connecting...
Google translation for articles :
2 NEMBER donated to you!!

演劇基礎論◆空気を漏らさない

nem14.20xem (2) 198 0 0

 

「大きな声では言えないが、小さな声では聞こえません」

演劇をやっていると時々聞く慣用句みたいなものです。

小さい声でいうべきセリフも、しっかり通る声で"小さな声風"に演じないとお客に伝わらないという意味です。


さて今日は「息を抜かない」です。
タイトルには漏らさないと書きましたが、同じ意味です。

説明しづらいのでほとんどダメ元で書きますが、理解できなかったらごめんなさい。


さて、セリフを話す時に単語の前に一瞬ごく小さく「ハァー」とか「アッー」とか息を吐いてからセリフを言う人がいます。
だいたい下手な役者か初心者がやりがちです。

これは意識してしてる時とそうでない時があると思いますが、

「演技してるつもり」から来るのではないかと考えています。


例えば映像では顔がアップになり、情けないセリフを言う前に「フッ」みたいな息を入れてから話すと、

感情がが強調されたりするかも知れません。

ただ舞台においては、そうやって「息を抜く」ことで「気持ち(魂)も抜ける」と考えてください。


例えば、大人げない行動を無視されて、「おい!何とか言えよ!」と掛けるシーンがあります。

その時、「おい!(フッ)何とか言えよ!」と言うと、

その息抜きによって演者は、感情が強調されるように「感じてしまう」のです。


実際は、「ふっ」で抜けてる感情を体の中心でしっかり感じて、例えば少し体に寒気がするとか、

鼓動が大きくなり気持ちが焦るとか、「不覚筋動のような部分」まで考えて芝居を作り込み、演じるように持って行くべきでしょう。

過去、呼吸が大事だと言ってるかもしれませんが、この場合なら、焦って呼吸が早くなるなどもいいでしょう。


役がそこでどう感じて、どういう状態になっているかを、足の先から頭の先、

生理現象に至るまで全部を使って感じ、表現に結び付けてください。


決して、息をフッと小さく吐いたり(抜いたり)して、「演技してるつもり」にならないように。

そういうのが演出上で必要だと思えば、演出が要求します。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register

NEMber who posted this article

ウン十年の役者人生を歩む(舞台メイン、古くはテレビ、CM、など)。キッカケを得てフリーに。NEM、XRP、草の保有者。Twitterでは暗号通貨の他ノンジャンルで有名無名関わらず、ダメな人以外をフォローします。(ブログ内画像はフリー素材かオリジナルを使用しています)
20095
0

Why don't you read following articles?

のーんのん's articles