connecting...
Google translation for articles :
8 NEMBER donated to you!!

「ありがとうの神様リターンズ」の話

nem5.30xem (8) 215 9 1

皆さんは「ありがとうの神様」の話は覚えているだろうか?

「ありがとうの神様」は昨年、私が出会った人間のおばあちゃんの身体を借りている神様のことです。

 

ありがとうの神様の話

 

先週末の事ですが、この神様が病院に再入院することになり、再び出会うことになりました。

この再会は私にとっては決して喜ぶべきものではないですが、またあの「ありがとう」が聞けるかと思うと少し喜んでいる自分もいました。

お部屋に行き、再びリハビリの担当になったことを告げると、しばらく考えて、「7zoesanかい?以前お世話になったね、ありがとう」と第一声をいただき、覚えてもらっていたことと、また「ありがとう」をいただけたことが嬉しかったのですが、以前より少し浮かない表情が気になります。

以前、私の病院から回復期のある病院に転院した後、3ヶ月ほどリハビリを続けて、やっとうちに帰ったと思ったら、数日で症状が悪化、再び当院へ入院することになったのです。

痛みとまた入院というショックがいつもの明るい表情を険しくしています。

 

この神様を苦しめている障害とはどういうものなのか、少し解説していきたいと思います。

 

1300万人の女性が有している病気「骨粗鬆症」

骨粗鬆症は低骨量と骨組織の微細構造の異常を特徴とし、骨の脆弱性が増大し、骨折の危険性が増大する疾患と定義されています。

骨粗鬆症の有病率は50歳以上の女性では24%との報告があり、男性のおよそ3倍の罹患率となっています。現在の人口統計に合わせると約1300万人の女性が骨粗鬆症を有していると推定されています。

医師のなかには骨粗鬆症は単なる「骨の老化現象」で あり、「疾患」ではなく、したがって予防も治療も不必要と考えている人が少なからずいますが、骨粗鬆症は骨 の「病的老化」で、明らかな「疾患」であり、骨折は 骨が脆くなるために起こる合併症で、予防および治療が必要なものとなります。

 

骨の強度と骨粗鬆症の成因

 

骨の20%は有機成分であり主にⅠ型コラーゲンです。その他、70%はリン酸カルシウムの一種である、炭酸イオンを6〜9%含有するハイドロキシアパタイトで無機成分であり、残り10%は水分となります。

骨の強度の70%は骨量(骨密度)で規定され、30%は骨質(微細構造、石灰化度、骨基質の性状、骨代謝回転、微小骨折)に由来します。

骨密度を維持するためには、各骨のリモデリング部位(骨の再造成過程)における骨吸収と骨形成の量が等しくなければなりません。骨基質タンパク質を合成する骨芽細胞の活性化や、石灰化に必要なカルシウム・ビタミン D の欠乏は骨密度低下につながります。 また、骨吸収が異常に活性化し、吸収された骨量骨形成によって十分に補充できないと、骨密度は低下します。石灰化が不十分な吸収窩が増加すると、微小骨折や断裂、連結性の低下といった骨質の劣化を引き起こします。また、骨リモデリング部位における骨吸収が数週間で終了するのに対して、骨形成期は数カ月にわたるため、その間に骨への微細ダメージによって骨リモデリングの頻度が亢進すると、石灰化が不十分になり骨強度を低下させてしまします。成長期において最大骨量が得られないこと、閉経によるエストロゲン欠乏カルシウムやビタミンD、K欠乏と、その結果としての副甲状腺ホルモンによる骨吸収作用の亢進などにより骨量は減少します。また、加齢による筋力低下や寝たきりの不動により骨に対する力学的負荷が低下することでも骨量は減少します。

また、加齢や閉経、生活習慣病の罹患(動脈硬化・糖尿病など)により高まる酸化ストレスはや糖化ストレスは、骨の20%を占める骨コラーゲンの異常をもたらす主たる要因となります。

ヒト骨におけるコラーゲンの加齢変化の検討では、コラーゲン含有量は 30〜40 歳代を ピークとして増加しますが、その後は壮年期以降に減少に転じます。

またコラーゲン分子間に誘導される架橋は、壮年期以降は老化型の架橋が増加していくことが示されており、老化架橋の増加は、骨の微小骨折の原因となり骨強度を低下させます。老化架橋の本体は。酸化ストレスや糖化ストレスの増大により誘導される終末糖化産物(advanced glycation end products: AGEs)であるされています。

さらに、骨密度の遺伝率は40 〜80%といわれ,一定していませんが、家族間の相関性は高いため、家族の中に骨折の既往がある方は注意が必要です。エピジェネティクスの話で書いたように、栄養や身体活動および紫外線照射などのライフスタイルに起因する後天的因子もありますので、遺伝と環境 の両者を併せた骨密度管理が必要となります。

