによるインカムゲインは少ないと言って良いでしょう。

ですが、それでもインフレ率を統合して考えると、マイナスではないのです。
インカムゲインを得る目的で、増えたと喜んでいても、インフレで価値が落ちて、ステークで増えた以上にマイナスになってしまったら意味がないのです。

また、限られた人だけではありますがSNを入れてNEM全体で考えた場合、「NEMは実質高金利なPoS(系)通貨」と断言できます。
これらを考慮すると、単純に「NEMのハーベスト量は少ない」とする批判には、少し疑問を感じます。

 

 

終わりに

NEMはCatapultで、コンセンサスアルゴリズムがPoIからPoS+に変わります。
現状、委任ハーベスターの利率が低いですが、「たとえ少額でもNEMネットワークを積極的に使う人が多くハーベストできる機会が増える」ような設計になってくれれば、より「高金利PoS(系)通貨」として、価値が出るように思います。
もちろん、インフレも加味して、マイナス金利にならないようにしてもらいたいです。


 

 

 

ではまた次回!レッツ ネンジョ〜イ!٩( 'ω' )و

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
ほなねむ@魔眼のほなコロ
2019-04-17 20:26:20ID:105185

>>ともニャン::さん
まぁオワコンになるとは思いませんが、一時的にPoSが持ち上げられる時期が来るだろうなとは予想しています。
PoWもPoSも適材適所でしょうね、多分。

ともニャン
2019-04-17 20:18:59ID:105177

(ΦωΦ)/ニャッ!どこかのサイトで、POWはオワコンでこれからはPOSが流行る。とゆぅ記事を読んだ事があるニャ。
まぁ、ハーベストできるほどnem持ってないから関係ないけどニャw

ほなねむ@魔眼のほなコロ
2019-04-03 23:57:27ID:95975

>>うぇんじにあ::さん
流通量が増えることにより、希釈されて価値が減る(マイナス)になる、ってことだと思うんですよね。
全発行済でも、流通していないコインが眠ってると思うんですよ。
たとえば、NEMがCCで盗まれた時、「全発行数の5%だが、流通量の15~20%」って言われてた記憶があります。
そういうことなんだと思います。

グラフに載ってるのは、PoS系で有名(時価総額が高い?)コインたちだと思います。
中身は詳しく知らないのですが、名前は全部聞いたことありますし。

うぇんじにあ
2019-04-03 06:59:14ID:95528

このグラフで選定されたトークンの中ではNEMも実質金利が低くないということがよくわかりますね!

ただ、発行上限ありの通貨もマイナス金利に触れているのがいくつかあるので、プラスとマイナスの違いはどういった住み分けになるのか・・

後、この選定されたトークンがどのような基準で選定されたのかもきになりました^^

解説ありがとうございまっす!!

ほなねむ@魔眼のほなコロ
2019-04-03 01:06:42ID:95477

>>鹿目まどか(神様)::さん
調べました。

・WAVES 発行上限あり&全発行済み(プラス金利)
・NEM 発行上限あり&全発行済み(プラス金利)
・VECHAIN 発行上限あり(プラス金利)
・EOS 発行上限なし(プラス金利)
・DASH 発行上限あり(プラス金利)
・ONTOLOGY 発行上限あり(マイナス金利)
・QTUM 発行上限あり(マイナス金利)
・LISK 発行上限なし(マイナス金利)
・TEZOS 発行上限なし(マイナス金利)
・DECRED 発行上限あり(マイナス金利)
・NEO 発行上限あり&全発行済、ただしGASの発行が2022年まで続く(マイナス金利)
・STELLAR 発行上限あり(マイナス金利)
・TRON 発行上限あり(マイナス金利)

あと、先程のコメントの「発行上限がなければマイナスにならないのは確かにそうかも…。」
「発行上限があればマイナスにならないのは確かにそうかも…。」の間違いでした。

ほなねむ@魔眼のほなコロ
2019-04-03 00:45:02ID:95467

>>鹿目まどか(神様)::さん
発行上限がありますし、全部発行済みですが、SN報酬用のものをプールされているのが流通に載っていくことで、流通量が増えていくのが「インフレ」ということなのかなあと思ったりしました。
ステークの利率より実質利率がマイナスになるってことは、そういうことなのかなあと。

発行上限がなければマイナスにならないのは確かにそうかも…。
グラフに載ってる通貨を調べてみますね。

鹿目まどか(神様)
2019-04-03 00:36:53ID:95462

NEMは90億しか無いですからマイナス金利の心配はなさそうですがはてさて……

NEMber who posted this article

2017年2月からのNEMber
一緒に楽しもうnemlogを!心はいつでも、レッツ ネンジョ〜イ!٩( 'ω' )و
#ほなねむGames #ほなねむオススメアプリ #hona×nemVision #心のブロックチェーンにきざみこみたい言葉
などをやってます
19488
0

Why don't you read following articles?

ほなねむ@魔眼のほなコロ's articles

1.345 XEM
55 2 0

0 XEM
40 0 0

12.88 XEM
84 6 0


5.35 XEM
115 4 0