connecting...
Google translation for articles :
27 NEMBER donated to you!!

人事評価システムへのNEM導入は、滅茶苦茶良いニュースだと思うわけですよ!

nem329xem (27) 1617 21 5
 
 
 
本日、「ギフトエコノミーを体現する。ブロックチェーンを使ったピアボーナス制度「GIFT」を導入しました。」というニュースがありました。
 
 
思わず、「ボクもこんなの考えてたんだよ!」という、心の醜さが垣間見れるツイートをしてしまいましたが、私の都合など小さなこと。
 
 
今回の試みは、非常に良いなと思いましたので、ささやかながら応援記事を書かせて頂きたいと思います。
 
 
サーバー等を用意しなくても低コストでも導入できるとか、改竄が難しいとか、そういうメリットももちろんあるのですが、今回は少し違う視点から考えてみます。
 
 
では、私は、いったいなぜ人事評価にNEMを使うのが良いと考えているのでしょうか?
 
いくつか、理由はあります。
 
まず1つは、発行するトークンに市場価値が発生しないこと。
 
(市場価値のあるトークンをつくろうと思うと非常に面倒でしょう)
 
そして、運用が社内だけで完結できるため、問題発生時に、社外に迷惑をかけることが無いので、経営者としてGOサインを出すハードルが低くなること。
 
などがあります。
 
 
しかし、最大の理由はそこではありませんでした。
 
少し話は変わりますが、ブロックチェーン、とくに運営主体があやふやでハッキリしないNEMのようなパブリックチェーンは、世間からは疑いの目を向けられています。
 
これを、世間に受け入れられるものにして、普及させていくためには何が必要でしょうか?
 
とにかく「実績」です。
 
 
実現できるのか出来ないのかわからないようなポエムでも、一時的なpumpは出来るかもしれませんが、世の中への普及、実需にもとづく価格上昇という意味では、あまり望ましい状態ではありません。
 
「言葉はウソをつける。外見もウソをつける。だけど、その人が積み重ねてきた行動だけはウソはつけない」
 
そんな感じの言葉を見たことがありますが、まさにこれです。
 
実際に積み上げてきた「実績」だけは、ウソをつけません。
 
 
パブリックチェーンを、「それが止まってしまったら困る!」というインフラにしてしまうのが、普及のためには一番です。
 
そのためには、ブロックチェーンを使った製品やサービスがたくさん必要です。
 
では、その製品やサービスをつくるのは誰でしょうか?
 
そう、IT系のエンジニアですね。
 
となれば、まずは、IT系のエンジニアに、ブロックチェーンを使ってみようという気持ちになって貰わなければなりません。
 
では、エンジニアをその気にさせるためには?
 
 
これはもう、実際に使ってみるのが一番です。
 
IT系ではありませんが、私もハードウェア系のエンジニアをやっているので、断言しても良いくらいの気持ちで書きますが、エンジニアをその気にさせようと思ったら、実際に触らせるのが一番です。
 
 
たとえば、測定器メーカーが訪問してきて、新しい測定器を触らせてもらう機会があったとします。
 
技術者の多くは、その測定機の原理が気になって理解しようとします。これはもう、技術者の本能のようなものだと思います。
 
そして、原理、仕組み、動作などがわかってくれば、自然と、その測定器のメリットやデメリット、「出来ること」や「出来ないこと」がわかってきます。
 
実際に触ると、それが「頭で理解している状態」から、「体が覚えている状態」「腑に落ちた状態」になります。
 
その時は、「あー、こんな測定器があるのね!面白い!」で終わるかもしれません。
 
 
しばらく時間がたち、新しい仕事が始まったとしましょう。
 
そして、「この項目は、どうやって測定しようか?」という話になったとします。
 
そんな時に、ふと、前に触った測定器のことを思い出したりします。
 
 
こうなると、もう、最初に候補に挙がるのは、触ったことのある測定機です。
 
人間は、無駄が嫌いな生き物です。
 
出来るか、出来ないか、まったく未知数のものは、つい、触りたくないと思ってしまいます。
 
しかし、自分で触ったことがあり、その装置で出来ることと出来ないことを把握している状態で、「あの装置なら出来るかも!」と思うと、突然スイッチが入ります。
 
「あ!あれを使えば、ちょっと工夫すれば出来るかも!」
 
これが、技術者のスイッチが入る瞬間です。(ですよね?)
 
 
これは、「測定機」を「NEM」に置き換えてみても、同じことです。
 
とにかく、ITエンジニアに、NEMに触らせること。
 
そして、さらっと、「これ、ブロックチェーン使ってるらしんだよね。なんか革新的な技術らしいけど、どういう仕組みで動いているのかしってる?」みたいに焚き付けます。
 
これをされたら、もう、技術者の本能で、仕組みを調べずにはいられなくなる人が、一定の割合で登場するはずです。
 
(そして、そういう人は、総じて技術力が高く、社内での発言力があったりします)
 
Txを生成するとはどういうことなのか?
どうやったら、Txを生成できるのか?
ブロックチェーンエクスプローラで何を見ることが出来るのか?
…………
…………
…………
…………
 