まとめますと、成長期のおける栄養の偏りや運動不足、日光不足によって最大骨量が得られていないこと、アルコールの過剰摂取や喫煙、ストレスの増加、運動不足による酸化、糖化ストレスの増加、アレルギー疾患治療などによるステロイド薬の使用、加齢や閉経によるホルモンバランスの異常、コラーゲンの低下、遺伝など様々な要因が組み合わさり骨粗鬆症に至ります。骨粗鬆症は壮年期の病気ではなく若い頃からその原因を作っているということを忘れてはいけません。

 

骨粗鬆症の合併症としての「骨折」

 

 骨粗鬆症が大きな問題なるのはその合併症である「骨折」が増加することになります。

 主には大腿骨や背骨(椎骨)が多く、これらの骨折は寝たきりの原因となり、QOL(生活の質)を著しく低下させてしまいます。さらに大腿骨頚部骨折では生命予後にも影響を及ぼします。私の母も最終的にはこの大腿骨の骨折が起因となって肺炎を起こし亡くなりました。

その殆どは転倒に起因して起こることが多いのですが、背骨(椎骨)の骨折は外傷に起因しない無症候性のもの2/3あるとの報告もあり、折れているのに気づかないこともあるのです。そのため、症状がなくても急に身長が減少したなどがあった場合は注意が必要です。

 今回、ありがとうの神様が入院した要因もこの背骨の骨折で、ただ自宅内で歩く練習をしていただけで急に痛みだし、動けなくなってしまいました。

前回の治療が長引いて入院生活が長くなってしまっていたことなど考えられる要因は様々ありますが、安全にそして、再発しないように帰すことの難しさを感じました。

 

骨粗鬆症の予防

 

特に女性において上記で記した要因について該当する項目が多い場合は注意が必要です。

生活習慣や食生活の見直し、歩行を中心とした運動習慣の形成が骨粗鬆症の予防には効果的です。

専門の骨粗鬆症外来では骨密度を計測し、現在は薬による治療も有効性を示しています。

子育ておいても外で遊ぶ習慣をつけさせ、適切な栄養管理(糖質過多にならないよう、バランスの良い食生活)により、成長期において骨量が最大になるようにすることが大切です。

 

ありがとうの神様は健在

 

ありがとうの神様は、徐々に痛みが落ち着いてきており、笑顔を取り戻しつつあります。

 ニコニコした顔で「ありがとう」を連呼する神様の存在は周りを明るくさせ、そして優しい気持ちにしてくれます。

病院という環境は皆が何かしら抱えているから入院や治療をしているのですから、その表情は険しくなりがちです。「ありがとうの神様」は自分の痛みに耐えながらも、そんな人達をも癒やしています。

もう二度と「ありがとうの神様」がこの病院に来なくていいように私たちが険しい顔の人たちを癒やして、笑顔にして「ありがとう」が溢れる病院にしなくてはいけないですね。

そして、神様を笑顔にして「サヨナラ」ができるように、明日からの仕事をしていきたいと思います。

 

最後までお読みいただき「ありがとう」ございました。

 

 

 

参考資料

骨粗鬆症の 予防と治療ガイドライン 2015 年版

編集 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会(日本骨粗鬆症学会 日本骨代謝学会 骨粗鬆症財団) 委員長 折茂 肇

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
きなこ
2019-04-08 08:40:08ID:98537

>>7zoesan::さん

おお❕
すばらしい(*´Д`)
これで美尻がもっと広まるきっかけになってほしい(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

7zoesan
2019-04-08 08:10:19ID:98523

>>OKパパ::さん
健康の基本ですね、それに休むも加えると完璧です!
いつも読んでいただきありがとうございます!

7zoesan
2019-04-08 08:09:19ID:98521

>>matsuno::さん
こちらこそいつも読んでいただきありがとうございます!

7zoesan
2019-04-08 08:08:52ID:98520

>>YUTO::さん
間違えないと思います!
歩くの大事です!

7zoesan
2019-04-08 08:08:19ID:98519

>>きなこ::さん
そういえば美尻トレーナーの人来週のプロフェッショナルに出るみたいですよ!
筋トレ大事です!

OKパパ
2019-04-08 07:23:22ID:98465

やはり基本はバランス良い食事と運動なのですね!
勉強になりました('∀`)

matsuno@漆黒の
2019-04-08 02:50:54ID:98414

いつも勉強になる記事ありがとうございます!

YUTO
2019-04-07 23:11:48ID:98276

FiFiCのイベントで、骨粗鬆症の予防を促進できそう・・・
と感じる。

きなこ
2019-04-07 22:54:40ID:98254

そこなんですよね💡
おいらが女性こそ筋トレを勧める理由(*´Д`)
筋肉だけじゃなくて骨も強くなるんだよね。
みんなで筋トレとたまごでわっしょい(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

NEMber who posted this article

北海道で理学療法士兼スポーツトレーナーとして活動しています。
これまでの臨床経験から得た気づきや学びに関すること、
日々の読書の備忘録など、徒然なるままに健康と幸福と自身の人生観についてアウトプットしていきたいと思います。
NEMはあまり関係ないことが多く、申し訳ありません!!

ツイッターもはじめましたので、よかったらフォローお願いいたします。
19866
0