そうやって、勝手に、ブロックチェーンへの理解を深めてくれるでしょう。
 
そうなれば、その人が日々の業務をこなしていくなかで、「あ!これブロックチェーンつかえるんじゃね!?」とスイッチが入る瞬間がきっと訪れるはずです。
 
 
そして、その時に重要になるのが、社内文化です。
 
社内政治、保身、忖度が中心の社内文化では、新しいことを試すハードルは高くなります。
 
いくら、技術力があり発言力の高いエンジニアでも、あまりにも革新的なことは試せません。
 
となると、狙いをつけるなら、自由な雰囲気がある企業のITエンジニアということになります。
 
そして、経営判断をする人が柔軟な思考をしてくれる人である必要もあるでしょう。
 
・ ITエンジニアが多数在籍
・ 自由な雰囲気
・ 柔軟な思考の経営者
 
ここまで条件が絞られると、攻略の第一優先となるターゲット(ターゲットという言葉は悪いですが)は、小規模なITベンチャーということになるでしょう。
 
こんな企業で、
 
・ 経営体力が小さい中で、めんどくさい金融庁への忖度とかをしなくて良い(低リスク)
・ 失敗しても、社外に迷惑をかけずに社内だけで完結できる(低リスク性)
・ 忙しいエンジニアに、まずは触ってみるというハードルを越えてもらうだけの原動力(インセンティブ)

のような条件をクリアできるものといえば、
 
「人事評価システム」
 
しかない!!!!!!
 
と思ったわけです。
 
 
なので、私は実際にサービスを提供することはできませんが、
 
「工夫すればウォレットと少しのXEMだけあれば、自前で簡易的な人事評価システム構築できますよ?特に社員のリテラシーが高いIT企業なら楽勝ですよ!IT企業の社長さん、こんなんやってみたらどうですか?」
 
という感じの記事を書こうと、ダラダラとスローペースで、時間が空いた時に考えていました。
 
 
そんな折に、今日の「ギフトエコノミーを体現する。ブロックチェーンを使ったピアボーナス制度「GIFT」を導入しました。」のニュースを見かけました。
 
まさに、ドンピシャではないですか!!!
 
このサービスを開始した合同会社むすびて(https://musubite.co.jp/)さん、そしてこのサービスを採用してくれたHarch(https://harch.jp)さんには、感謝しかありません!
 
 
これからも、1社でも多い企業が、このサービスを利用することを願っています!
 
 
そして、最後に!
 
この記事はNEMのステークホルダーとしての視点で書かれていますが、これは、決してNEMのステークホルダーだけにメリットがある話ではありません!
 
「何か新しいことを始めたい!」
 
「わが社でもブロックチェーンへの理解を深めておきたい!」
 
という経営者の方にとっては、絶好のチャンスです!
 
まずは、NEMチェーンを使った人事評価システムを導入して、エンジニアにTxを生成する経験をさせる。
 
そして、調べるきっかけとして、
 
・ これはブロックチェーン使ってるらしいけど、どういう仕組みなんだろうね?わかる?
・ この結果って、どこかセキュリティに守られたサーバー内に入ってるのかと思ったら、違うらしい。自宅からでも全部結果が見えるけど、こんな状態でなんで安全なの?
 
とか、自社のエンジニアに聞いてみましょう。
 
一定の割合の人は、興味を持って、自分で調べ始めてくれるでしょう!
 
 
というわけで、今回も、編集・推敲・見出し・装飾なしのクソ読みにくい駄文をお届けしてしまい申し訳ありませんが、最後までお読み頂き、ありがとうございます!
 
だれか、NEMステークホルダー向け視点ではなく、ITベンチャーの経営層向けの視点のコピー書いてください!(人任せ

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
トレスト
2019-05-01 14:53:12ID:112162

4月のnemlog記事オブザマンスに選ばせて頂きました!

すずき@企業のブロックチェーン導入支援
2019-04-07 17:57:41ID:98037

僕はコンサルタント側として、クライアントである企業のニーズを「ブロックチェーン」って切り口で汲み取り、その上でNEMを手段として選び設計していった感じでした。技術的知見はまだ表面的なので、お伺いしたいことがたくさん…。

ブロックチェーンや仮想通貨が発展していくには、まず企業や政府による利用が一般化する必要があって、その際には「エンドユーザーがブロックチェーンを利用していると気付かないこと」が重要だと考えています。

まだNEMピアボーナスは始めたばかりなので、より使いやすい仕組みにしていこうと思ってます。ぜひ色々とご意見頂き、一緒に作っていけたら幸いです~。

BleRoom
2019-04-07 12:31:44ID:97896

もともとNEMは技術者さんに愛されているな~と感じて投資を決めたので、うんうん!と頷きながら読みました。
技術者ではなくとも、ブロックチェーン技術は興味深いものです。広めたい!

キツツキ
2019-04-05 12:54:10ID:96776

>>ユーユー::さん
ありがとうございます!盛り上がるといいですね!

キツツキ
2019-04-05 12:53:53ID:96775

>>うぇんじにあ::さん
ありがとうございます!おお、心強いお言葉!
今すぐ結果が出なくても、触って貰って、記憶にさえ残してもらえば、「これ使ってみない?」ってタイミングがきっと来る気がします!

キツツキ
2019-04-05 12:53:28ID:96774

>>ほなねむ::さん
ありがとうございます!無駄は、ほんと、嫌ですね

キツツキ
2019-04-05 12:53:09ID:96773

>>matsuno::さん
そう思います!大企業は動きが遅いですから、中小で既成事実を積み上げる方が早い気がします!その結果、追従する大企業も登場するかと。

キツツキ
2019-04-05 12:52:47ID:96771

>>りゅーげん::さん
ほんと、そうですね!今すぐ使わなくても、なんとなくでいいから知っておいて貰いたいです。

キツツキ
2019-04-05 12:52:25ID:96770

>>やそ::さん
え?てっきり技術者の方かと思ってました!

キツツキ
2019-04-05 12:52:05ID:96769

>>かのん@nemlog×COW::さん
ありがとうございます!どんどん触って欲しいですね!
すぐに結果はでなくても、数年後に、何かあったときに思い出してもらえるポジションの獲得が重要だと思います。

NEMber who posted this article

よろしくお願いします!(o?o)ノ♪?
19615
0